商|Business Frontline

◎商|Business Frontline

ティラワと並ぶもう一つの大きな経済特区であるDawei特別経済特区の開発プロジェクトに、日本はミャンマー、タイと合同で参加する意思表示はすでにしているが、投資するかどうかまでは言及していないと、在ミャンマー日本大使館の丸山市郎公使がThe Voiceへ語った。

ReadMore

◎ヤンゴンに新たに6軒のホテル認可

ヤンゴン市内に、新規ホテルの建設計画が市開発委員会 (YCDC)から認可された。

ReadMore

◎三菱商事などがダウエーで大型発電所の建設、運営に

三菱商事は、ミャンマー南部のダウエー経済特区で、総出力計700万キロワット、最大で原発7基分に相当する大型火力発電所を、タイ企業と共同出資で建設、運営すると発表。

ReadMore

◎古川電工が通信、ソリューションで本格参入へ

情報通信インフラの整備が進み出したミャンマーへ、先月、古川電工がついに現地法人を設立した。

ReadMore

◎CBのMPUカード、加盟店で使用可能に

CB銀行が8月末に発行を開始したCB-MPUクレジットカードが、同行の決済システムの加盟店との決済ができるようになった。

ReadMore

◎ミャンマー証取法、策定に遅れ:人材不足響く

ミャンマーで証券取引法の施行細則の策定作業が遅れている。

ReadMore

◎福島のロジスティック企業がティラワで地鎮祭 被災地東北からも「がんばれ福島!」の声が

先月15日、テイラワSEZのゾーンAで、倉庫業を中心にテイラワ進出を果たした株式会社大善(矢部善次郎社長)の地鎮祭が行われた。

ReadMore

◎KUBOTAが農機販売会社を設立へ

先月、すでに浄化槽事業などでミャンマーに進出しているKUBOTAが、今回新たに農業機械の販売会社となる「Kubota Myanmar」をテイラワSEZに設立したと発表。

ReadMore

◎商|Business Frontline

総選挙後の11月末か12月上旬に予定されるミャンマー証券取引場の開業だが、先月すでに上場申請受付が開始された。

ReadMore

◎パゴダ周辺開発中止の5件、 MICが代替地提供へ

政府は今年7月、周辺の景観を損ない、至宝のシュエダゴンパゴダの地下断層に影響を与えかねないとして、パゴダ周辺で開発中だった不動産プロジェクトに中止勧告をしたが、ミャンマー投資委員会(MIC)では、年内にも代替地を決定する方針だとの見解を示した。

ReadMore

◎JFE画期的な廃棄物発電施設構築へ

いまだに慢性的な電力不足が続くミャンマーで、JFEエンジニアリングがヤンゴン郊外で、画期的な廃棄物発電施設を建設する。

ReadMore

◎ティラワ特区、第1期造成は189ha明らかに

ティラワ経済特区(SEZ)先行開発区域の開発面積396ヘクタールのうち、約半分(189ヘクタール)にあたる第1期の開発プランが明らかになった。

ReadMore

◎ミャンマー初の生命保険サービス

ミャンマーローカル企業のCB保険(Citizen Business Insurance)社は、事務局を開設し、国内初となる生命保険サービスの提供を開始しているが、今後はその他の保険も取り扱いサービスを拡大していく。

ReadMore

◎商|Business Frontline

日本政府は、観光や経済産業活動目的の渡航を奨励するため、アジア諸国に対する渡航ビザ発券の条件を見直す計画を進めている。

ReadMore

◎商|Business Frontline

水道供給網のハイテク会社VCS Denmarkがヤンゴンの住民に清潔な飲料水を供給するパイプライン敷設ができるかどうかの調査をほぼ終えた。

ReadMore

◎政府出資の国内通信大手2社、 海外企業との提携を模索

政府が出資する通信大手ミャンマー郵政公社(MPT)、ヤダナポン・テレポート(YTP)の2社は、10億ドル超の投資資金手当てのための提携先を求めている。

ReadMore

◎CBバンクがマスターカードを発行 電子決済システム化へ大きく前進か

昨年から海外のクレジットカード会社の参入が相次いでいるが、ATMの設置台数が少なく、国内で利用が可能な場所は、空港やホテル、大型ショピングセンターなど極一部に限られていた。

ReadMore

◎日産が世界に先駆け‘15年に新車生産開始 乗用車で初、数年後には年生産1万台を目指す

ヤンゴンの渋滞地獄は相変わらずだが、1年前と異なるのは、タクシー車の買い替えで比較的新しい中古車がふえ、以前のように30年くらい前の“年代物”が少なくなっていること。

