動│ミャンマーで今何が

◎MPTがデータ通信料を改定

ミャンマー郵電公社(MPT)が、ソーシャルメディア・アプリの利用料を改定した。

ReadMore

◎証券市場活性化のための「EXPO2017」開催

やや低迷気味の証券市場活性化のため、ヤンゴン証券取引所(YSX)は、上場企業の株主を含む国内投資家数を増加させ、ローカル企業の成長を支援することを目的に「EXPO 2017」を先月開催した。

ReadMore

◎カトリック教会が ローマ教皇に事前に具申

先月27日から30日にかけて、ローマ教皇が初めてミャンマーを訪問した。

ReadMore

◎24時間の輸出入決済へ KBZ銀行が準備

UMFCCI(ミャンマー商工業連合会)で開催された輸出入製品のオンライン・ライセンス・システムの拡大に関するワークショップで、KBZ銀行のAung Kyaw Myo副頭取が、MPU(ミャンマー・ペイメント・ユニオン)のシステムを通じて、24時間可能な輸出入関連の決済を準備をしていることを明らかにした。

ReadMore

◎ミャンマーが世界一の米消費国へ

ミャンマーの一人当たり米の消費量は世界一であることが「国連食料農業機構」(FAO)の調査で判明した。

ReadMore

◎日本企業3社が合弁で冷凍野菜工場を設立、稼働へ この国の基幹産業の発展と付加価値農産品の市場拡大を

農業国として現政権もこの分野の発展、改革に力を入れると明言している中、邦人企業3社とローカル企業による冷凍野菜工場が先月14日に操業して話題を呼んでいる。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

昨年からやや低迷していたミャンマーへの投資が上向くのか。

ReadMore

◎来年度の教科書についての 調整会議が開催

ミャンマー情報省の印刷・出版部は、来年2018〜1919年度の学校の教科書を2,000〜3,500万部の印刷・出版する予定だと発表した。

ReadMore

◎ミャンマーの保険市場に大きな変化が 魅力ある商品としての保険の再設計へ

ミャンマーの保険市場に新しい風が吹き込みそうだ。

ReadMore

◎国民のコメ消費量は 年間約800万トンという調査が

国民一人当たりのコメ消費量調査では、2016年では約800万トンぐらいになるとミャンマー米穀物協会が述べた。

ReadMore

◎Kパレスホテル火災保険金は 約8260万円

ミャンマータイムスによれば、国営のミャンマー保険の局長SandarOo博士は、10月19日の火災でほぼ全焼したヤンゴンの名門ホテル「Kandawgyi Palace Hotel」に対して、総額約7億Ks(約8260万円)の補償金を支払ったと同紙に語った。

ReadMore

◎新コンドミニアム法で市場は好転するか

ミャンマーのコンドミニアム新法案で、外国人たちの所有権が認められるようになるので、アジア地域内で投資すべき国のリストにミャンマー市場が入ると、不動産市場のウェブサイトであるLamudiが発表した。

ReadMore

◎ヤンゴンの南沖合約220kmで 天然ガス開発始動

ヤンゴンの南沖合約220kmに位置するバダヤール(Badamyar)ガス田で大規模な天然ガス生産プロジェクトが始動した。

ReadMore

◎ノルウェー国有の 投資ファンドと合弁へ

ドイツ、英国など欧州諸国からの投資も活発化している。

ReadMore

◎インフレ率がわずかに低下傾向へ

ミャンマー計画・財務省(Ministry of Planning and Finance)の中央統計局 (Central Statistical Organization:CSO)の発表では、今年3月のインフレ率は6.81%で、同年2月の6.97%よりわずかに低下したという。

ReadMore

◎ユニリーバがミャンマーで 共同事業を開始

世界的なホームケア製品の販売会社の現地法人である「ユニリーバ・ミャンマー」とミャンマー国内の複数企業と洗剤やパーソナルケア製品を販売する欧州・アジア商業会社(EAC)が共同事業会社「ユニリーバEACミャンマー」を設立した。

ReadMore

◎変化に対応?「ミャンマー起業家定期ミーテイング」

水かけ祭り前の先月10日に、ヤンゴンのミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)ホールで、「第5回ミャンマー起業家定期ミーティング」が開催され、ミン・スエ副大統領も出席した。

ReadMore

◎「パンライン・クリニック」が 移転してグレードアップ

高級医療施設の「パンライン・クリニック」が、ボージョ―通りのFMIセンターからすぐ近くに移転した。

ReadMore

◎屋台、露店をストランドRdに集める

ヤンゴンの風物詩の一つであった屋台や露店が、市の南端のストランド通りに移転を開始し、幹線道路沿いを中心とした一部地域の屋台を1ヵ所へ集め、新しい屋台街をオープンさせた。

ReadMore

◎ドイツの開発機関、 約27億の水産養殖支援

ドイツの動きが活発化している。

ReadMore

◎低所得者向けの住宅プロジェクト始動

ミャンマー建設省(Ministry of Construction)が、低所得者用の住宅プロジェクトを計画しており、約1,000万Ks(約85万円)以下という価格帯の住宅建設を行っていくという。

