アジアビジネス通信

第 8 回 「アジアビジネス通信」   少ない娯楽にさらなる制限 「禁酒国家を目指すインド」

世界で存在感を増すアジアの超大国インド。経済成長も著しく、今や同国の動きは誰も無視できなくなっている。が、高額紙幣の廃止など、先進国ではあり得ない施策がある日突然行われたりする国である事も否定できない。今年4月からは、事実上の「禁酒令」が発令された。インドは一体どこに向かうのか──。「禁酒令」施行後のインドの現状を報告する。 文 山内 優

詳細

第 9 回「アジアビジネス通信」   欧米よりも進んでいる東南アジア LCCが世界の空を制覇する

LCC(ロー・コスト・キャリア)は1960年代にアメリカで生まれた。東南アジアのLCCは、その後だいぶ遅れて、2000年前後に誕生している。が、東南アジアのLCCは現在、欧米に生まれた状況を完全に飛び越えてしまったようだ。東南アジアのLCCは世界のトップを走っている。その現状を考察する。 文・写真  下川裕治

詳細

◎第 7 回 「アジアビジネス通信」   華人が東南アジアを動かす 「日系企業が頼るパートナー」

 一口に東南アジアと言っても、政治も文化も多種多様である。しかし、経済では無視できないキーワードが存在する。「華人」である。彼らの存在を抜きにして東南アジアの経済は語れない。現地に進出する日本企業とも関係が深い「華人」の歴史と現状を考察する──。

詳細

◎第 6 回 「アジアビジネス通信」 Part-1  どこまで行けるか!日本スタイル 「日本の自治体がタイ市場に熱い視線」文 井芹二郎 ...

 ここ数年、日本の自治体が相次いでタイを訪問して、県産品の売り込みやタイ人の日本への観光誘致を実施しています。政府・官公庁への表敬訪問に始まり、大規模な商談会、販売促進イベント、現地サプライヤーとエージェントへのセールスコールなどが積極的に展開されております。この流れは、ますます勢いを増しており、日本側からタイへの期待は大きくなる一方です。

詳細

◎「アジアビジネス通信」 Part-2  フィリピンの「常識」を知らずに仕事ができるか! 文・写真 滝修二

フィリピンというと、治安が悪いとか、あまり良いイメージを持っていない人が多いかもしれません。

詳細

◎第5回 「アジアビジネス通信」  インドネシアの首都、ジャカルタの住宅事情 「格差社会でも人民の夢は自宅を持つこと」 文・写真 大塚智彦  ジ...

 世界第4位の人口を擁するアジアの大国インドネシア。その首都ジャカルタは現在1000万人が暮らす大都市でインフラ整備とともに住宅問題が急務となっている。「頭金ゼロ」「超低価格住宅」などによって、今ふくらみつつあるジャカルタ市民の夢「マイホーム」と住宅問題の現状を報告する──。

詳細

◎第4回アジアビジネス通信 日系企業で働くタイ人の 本音座談会

日々奮闘する彼らが提起する「日本式」の問題点とは?

詳細

◎第3回アジアビジネス通信 在タイ日本人コンサルタントの本音 「タイの司法制度」 文 内田 知春 Advanced Management Jap...

 タイに進出する日本企業は近年ますます増えております。バンコク日本人商工会議所に加盟している企業は、2017年4月1日現在で1747社に上り、世界最大規模。この進出の流れはもう止まりそうにもありません。それに比例するかのように、進出する日系企業と現地パートナーとのトラブルが急増しています。そこで今回はビジネスを進めていくうえで考慮しなければいけない法律について取り上げます。

詳細

第2回アジアビジネス通信 「いまも僕を刺激するベトナムという国のこと」 社会主義国としてのベトナム 文:堀 真一郎 株式会社Wakk...

 ベトナムの発展は著しい。街の熱気に浸っていると、この国が社会主義国であることを一瞬忘れてしまう。昼夜を問わず街は活気に満ちており、市場には物が溢れ、物欲も凄まじい。ビジネス環境も整いつつある。この経済成長がいつまで続くかわからないが、まだ伸び盛りの国であることは間違いない。

詳細

◎第1回「アジアビジネス通信」 今、アジアで何が起こっているのか。「アセアン経済共同体の現状と未来」 世界的に存在感を増す東南アジアの10か国

アセアン経済共同体(AEC)が発足してから1年以上が過ぎた。実際にスタートしたら、やはり様々な問題点が噴出している。アセアン経済共同体は、果たして成功するのかーー。その現状と未来を考えてみた。

詳細

◎新連載企画 「アジアビジネス通信」

アジア13か国に配布される[BizAiA!]と[Yangon Press]が提携。 毎号最新のアジアの経済、ビジネス情報を網羅

詳細

「僕のインターネット仕事術」

世界をスマホが席巻している。東南アジアの都市の地下鉄や高架電車の車内。乗客の多くがスマホをいじっている。それは日本も同様だ。しかしその機械の機能が日本と海外では違う。