ReadMore

◎ASEAN市場統合をにらむ 双日とCM の業務提携

昨年11月に「新外国投資法」が施行され、2015年にはAFTA(ASEAN自由貿易地域)に基づくASEAN市場の統合を控えるミャンマーは、関税の完全撤廃も予定。

ReadMore

◎商|Business Frontline

いち早くこの国に拠点を築いているスズキは、子会社の「スズキ・ミャンマー・モーター社」(SMMC)が、7人乗り乗用車「エルティガ(ERTIGA)」の生産を開始した。

ReadMore

◎キリンがミャンマービールを買収 ミャンマー市場へ新たなる参入へ

先月、キリンHDが、ミャンマービールでおなじみのミャンマー・ブルワリー(MBL)の買収を発表。キリンHDは、フレイザー・アンド・ニーヴ(F&Nシンガポール)が所有するMBLの株式55%、を5億6000万ドル(約700億円)で取得。

ReadMore

◎太陽生命指導の医療保険商品が発売へ

ミャンマーでも医療保険が販売されることになった。

ReadMore

◎ YGN証券取引所の上場基準が明確に

総選挙ばかりに目が行きがちだが、11月に開設予定のヤンゴン証券取引所(YSX)の動向も気になる。

ReadMore

◎商|Business Frontline

2013年12月に「Myanmar Secom Co.Ltd」としてミャンマー進出を果たしたSECOMが、今年4月1日からヤンゴンで正式にサービスを開始した。

ReadMore

◎資材不足、高騰で安いコンクリート建材を供給

昨年から建設ラッシュが続いていたミャンマーだが、ここへきて工事中断のケースも出てきた。

ReadMore

◎ティラワでクボタが第二期工事でも追加受注へ

開発が進むテイラワSEZにまたひとつ日系の技術が導入される。農業・製造機械などのメーカーであるクボタが、工事の元請会社である五洋建設より、ティラワクラスA地区における第二期給水配管&上下水処理設備建設工事を追加受注した。

ReadMore

◎シェダゴンパゴダ周囲の建設計画がすべて中止へ 「Dagon City」など5つのプロジェクトが白紙に

先月7日の七夕の日にミャンマー各紙に衝撃的な記事が載った。

ReadMore

◎日系3大メガバンクが始動

三菱東京UFJ銀行は、ミャンマー国家計画経済開発省投資企業管理局(DICA: Directorate of Investment Company Administration)と、外国投資促進を目的とした協働に関する覚書を締結した。

ReadMore

◎三菱商事が合弁で昇降機事業本格参入へ

三菱商事はミャンマー大手のSerge Pun & Associates (SPA)グループと共同で新会社を設立し、三菱電機製エレベーター及びエスカレーター関連事業に参画することを表明していたが、先月10日にヤンゴンのセドナホテルでその正式発表セレモニーが行われた。

ReadMore

◎フォーバル、中小企業の事業調査支援を強化

JICAが今月9月中に公示予定の新年度の「連携促進基礎調査」「案件化調査」「普及・実証事業」に向け、フォーバル(本社東京都渋谷区))が、公的資金を活用した中小企業の事業性調査支援を強化する。

ReadMore

◎日立産機システムが変圧器合弁会社設立

日立産機システム(本社東京)とミャンマー大手のソーエレクトリック&マシナリー(SEM)は、電力・配電用変圧器などの事業を行う合弁会社「Hitachi Soe Electric& Machinery」(日立SEM)設立の正式契約を締結した。