ReadMore

◎ヤンゴンで初の電子マネー実用化か。 カードで交通機関他の決済可能に

ヤンゴン管区政府のピョー・ミン・ティン首相は、4月の最終週からYPSカードによる決済システムを導入すると発表した。

ReadMore

◎5,000人以上の雇用機会を創出

1月末に開催されたミャンマー投資委員会(MIC)の会議で、国内外の新たに7企業が認可を受けた。

ReadMore

◎廃棄物からの電力生産事業を 入札制で募集

ヤンゴンの工業団地などへの電力供給を円滑にするために、廃棄物から電気を生産する事業に対して、入札で業者を選び、認可をしていくと、ヤンゴン管区政府が述べた。

ReadMore

◎ホテル投資でシンガポール、タイが 1、2位を占める

ミャンマーのホテルインフラ整備プロジェクトへ投資している国は香港、シンガポール、タイがトップだと、ホテル観光省は述べた。

ReadMore

◎国内鉱山採掘現場が 3千ヵ所あるとの報告が

ミャンマーでは公式と非公式で採掘している鉱山数が3千ヵ所あると環境保護団体「ALARM」がメディアとの記者会見で発表した。

ReadMore

◎資金洗浄に厳しい法整備の必要性が

海外の投資家たちの資金が、不法なルートを通して入ってきている実態を調査するように呼 び掛けたと、ミャンマー商工業連合会(UMFCCI)のU AyeLwinが語った。

ReadMore

◎ヤンゴン市場の食品、化粧品などを 厳しく検査へ

ヤンゴンの市場などで期限切れの食品と化粧品などを厳しくチェックしていくと、ヤンゴン市役所健康局の幹部が述べた。

ReadMore

◎前大統領が政権移譲後に僧侶に

テン・セイン前大統領が政権移譲後に僧侶になったと、国営新聞「ミャンマーエイリン」が伝えた。

ReadMore

◎洪水災害被災地危険防災マップを 作成中

ミャンマー水資源発展局は、日本政府と共同で洪水災害の被災地になる可能性の高い地域のエリアマップを作成していくと発表した。

ReadMore

◎新政権が公務員たちへの贈答を 年間10万Ksへ制限

新大統領の大統領府は、公務員たちに他人からギフトを得る場合は2万5千Ks以下にし、年間では10万Ksを越えないようにとの通達を出した。

ReadMore

◎勢いを増すマイクロファイナンス事業 外資100%の認可で海外企業参入増加

ミャンマータイムスの電子版によると、韓国系ウリ銀行グループの「ウリ・ファイナンス・ミャンマー」(WFM)は、現在この国で注目を浴びつつあるマイクロファイナンス(小口金融)事業に進出しているが、今年は全体の融資額を現在の5割増となる15億Ks(約1億6,000万円)に引き上げる考えを示した。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

国内で携帯電話事業免許を認可されている企業は、KDDI、テレノール、オーレドーの3社だが、政府調査のデータによると、2014年にこの3社が事業免許を取得したときは、普及率は約10%だった。

ReadMore

◎完成した書類がない建物に住んだら告訴される

ヤンゴン市内で建設した建物に建築許可済み書類が無くて住んだと、市役所エンジニア部の幹部が述べた。

ReadMore

◎新通信オペレーター応募に海外企業社が申請

今年、4社目の通信オペレーターの認可に海外企業7社が応募したと、情報通信技術省が述べた。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

エルニーニョ現象で全国的に酷暑となる見込みで、飲料水が不足するので今月の水祭りの時には水使用を制限することも新政府が管理するべきであると気象専門家Dr.TunLwinが指摘

ReadMore

◎アセアンでの免税特典を得るには独自生産品との証明が必要

アセアン諸国内で免税貿易許可を得るためには、自社の生産製品であることを証明する 「Self Certification System」が必要だ。

ReadMore

◎中止された中国主導のダム建設再開に住民がノーを

現政権時に中止されたエヤワディー川の上部の電力用ダム建設の「ミンソンプロジェクト」を、新政府と調整してミャンマー国民の理解を得られるように説明すると、在ミャンマー中国大使が述べた。

ReadMore

◎世界レベルのシャン州コーヒー豆が人気に

ミャンマーは知る人ぞ知るコーヒー豆の産地。特にシャン州のユアガン市生産のコーヒー豆は世界レベルで85点を獲得した品質で、米国の専門学者のお墨付きもあるそうだ。

ReadMore

◎入国管理局を内務省管轄下へ大統領が提案

入国管理局と人口省を内務省の管理下に置くようにテインセイン大統領が連邦議会へ書簡を出したと、議員たちが述べた。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