詳細

リアル書店の逆襲が始まった中国 もう電子書籍なんて怖くない

中国の書店に未来はあるのか――。電子書籍の浸透やオンライン書店の価格攻勢を受けて、もはや空前の灯と言われたリアル書店市場がいま息を吹き返した。瀟洒なブックカフェや個性的な店舗がにわかに増加する一方、デジタル技術を活用したシェア図書サービスが普及を始めるなど、アナログ文化との融合を図るイノベーションに熱い視線が注がれている。そして、存在感を示す「日本」関連書籍。東野圭吾や村上春樹、渡辺淳一に始まり、ライフスタイルの指南書やアート、旅行ガイドブックに至るまで、中国の読書人にとって「日本」が大きな関心テーマとなっている。読書マーケットにおける「消費の高度化≒コト消費」の実態を見ていく。 文・写真 近藤修一

詳細

第15回「アジアビジネス通信」スリランカの挑戦者たち〜コロンボのサムライ起業家3人に聞く〜 ③渡辺泰眞 ExSendib WorKs 代表取締役

 インド亜大陸の南東、インドからポーク海峡を隔てた場所に位置する、島国・スリランカ。その正式名をスリランカ民主社会主義共和国という。ご存知、セイロンティーの故郷として知られているこの国だが、お隣のインドや東南アジア諸国に比べて、あまり日本に馴染みのない国であることは事実。ヒンドゥーを信仰するインドと異なり、熱心な仏教国であることも知られていないし、首都はスリジャヤワルダナプラコッテという長い名前を持つ。この都市名をすんなり言える人は、よほどスリランカに詳しい人かクイズや地理に関するウンチクが好きな人に違いない。ともかく、日本人在住者が1000人に満たないこの国に魅せられ、根を下ろし、さらには会社を創業した日本人がいるという。彼らはなぜこの国を選んだのか?どんな点にビジネスチャンスを見出したのか? 日本人開拓者たちを、同国最大の都市・コロンボで取材した。

詳細

第11回「アジアビジネス通信」経済統合が進むインド 独立後最大の税制改革、物品・サービス税が導入 政権間の対立を乗り越えた歴史的改革

インドで2017年7月1日、物品・サービス税(GST)が導入された。前政権が立案して以来、10年越しの実現だ。これまで州ごとに異なり煩雑だった間接税制が一本化されたことで経済統合が進み、事業環境の大幅な改善が期待されている。一方で、2017~2018年度第1四半期の経済成長率は3年半ぶりの低水準に鈍化し、第2四半期も回復基調には入ったものの、個人消費は伸び悩んだ。独立以降最大と称された税制改革は、昨年イギリスから独立70年を迎えたインドをどこへ導くのか。長期的には恩恵が大きいとの見方が優勢だが、いまだ効果は未知数だ。

詳細

第16回 「アジアビジネス通信」日本式ものづくりに 学ぶ インド 2020年までに4億人の人材を育成する

人口の65%が35歳以下の世代に属するとされるインドでは、2040年まで人口ボーナスが続くと期待されている。労働人口が全人口の増加率を上回っていることで経済成長は加速し、2017~2018年の実質国内総生産(GDP)は前年度比6,7%増と予測され、今後数年は高成長を維持する見通し。失業率も過去2年間で大きく改善し、増え続ける労働人口以上に経済は急速に成長しているかのように見える。しかし、持続可能な発展には雇用の創出と労働者の質向上が急務だ。インド政府は2020年までに4億人の人材育成を目標に掲げ、日本を始めとする先進国と提携し、各国の知見をインドに持ち込もうと動き出している。

詳細

ベトナム・中国・タイ・北朝鮮が狙う巨大な利権が絡む 「カンボジアのアンコールワット」

 アンコールワット観光にかかわる収益がある。ホテル、ガイド、ツアーバス、レストラン、土産物店。アンコールワットという世界遺産は、かなりの収益をあげる。カンボジアが高度経済成長に無縁な頃、その収益は国家収入を支えていたといわれる。だからなのだ。アンコールワットには、さまざまな利権が渦巻いている。周辺国が食指を動かす。ベトナム、中国、タイ、北朝鮮・。アンコールワットの収益争奪戦はその激しさを増している。

詳細

第 15 回「アジアビジネス通信」スリランカの挑戦者たち〜コロンボのサムライ起業家3人に聞く〜 ②高橋佳 Serenseed(PVT)Ltd 代...