大統領候補を選出する副大統領3人の決定会議が3月17日か始まると、連邦議会会長U Man Win Khineが述べた。

ReadMore

◎DICAが雇用促進を生む 投資案件に優先許可

先月、投資企業管理局(Directorate of Investment and Company Administration :DICA)が、国内外の25企業に投資許可を出したと、ミャンマー情報通信省が明らかにした。

ReadMore

◎地震委員会が工学協会と 共同で対策計画を遂行中

過去10年以内に大規模な地震が発生しているミャンマー。

ReadMore

◎情報省と映画協会による 新組織がスタート

100年の歴史を誇り、かっては「アジアのハリウッド」まで言われたミャンマー映画界が再編された。

ReadMore

◎消費税と土地没収の 法改正に関する研究会を開催

植民地時代の法律は現行制度のなかで不具合が生じてきている。

ReadMore

◎デジタルIT文化に席巻されつつあるミャンマー 印刷・出版業界の改革を促進するフォーラムが

 ミャンマーの印刷業界にも新風が吹き込むのか。

ReadMore

◎水かけ祭り最中に 熱帯低気圧で大雨に

先月の水かけ祭りの後半の15日、ミャンマーをこの時期にしては珍しい強いサイクロンが接近した。

ReadMore

◎カカボラジの世界遺産登録 地域拡大に抗議運動

ミャンマー最北に位置するカカボラジ山は、1996年に自然保護区に指定された。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

9月19日にネピドーで内外メディアを招聘して声明を発表したアウン・サン・スーチー国家顧問兼外相が、先月12日、TVの全国放送を通じて演説。

ReadMore

◎CB銀行もMasterCardの発行開始

CB Bank でも先月からMaster cardの発行に踏み切った。

ReadMore

◎水上バスが運行開始。渋滞軽減なるか

先月5日、ついにヤンゴンの水上バスが運行を開始した。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

安倍総理がスーチー氏と フィリピンで会談

ReadMore

◎地震委員会が工学協会と 共同で対策計画を遂行中

過去10年以内に大規模な地震が発生しているミャンマー。

ReadMore

◎ミャンマーの鯉「ローフー」の 生産量が不振

東南アジア特産の魚で鯉の仲間である「ローフー」の生産量が、ミャンマーでは減少傾向にあるとMyawadyDailyが伝えている。

ReadMore

◎印・緬・泰の3国間高速道路の 一部建設始動か

インドのマニプール州モーレからミャンマーのYagyi、Kalewaを経由してタイのメーソートに向かう、インド・ミャンマー・タイの3国間のハイウェイ建設が現実化した。

ReadMore

◎ドローンでマングローブの 植林活動迅速化へ

「ドローン」の利用は様々な分野地域で活用され始めているが、ミャンマーでもマングローブを復元する、「植林ドローン」の活用が期待されているそうだ。

ReadMore

◎チーク材の伐採への管理監視強化へ

不法伐採が増え、チーク材が減少している状況を防ぐため、今年から伐採への監視管理を強化していくと、資源環境保護省の森林局長が述べた。

ReadMore

◎「味の素」の現地生産がティラワ工場で稼働開始

昨年2月に設立された「ミャンマー味の素食品社」(MAF社)が8月からうまみ調味料「味の素」の生産工場が稼働し、同国内向けに現地生産の製品販売を開始したと発表した。

ReadMore

◎UAB が国内初のVISAカード発行へ

ミャンマー大手銀行のひとつである「ユナイテッド・アマラ銀行」(United Amara Bank :UAB)が、国内初となるVISAカード発行の開始を発表した。

ReadMore

◎新たにマイクロファイナンス事業会社が進出

最近、ミャンマーにおけるマイクロファイナンス事業が活発化している。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

ASEAN最大の自動車配車サービス会社「Grab」は、3月のサービス開始以来、6,000人以上のタクシー運転手と提携し、集中的な訓練を実施し、サービスの向上に努めているが、現在1日の予約数は2万5,000件にも上っているという。

ReadMore

◎ミャンマーの高品質のコーヒー生産への期待高まる 政府、省庁もコーヒー生産者への支援促進へ

ミャンマー産のコーヒーへの評価が年々高まってきているが、気候変動により生産に影響が出ているため、フォーラムなどを通じてコーヒー産業を活性化させる対策を立案中だと、情報通信省が明らかにした。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

極度の貧困をなくし繁栄を促進するための世界的な取り組みの一翼を担う世界銀行グループが、現在の国別支援フレームワーク(CPF:Country Partnership Framework)を見直した上で、ミャンマーでCPFを2年間延長することを発表。

ReadMore

◎チン州の道路修復を日本の技術で実施

防災 減災 地下開発、都市再生の分野の大手企業である(株)技研製作所(本社東京)が、例年豪雨による甚大な被害を受けているチン州で、道路の修復工事を実施した。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

ヤンゴンで地震が発生した

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

2010年に創業した老舗の民間銀行のAYA銀行が、コアシステムの再構築や業務のデジタル化を行い、組織全体の効率をアップさせるため、英国のソフトウェア会社マイシス(Misys)と提携した。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

マイクロファイナンス事業を行っているMJI Enterpriseが金融システム開発の(株)日本ブレーンとミャンマーでソーシャルビジネスを展開するリンクルージョン(株)と契約。

ReadMore

◎チンの伝統衣装が国内外で 人気上昇中

ミャンマー北西部のチン州では、州都のハッカやファラム、ティディムといった町で、国内外からの需要が高まっているため、伝統的なチン民族の織物の生産が増大しているという。

ReadMore

◎豪企業がラカイン沖で第3の 天然ガス源を発見

エネルギー資源開発の世界的企業でオーストラリア最大の石油・ガス会社であるウッドサイド・エナジー社(Woodside Energy Ltd.)が、先月、ミャンマー西部ラカイン州南部沖で、新たなる天然ガス源を発見したことを発表した。

ReadMore

◎1億ドル予算で老朽化した 市内排水システムを改善へ

情報省によると、ヤンゴン管区政府は世界銀行グループから提供された支援資金のうち1億2500万ドル(約140億円)のなかの1億ドル(約112億円)を、ヤンゴン市内の排水システム整備に活用することを発表。

ReadMore

◎マンダレーで市場安定のため 住宅560戸を売却へ

マンダレー管区の都市住宅発展局が昨年12月に560戸の格安住宅売却に関して、購入申請者への審査を始めた。

ReadMore

◎ローマ教皇が11月にミャンマー訪問か

今年5月に、アウンサンスーチー国家顧問兼外相がバチカンを訪問し、正式に外交関係が樹立され、バチカンとミャンマーは互いに正式な大使を置くことが決まった。

ReadMore

◎国際的規範に合い互換性のある 司法倫理の確立を目指す式典が

先月末、ネピドーで裁判官の司法倫理導入のセレモニーが開かれ、連邦最高裁判所が厳粛な指針を示した。

ReadMore

◎大手製薬会社が新工場を 開設し増産へ

ミャンマー製薬業界を支えるミャンマー製薬工業(Myanma Pharmaceutical Industry:MPI)の新工場のオープニングセレモニーが、ヤンゴンのインセインTSP(Insein Township)にある製薬施設で行われた。

ReadMore

◎来年6月ヤンゴンに 官民共同の職業訓練学校

ミャンマーにも官民共同の本格的な職業訓練学校が誕生する。

ReadMore

◎国境貿易堅調だが緬泰間一部で減少

ミャンマー商務省(Commerce Ministry)が緬泰間の国境貿易の動向を発表した。

ReadMore

◎廃棄物によるエネルギー プラントを入札で

情報省によれば、ヤンゴンでは1日あたり2500トンの廃棄物が排出される。

ReadMore

◎ドバイ、プノンペンにディリー便就航

国際線の路線網がまた拡大しつつある。

ReadMore

◎官民による交通渋滞緩和策が始動 タクシー統制、渋滞回避GPSなど

「New light of Myanmar」紙によると、ミャンマーの道路交通管理局(RTAD)は、来年から左ハンドル車に限定して輸入を認めると強調したという。

ReadMore

◎3月末めどに市内バスにGPS 機能搭載 バリアフリーのバスも試験的に年内までに

1月に導入されたヤンゴン市の新バスシステムは、さらなる改善を図る方針だという。

ReadMore

◎日本ユニセフが子供たちの現状を報告

ミャンマー政府は2010年より子どもたちに対する健康と教育、および保護を重点とした政策を実施しているが、日本ユニセフ協会はそれでも暴力や虐待を受ける子どもが推定約220万人いるとの発表をした。

ReadMore

◎着々と進むThilawa SEZの インフラ整備

日緬共同プロジェクトのThilawaSEZは、現在、日本、中国、香港、台湾、米国、豪など計16の国・地域の企業が、2014年以来405hrをカバーするゾーンAに投資している。

ReadMore

◎インド~ミャンマ~タイ間 高速道路建設開始か

先に計画が発表されていた「インド~ミャンマー~タイ」を結ぶ高速道路建設プロジェクトが6月中にスタートする予定と、インド陸運高速道路省 (Ministry of Road Transport and Highways))大臣が明らかにした。

ReadMore

◎相変わらず頻発する停電にうんざりの市民 電力問題は本当に改善されていくのか

この国の電力整備計画はいまだに難航している。

ReadMore

◎水陸でタクシー事業の改革が進む 根本的な渋滞解消につながるか

今月から運行を開始するヤンゴンの「ウォータータクシー」が注目を浴びている。

ReadMore

◎ASEAN 最大規模の港湾関係イベント

7月6、7日にスーレーシャングリラ・ホテルで、ASEAN 最大規模のコンテナ港湾ターミナル・オペレーション展とコンファレンス「15th ASEAN Ports & Shipping 2017 」が行われる。