インド亜大陸の南東、インドからポーク海峡を隔てた場所に位置する、島国・スリランカ。その正式名をスリランカ民主社会主義共和国という。ご存知、セイロンティーの故郷として知られているこの国だが、お隣のインドや東南アジア諸国に比べて、あまり日本に馴染みのない国であることは事実。ヒンドゥーを信仰するインドと異なり、熱心な仏教国であることも知られていないし、首都はスリジャヤワルダナプラコッテという長い名前を持つ。この都市名をすんなり言える人は、よほどスリランカに詳しい人かクイズや地理に関するウンチクが好きな人に違いない。ともかく、日本人在住者が1000人に満たないこの国に魅せられ、根を下ろし、さらには会社を創業した日本人がいるという。彼らはなぜこの国を選んだのか?どんな点にビジネスチャンスを見出したのか? 日本人開拓者たちを、同国最大の都市・コロンボで取材した。

詳細

第 15 回「アジアビジネス通信」スリランカの挑戦者たち〜コロンボのサムライ起業家3人に聞く〜 ①岡山浩之 株式会社サードプレイス代表取締役

 インド亜大陸の南東、インドからポーク海峡を隔てた場所に位置する、島国・スリランカ。その正式名をスリランカ民主社会主義共和国という。ご存知、セイロンティーの故郷として知られているこの国だが、お隣のインドや東南アジア諸国に比べて、あまり日本に馴染みのない国であることは事実。ヒンドゥーを信仰するインドと異なり、熱心な仏教国であることも知られていないし、首都はスリジャヤワルダナプラコッテという長い名前を持つ。この都市名をすんなり言える人は、よほどスリランカに詳しい人かクイズや地理に関するウンチクが好きな人に違いない。ともかく、日本人在住者が1000人に満たないこの国に魅せられ、根を下ろし、さらには会社を創業した日本人がいるという。彼らはなぜこの国を選んだのか?どんな点にビジネスチャンスを見出したのか? 日本人開拓者たちを、同国最大の都市・コロンボで取材した。

詳細

第17回「アジアビジネス通信」 チベット自治区の現状を報告 中国が抱えるアキレス腱

新疆ウイグル自治区とチベット自治区──。中国が抱えるアキレス腱といっていい。現在は強い権力によって抑え込んではいるが、いつ反政府暴動が起きるのかわからないエリアでもある。一昨年末から今年にかけ、このエリアを何回か訪ねた。どちらも、「ここまでやらなければいけないのか」と天を仰ぐような状況が続いている。その現実を2回に分けてレポートしてみようと思う。

詳細

第20回 「アジアビジネス通信」「生で食べても安全で美味しい」インドネシアで野菜作りに挑戦する 日本人

海外で生活する日本人にとって日々の糧でもあり、また同時に楽しみでもある「食」。衣食住の中でも1日に3回、体内に摂取して健康を維持・促進するためにも「食」は大切な要素である。「水が合わない」「食べ物が好きになれない」「食事が楽しくない」などは、その国を好きになるか、疎ましく感じるかの重要な基準ではないだろうか。インドネシアでの毎日の食生活で日本人が渇望するものとして新鮮な野菜がある。農薬を使わず、獲りたての鮮度があり、安心して口にできる野菜作りに挑み続けている1人の日本人がいる。ジャカルタ南郊ボゴールなどに専用の農地と水耕栽培施設を持ち、独自の流通ルートを確立して「朝獲りの野菜」を宅配サービスでその日のうちに消費者に届けるのだ。その野菜の最大の魅力は「生食が美味しい」である。

詳細

第19回「アジアビジネス通信」 世界屈指の映画大国 インド 海外での人気が急上昇日印合作でリメークも

外務省領事局が発表した最新のデータによると、タイで起業している日本の法人数は1783社、そこに従事する企業関係者およびその家族の数は3万1357名(日本大使館発表のデータ)と、依然としてタイ、特に首都バンコクは日系企業の海外進出の拠点として大きな役割を果たしている。ただそこには、海外で事業を行なうがゆえの問題やトラブルが山積しており、それを解消すべく日夜奮闘しているのが現地採用スタッフ、いわゆるゲンサイの人たちだ。今回座談会に参加いただいた方々は2~3年と勤務年数は少ない部類に当たるが、現地採用者の中には10年以上同一企業に従事し、駐在員とローカルスタッフの潤滑油になりながら週末は日本からの出張者のためのゴルフ接待、はたまた将来は現地法人の幹部候補、など、時に重要な役割を果たしている人もいる。今回は、そんな彼らの日常と将来像を語ってもらった。