ReadMore

◎インフラ整備へ世銀が 2億㌦無利子融資へ

経済の安定化と貧困改善を目的として、世界銀行が総額2億ドル(約220億円)の融資を実施すると発表した。

ReadMore

◎シュエダゴンパゴダの 外国人参拝料が1万Ksに値上げ

ew Light of Myanmar紙によると、 ミャンマーが誇る世界的な名所である「シェダゴン・パゴダ」の管理委員会は、6月1日から外国人の参拝料を約2割引き上げ、1万Ks(約830円)にすると発表したという。

ReadMore

◎市の水上タクシー入札、22社が応募

ヤンゴン管区のニラ・チョー電力工業運輸相が、市の西側を流れるライン川と東側のガモイェ運河で、ホバークラフトによる水上タクシーを運航。

ReadMore

◎ヤンゴン証券市場へ4社目の 「First Private Bank」が上場

ヤンゴン証券市場で4社目となるFirst Private Bankが上場、株式売買が始まった。

ReadMore

◎北部カチン州に世界2位の リハビリセンター

ミャンマー北部カチン州のMyitkyinaにミャンマー初のリハビリセンターが設立されたと、赤十字国際委員会(ICRC)が発表した。

ReadMore

◎外国人技術者たちの在留資格を 6ヶ月間延長へ

ミャンマーで就労する外国人技術者たち の労働許可登録期間を6ヶ月拡大して1年になったと、投資企業管理局が発表した。

ReadMore

◎ティシュをキャンバスに描き続ける女性画家 独特の世界を描いた個展がインヤ―Rdで開催中

ティシューぺーパーをキャンバスに絵を描くという個性的で珍しい女性アーティストである。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

ミャンマー各地で水源水質調査を行っている「KBZ's Brighter Future Myanmar Foundation」(BFM財団)が、ミャンマー北西部ののマグウェイ地域で、深さ520フィートの飲料にもできる良質の水源を発見したと発表。

ReadMore

◎大規模な複合施設空港から アクセス便利な新しい開拓地に

タイのホテルチェーンであるDusit International が、ミャンマーのV-Pileグループと契約し、ヤンゴンでホテルを経営に乗り出すことになった。

ReadMore

◎大統領府と直接対話ができる モバイルApplicationを開設へ。

大統領と大統領府へ、スマート電話かられるホットラインが開設されたと、大統領府の副局長U ZawHtayが述べた。

ReadMore

◎市内140カ所の信号機に CCTV監視カメラが

ヤンゴンンのセキュリティー強化と交通違反者監視のために、ヤンゴンン管区政府が市内140カ所の信号機にCCTV)監視カメラを設置したと、ミャンマー情報通信省によってが明らかにされた。

ReadMore

高齢者にIDカードを交付し サービス提供へ

高齢者法案が定まったら高齢者の人数を調査してIDカードを交付すると、社会福祉省が述べた。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

投資企業管理局(DICA)に登録しているものの、業務実態がない企業らに対して取り消しも辞さないと、DICA 幹部がThe Voiceへ語った。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

ミャンマーの建設会社とJICAとの共同事業として、ヤンゴン西部のタンリンとタケタにかかるタンリン橋の横に、新しい橋を年内に建設する予定であると建設省が述べた。

ReadMore

◎「韓国ミャンマー友好橋」 (ダラ大橋)が始動

2015年に、韓国の対外経済協力基金(EDCF)がミャンマー政府と合意した「ダラ大橋」の工事が先月末から開始された。

ReadMore

◎関西ぺイントの ヤンゴン工場が本格稼働へ

先月末、関西ペイントはヤンゴン・インセイン地区にある工場の開所式を行った。

ReadMore

◎ミャンマーが世界最高寄付指数を記録

英国の慈善組織である「Charities Aid Foundation」(CAF)が、昨年に引き続いて、世界寄付指数(World Giving Index)の世論調査を行った。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

これからの乾期の電力不足を補う政策としてトルコのKaradeniz Holding 社が運営しているOnur Sultanという火力配電船が来年4月前にヤンゴンに到着すると、同社が述べた。

ReadMore

◎麻薬取締強化で新対策案の制定へ

麻薬への新対策として、麻薬使用者の改善策と、犯罪に応じた処罰を与える施策を検討中だと、抗薬物警察企画局の局長 U Zaw Lin Htun氏が語った。

ReadMore

◎MIC今年4月から93社に認可許可 投資額は半年で10億ドルを超す

今年4月~10月末までの6か月間に、ミャンマー投資委員会(MIC)が許可した国内外の申請案件では、流通と通信業が合計93社で投資額が10億1448万ドルと最大になった。

ReadMore

◎世界金市場下落でミャンマーも影響が

世界の金市場によると、世界市場での金価格下落の影響を受け、先月11月10日にはミャンマーの金相場も1Kyattha(ミャンマーのユニットで16.3293グラムと一致する)が前日には1Kyatthaは89万Ksだったが、10日に88.4万Ksとなり、6,000Ksほど値下がりした。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

2年前の2015年にヤンゴン支店を開設したシンガポールの「ユナイテッド・オーバーシーズ銀行」(UOB)は、これまでミャンマーへ約8億3,000万sq$(約650億円)の投資を行ってきたが、その大半は中国、マレーシア、シンガポールなどの多国籍企業が中心だった。

ReadMore

◎ベトナム金融機関が Mファイナンス事業を

ベトナムから新たなるファイナンス企業が上陸した。

ReadMore

◎マンダレー市内に防犯カメラ 新たに120台設置

マンダレー市内の主要な場所を中心に、防犯カメラ120台以上を2017年内に設置していはすでにマンダレー管区首相に提案書を提出済だという。

ReadMore

◎ミャンマー貿易関連ウェブサイトを開設

輸出入関連貿易情報サイトとしてwww. myanmartradeportal.gov.mmを6月下旬からスタートさせたと、経済貿易省が述べた。

ReadMore

◎成長見込める「旅行業」 官民一体となった政策を

情報省が「企業家定期ミーティング」の具体的内容を公開した。

ReadMore

◎MAPCOが9月に上場予定

Myanmar Agro Public Company(MAPCO)が9月にヤンゴン証券取引所(YSX)で株売買を始めると、同社株局の局長UThuraが述べた。

ReadMore

◎ミニゴンの「シティマート」が 24時間営業

ヤンゴンの高級スーパー「シティマート」のミニゴン店が、24時間営業となった。

ReadMore

◎スーチー氏のデザインによる家具調度品が大人気

国家最高顧問兼外相であるアウンサン・スーチー氏のデザインで制作されたガラスデーブルやダイニング大臣省直営のショップで販売されると、工業管理検品局が発表した。

ReadMore

◎古い外貨紙幣でも受けるように 中央銀行が再度指導へ

なぜミャンマーだけが汚れのある紙幣や古い札を嫌がるのか理解に苦しむ。

ReadMore

◎YSX市場の株価指数上昇で 景気はやや上向きに

ヤンゴン証券取引所(YSX)に上場しているMIとMCB銀行の株価指数(MYANPIX)が、11月1日現在で668.71になったとYSXが発表した。

ReadMore

◎副大統領が文化遺産保護政策提唱

ミャンマー情報省によると、ヘンリーバンティオ(Henry Van Thio)副大統領が委員長を務める国家文化中央委員会(National Cultural Central Committee)の会合で、ミャンマーの隠れた民族文化を発掘する必要性を強調し、その取り組みに関する研究や方針に関して採決を求めたという。

ReadMore

◎赤十字がシャン州に リハビリセンターを

国際赤十字委員会(Inter national Committee of the Red Cross :ICRC)が、先月シャン州チャイントン(Kyaing Tong)にリハビリテーションセンターを新設したことを発表した。

ReadMore

◎農業未使用の遊休地の売却へ

マンダレー周辺で未使用となっている約4万エーカーの農地を、国民のために利用する計画が、地域政府主導で進められている。

ReadMore

◎5月にプラスチック専門業者対象の イベント

水かけ祭り明けの5月5日~7日の3日間、プラスチック産業の発展向上のための組織「ミャンマープラスチック産業協会」が主催する、「プラスチック・ミャンマー」というエキジビションがヤンゴンのTatmadawホールで開催される。

ReadMore

◎ドイツ開発銀の融資で鉄道整備へ

連邦運輸通信省のThant Zin Maung大臣が、「ミャンマーの鉄道整備、向上」のため議会に提案したドイツ開発銀行(KIW)からの融資が決定した。

ReadMore

◎タイ輸出入銀行が ヤンゴン事務所開設へ

タイ国有の金融機関であるタイ輸出入銀行(Export-Import Bank of Thailand )が、ヤンゴンに駐在員事務所開設の認可をミャンマー中央銀行(Central Bank of Myanmar)から受けたと発表した。

ReadMore

◎5年で道路が破損すれば 建設関係者を厳罰に

今後、現政権時に建設する道路が5年以内に支障をきたすようなことがあれば、建設責任者やエンジン二アが厳罰に処されると、建設省大臣U Win Khineが語った。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

水の浄化技術を学ぶために、ヤンゴン市水衛生局の職員4人が滋賀県草津市内で研修を行った。

ReadMore

◎来夏の電力不足を解消する準備を 電力とエネルギー省が

今夏は停電が頻繁に発生したため解決策として、2017年夏には電力をフル供給できるように準備していると電力・エネルギー省連邦大臣が語った。

ReadMore

◎米国がミャンマーへの経済制裁の大半を解除へ 経済活動、投資などで両国関係が急接近

先月、米国外務省が27年間中止していたミャンマーとの最恵国特恵関税条約(Generalized Syst em of Preference : GSP)を再開すると、発表した。