詳細

第18回 「アジアビジネス通信」 バンコクで働く人々の現実に迫る タイ現地採用者の覆面座談会

外務省領事局が発表した最新のデータによると、タイで起業している日本の法人数は1783社、そこに従事する企業関係者およびその家族の数は3万1357名(日本大使館発表のデータ)と、依然としてタイ、特に首都バンコクは日系企業の海外進出の拠点として大きな役割を果たしている。ただそこには、海外で事業を行なうがゆえの問題やトラブルが山積しており、それを解消すべく日夜奮闘しているのが現地採用スタッフ、いわゆるゲンサイの人たちだ。今回座談会に参加いただいた方々は2~3年と勤務年数は少ない部類に当たるが、現地採用者の中には10年以上同一企業に従事し、駐在員とローカルスタッフの潤滑油になりながら週末は日本からの出張者のためのゴルフ接待、はたまた将来は現地法人の幹部候補、など、時に重要な役割を果たしている人もいる。今回は、そんな彼らの日常と将来像を語ってもらった。

詳細

第21回 「アジアビジネス通信」 新小売が既存の業態を駆逐する 激変する中国の消費市場

中国では「新小売」(ニューリテール)と呼ばれる新たな小売の形態が雨後の竹の子のごとく生まれている。グローサラントと呼ばれる業態に注目が集まるほか、コーヒー業界ではスターバックスの存在を脅かす新たな勢力が登場してきた。一方、顔面認証、RFIDといったハイテク技術の活用で、多店舗展開を始めた無人コンビニの動向も気にかかる。無人ベーカリーや無人銀行等、「無人化」の潮流が顕著になっている。

詳細

「アジアビジネス通信」 中国が抱えるアキレス腱

中国はいくつかの大きな問題を抱えている。そのひとつである民族問題は、 いまの中国では、チベット人とウイグル人の問題になってきているといってもいい

詳細

タイの外資系企業で働く日本人の現地採用者が語る本音座談会

今回は、タイを主戦場として活躍する日本人の中でも特に「外国人オーナーの下で働いたことがある、あるいは現在も働いている」という方に集まっていただきました。

詳細

サービスを多様化したフィットネス予約アプリが急成長

ミャンマー初のフィットネス予約アプリである「Flexible Pass」の創設者兼CEOであるSully Bholatは、「マンダレーでは中流階級以上の間で総合格闘技、ヨガ、ジムへの関心が高まってきており、過去数年間でフィットネス人気が上がり、多くのジムやフィットネスセンターができています。」と、述べた。

詳細

第25回「アジアビジネス通信」世界中の注目が集まる「改革が進むインドの教育制度」

インドでは、2002年の改憲により、憲法21条A項で6~14歳の義務教育が国民の権利として定められた。満6歳から8年間が義務教育だ。これに基づき、2009年に無償義務教育権法が制定され、憲法21条A項と共に2010年4月1日に発効した。このように

詳細

「アジアビジネス通信」物づくりニッポンの屋台骨を支える男たち タイで製造業を営む経営者座談会

かつて、本田宗一郎がミカン箱の上から日本の未来をとうとうと語ったように、戦後焼け野原から奇跡の復興を遂げた現在の「経済大国ニッポン」の礎を担ったのは、町の工場で働く人たちである。時代は移り、多くの製造業がその拠点を海外へと移す中、たゆまぬ努力とあくなき挑戦を続け、日本経済を根底から支える製造業の担い手たち。

詳細

第27回 「アジアビジネス通信」- 1 変わるシンガポール奇跡の都から普通の国へ

2018年の6月末時点での統計では、シンガポールの総人口約564万人のうち、シンガポール国籍を持たないPR(永住権保持者)と外国人労働者を合わせると、その比率は38%となります。これだけの高い外国人比率を維持しているアジアの国はシンガポール以外ないでしょう。

詳細

航空券のカラクリ「マイレージの”裏技”を 使って快適に旅をする」

かつて航空会社のマイレージを貯めることは、ある意味、やりたい放題だった。が、それも今は昔の話。現在は、制約が増え、ハードルが上がり、また利用価値も高くない。

詳細

第29回 「アジアビジネス通信」知らないと情報難民になる?「中国出張で快適にネットを使いこなすには」

日本の大手日本空調サービス株式会社のミャンマー現地法人「NACS Engineering Myanmar Co. Ltd.」が、ティラワSEZに隣接するショップハウスの一角に事務所を構え、空調メンテナンスサービスを中心とした業務を本格的にスタートさせた。

詳細

第30回 日本人の手になるコーヒー話題に 「タイ北部チェンライの森のコーヒー」

タイ、ラオス、ミャンマーの3カ国が接した山岳地帯は気候条件の良さとその未開さから、以前は麻薬の原料であるアヘンの生産地であり、「ゴールデントライアングル」と呼ばれ、悪名の高いエリアでもあったが、タイ政府を先頭に撲滅運動が進み、替わる作物としてコーヒーが広く植えられ、今ではコーヒーの一大生産地に変わりつつある。

詳細