ReadMore

◎ヤンゴン港に滞留の 輸入車を競売へ

「ヤンゴン港に60日以上滞留している所有者不明の輸入車2,000台あまりを競売にかける」とミャンマー港湾局(MPA)が明らかにした。

ReadMore

◎大手ATMメーカーが 支店開設で普及に本腰

金融インフラ整備が進むミャンマーで、大手ATMメーカーの「ディーボルト・ニックスドルフ」が、ヤンゴンにオフィスを新設した。

ReadMore

◎外国投資10ヶ月で約59億ドルへ

ミャンマー投資・企業管理局(Directorate of Investment and Company Administrat ion:DICA)が発表した統計では、2016年4月からの10ヶ月間で、外国直接投資(Foreign direct investment )が58億8,000万ドルを超えたという。

ReadMore

◎ヤンゴンとタイの 貿易額増加に期待

緬泰間の高速道路の整備を行い、両国間の貿易を促進させる計画をタイの運輸省大臣が明らかにした。

ReadMore

◎ミャンマーに井戸設置 プロジェクト

岡山、鳥取両県のライオンズクラブ(LC)が共同でミャンマーに建設した井戸の、完成式など現地の様子を紹介する写真展が23~27日、岡山商工会議所で開かれた。

ReadMore

◎電子身分証のモニター試験が ヤンゴンでも開始

ミャンマーがついにこの分野に踏み出した。

ReadMore

◎11社が旅行業務ライセンスを オンライン申請

オンライン申請が可能になった旅行業務ライセンスを申請した会社は11社になったとホテル観光省の業務ライセンス局が述べた。

ReadMore

◎MPTのSIM、契約時と現在の使用者が同じであれば再登録の必要なし

ミャンマー通信公社(MPT)からSIMカードを購入していた人たちは、契約時の名前と現在の使用者が同一であれば、再度登録する必要が無いとMPTが発表した。

ReadMore

◎今財政年の税収額が去年を 大きく上回る

今年の財政年(2016ー2017)におけるヤンゴン管区の1か月の税収額は、昨年同期間と比べて480億Ks(約50億円)の増収になったと国税局が述べた。

ReadMore

◎スペイン発の五ツ星ホテルオープン MERIA YANGONが記念イベントを開催

先月15日、MERIA YANGONがグランドオープンを記念して、プレス向けのイベントを開催した。

ReadMore

◎ヤンゴン環状線の運行本数が増車へ

ヤンゴンの新バスシステムの施行で、市民の足として環状線が見直されてきた。

ReadMore

◎新バスシステムがヤンゴンの渋滞解消につながるか 年内に最終的な改革を終える予定に

ヤンゴン市では先月16日より、新バスシステムによる運行が開始された。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

ヤンゴンのPhoneGyi道路とDalaのBoMinYaung道路を結ぶYangon-Dala川橋建設のために、顧問会社が1ヶ月内に建設業者を選出すると建設省が発表した。

ReadMore

◎ヤンゴンの正式登録 自動車の数が80万台に

ヤンゴン管区では車の渋滞緩和のために輸入を制限していたが、現在正式に登録した車の数が約80万台になったと陸運局が述べた。

ReadMore

◎国軍幹部の大幅編成が実行

国軍のナンバースリーのポストを含めて、国軍の最高幹部のポスト編成が終わった。

ReadMore

◎外国人就労を管理する法案を国会へ提出か

ミャンマーで就労する外国人たちを管理する外国人労働者法案を国会へ提出すると、労働・入国管理・人口省のU Myo Aungが述べた。

ReadMore

◎住宅購入に8年ローンシステムを導入

ミャンマーの不動産販売ウェブサイトであるi Myanmar House.comが、先月10日から12日までTatmadawホールで開催した「不 動産販売展示会」で、最長8年ローンによる住宅販売を始めて話題になった。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

ヤンゴン市民が迅速に警察へ通報できるように「01-2323199」の番号を新しく設置したとヤンゴン警察署が発表した。

ReadMore

◎ライセンス申請が要らない製品 300品目を検討中

経済貿易省が輸出入業務を円滑化するために、ライセンス申請の要らない製品300品目を関連局と調整して決定していくと、経済貿易省が述べた。

ReadMore

◎YSXに4社目の上場企業

ミャンマー証券取引所に4社目の上場企業が決まった。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

昨年7月、三菱商事と三菱地所が「ファースト・ミャンマー・インベストメント」(FMI)および同じ「サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー」(SPA)傘下の「ヨマ・ストラテジック・ホールディング」と共同で施行することで合意したヤンゴン中心部の大規模複合再開発事業「ランドマーク・プロジェクト」の投資認可が、ミャンマー投資委員会(MIC)から許可されたと発表した。

ReadMore

◎ヤワディー管区の50万人が 洪水災害に直面

エヤワディー管区内のAyawady川、NgaWun川、Toe川の増水で管区内の都市が危険水域になってきている。

ReadMore

◎SIMカードの 登録を義務化

SIMカードをオペレーター会社へ登録しないと、2017年3月31日からサービスを一時期停止すると運輸通信省の通信管理局が発表した。

ReadMore

◎ミャンマーの国勢調査を 10年に1回実施へ

ミャンマーの国勢調査を10年に1回定期的に行なっていくと、労働、人口入国管理省のPermanent Secretaryである U Myint Kyineが語った。

ReadMore

◎7月から空港税が値上げへ

ミャンマーの国際空港と国内空港の使用税(空港税)を、7月から値上げすると航空運輸局の幹部が述べた。

ReadMore

◎消費者トラブル、 被害解決委員会が設置

消費者が被害に遭わないように、トラブル解決のために「ヤンゴン管区消費者トラブル解決組織」が設立された。

ReadMore

◎ヤンゴンで100万円以下の 住戸8千戸を建設へ

ヤンゴンのタンリンやミンガラドンなどで、1000万Ks(約105万円)以下の部屋を8千戸以上建設するプロジェクトのデザインなどが完成したと、都市開発と住宅発展管理局の副局長が述べた。

ReadMore

◎上半期の全国の交通事故で 2,800人が死亡

今年1月から7月31日までの半年間で、全国の交通事故が9,500件以上発生し、2,800人以上が死亡したと交通警察署が述べた。

ReadMore

◎動│ミャンマーで今何が

健康省管轄の病院に務める医者約2千人を、10月までに医師不足に悩む国内各地の病院に派遣すると、健康省大臣Dr.MyintHtweが語った。

ReadMore

◎ティラワSEZに日系2社目のウェアハウス 福島県の有名企業がオープニングセレモニー

このところ「ティラワSEZ」への引き合いが凄い数に上っているという。

ReadMore

◎英国のインターナショナル・スクールが入学説明会を

2〜14歳児を対象としたロンドン発のインターナショナルスクールである「DULWICH COLLEGE YANGON」が、以下の日程で入学説明会を開催する。

ReadMore

◎ヤンゴン空港国内線ターミナルが12月に完成 新空港へはヤンゴンから高速道路計画が

ヤンゴン国際空港に建設中の国内線ターミナルが12月にオープンする予定であると上空運送管理局の航空基準安全部が述べた。

ReadMore

◎8月のインフレ率が12%以上と 中央統計局が発表

ミャンマーのインフレ率が先月に12%以上になり、米ドルの為替率が1,200~1,220Ksまでになったと中央統計局CSOの幹部がThe Voiceへ語った。

ReadMore

◎7月までに千人の医師を 新採用する計画が

政府系病院などの医師不足の打開策として、新政権は100日以内に全国で医師1,000人を新規採用していくと、マンダレー管区国民健康局長Dr. Win Naingが語った。

ReadMore

◎インレー湖の水が枯渇し、飲料水にも影響が

有名なインレー湖の水が枯渇してきたため、水上ではなく陸上を利用することが多くなってきていると、地元住民が語った。

ReadMore

◎ミャンマーの大気汚染調査を4月に発表

大気汚染基準が定められていないミャンマーで、現在計測中の大気汚染調査結果を4月第2週目に発表すると、ヤンゴン市の環境保護局が発表した。

ReadMore

◎在日本ミャンマー大使館主催の懇親会が開催 日緬の社会貢献活動をする23団体が招かれる

2月26日に東京の在日本ミャンマー大使館で、大使館主催の「ミャンマーとの関係で活動する日本の団体との懇親会」が開かれた。

ReadMore

◎老舗“WASABI”が閉店へ 長い間ご苦労様でした。

あの老舗の日本料理店「WASABI」が閉店する。6月一杯で店を閉め、ご家族の故郷の九州大分へ帰国するそうだ。

ReadMore

◎今年はエルニーニョで水の備蓄が重要に

今年はエルニーニョ現象の影響で、雨が少なく水不足になる恐れがあるため、水の保管と備蓄が必要だと、NLD環境保護委員会顧問Dr. Sein Sein Thein氏が語った。

ReadMore

◎観光地に関する話題。インレー湖の入域料がKs へ バガン文化地域内で違反建築物は摘発して破壊へ

シャン州の観光地インレー湖への外国人観光客の入域料が、これまでの米ドルからミャンマーKsへ急に移行したので混乱していると、観光業者たちが述べた。

ReadMore

◎キン・ニュン元首相が自伝を出版

贈賄などの罪で告発され44年の刑を下された国軍秘密情報部隊の局長で元首相のキン・ニュン氏が、2012年1月13日に大統領恩赦で釈放されたが、彼の自伝が出版されるという。

ReadMore

◎公共バスが回数券を発売、運行開始

市民の利便性を高めるために公共バスYBPC社が、先月からAnypayカード(回数券パス)で運行を開始した。

ReadMore

◎「MIC Park」に次ぐ第2のCyber Cityを年内に建設へ

ミャンマーの2か所目のCyber Cityを年内に建設していくと、連邦コンピュータ協会が述べた。

ReadMore

◎国際空港の空港税を7月から上昇する

ネピドー、ヤンゴン、マンダレーの国内の3つの国際空港の空港炉用税が、7月1日から値上げされると、航空運送局が述べた。

ReadMore