ReadMore

◎続落するチャット安に抜本的な施策が必要か

チャット安が続いている。中央銀行の営業許可を取得している銀行と両替所は、ドルの販売を停止したというが、中央銀行サイドはこれを否定。

ReadMore

◎露呈し始めたATM機へのトラブル ネット、電力環境の改善が急務へ

意外にも, ミャンマーでのATM機導入は2012年からスタートしていたが、3年を経た現在でも、このサービスの不安定さが拭い切れない。

ReadMore

◎日系大手3保険会社が営業認可を取得

月末に、損害保険ジャパン日本興亜(損保ジャパン)、三井住友海上、東京海上日動など日系3社が、ミャンマー政府から損害保険の引受けに関する営業認可を受けた。

ReadMore

◎日本公庫が金融機関に審査ノウハウを

経済改革が進むミャンマーで、またひとつ日本の知的技術が生かされそうだ。

ReadMore

◎商|Business Frontline

電力需給のバランスがうまく取れないミャンマーで、邦人メガ企業丸紅が動き出した

ReadMore

◎国内初のモバイル決済システムがスタート

ミャンマーでは、中流クラス以上を中心にモバイル通信機器の需要が急速に拡大、金融、物流インフラも整備されつつあり、決済方法にも大きな変化が出始めている。

ReadMore

◎ミャンマーで日本の大手住宅 メーカー事業化調査着手

Azure Net Co. Ltd.(本社 Yangon市)と東京産業株式会社(東京都千代田区)並びに積水化学工業株式会社(本社東京都港区)の3社は、戸建て需要の高まるミャンマーへ、工業製品化された戸建て住宅を提供する目的で、協力して施工体制などの事業化調査(FS)に着手する。

ReadMore

◎鉄道工事で実積高い鉄建建設が事務所開設

鉄道工事、道路建設など交通インフラ整備では実積を誇る中堅ゼネコンの鉄建建設(本社東京)が、4月末にヤンゴン事務所を開所。

ReadMore

◎商|Business Frontline

異常な土地バブルがはじけてきたのか。ミャンマータイムズによれば、ヤンゴン北東で計画中の「ハンタワディ新国際空港」の予定地周辺で、地価の下落が著しいという。

ReadMore

◎シェダゴンパゴダ周辺の大型開発に“待った”が 新マスタープランの策定でDagonCityを直撃

昨年、弊紙「注目のプロジェクトを覗く」でご紹介した「Dagon City」と、 シュエダゴンパゴダ周辺の大型プロジェクト5件に、新たなる規制がかかった。

ReadMore

◎ティラワにガス専門邦人企業が参入へ

ティラワSEZに心強い邦人企業が参入した。タイ、シンガポールなどASEAN6カ国に15拠点を持つ岩谷産業が、ティラワで工業ガス、LPガス事業を展開するため、約2万5千平方メートルの用地確保契約を行い、今年8月に新会社を設立し、2018年3月に操業開始の予定であることを発表。

ReadMore

◎何故チャット安が加速しているのか

ミャンマーのチャット安が加速傾向だ。今年初めから水祭り前にかけて1ドル1030Ks 前後で推移していたが、5月に入って1100Ksを記録する日も出てきた。

ReadMore

◎CB 銀が海外提携銀行拡大で送金広がる

「CB Bank: Co-operative Bank」は、提携する協力銀行のリストを更新し、発表した。これにより、同銀行に外貨口座「Foreign Currency Account」を開設すれば、提携銀経由で海外送金が可能になった。

ReadMore

◎海外直接投資が過去最高水準に

ミャンマー国家計画・経済開発省のアウン・ナイン・ウー投資企業管理局長は、4─8月に承認した同国への海外直接投資(FDI)が18億ドル超となり、前年度 (2013年3月まで)1年間の14億ドルをすでに上回ったことを明らかにし、承認されたFDIの大半がアジア地域からのものだと述べた。

ReadMore

◎水力発電向け設備を東芝が受注

約7割を水力発電に依存するミャンマーで、マンダレー北東部に出力308MWの「アッパーイェワ水力発電所」が建設される。

ReadMore

◎ミャンマー、輸出主導経済へ国家戦略の強化へ 三菱商事も食品、食糧事業を積極的に推進中

ミャンマーが本格的な経済立て直しに向けて動きだした。

ReadMore

◎商|Business Frontline

今年の1月に「車庫証明を車輸入の条件」に義務づけた法制化で、消費者は市場動向をうかがい、市場は冷え込んでいるようだが、業界の反発を受けて実施は徹底されていないという。

ReadMore

◎邦銀2行の支店開設で進出に拍車か

ミャンマー連邦共和国中央銀行は、先月初めに三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行に対して、営業許可を交付した。

ReadMore

◎双日、冷蔵、冷凍物流サービスの強化へ

双日と双日ロジスティクス(株)は、すでに資本業務連携契約を締結している小売・流通分野の最大手であるシティー・マートのグループ会社で、グループ内の食品卸売事業を担当し、3,000社にも及ぶ顧客ネットワークを持つ「Premium Distribution Co., Ltd」と共同出資し、ヤンゴン市内に建設する3温度帯物流倉庫(常温、冷蔵、冷凍)を拠点として、高品質なコールドチェーン物流サービスを開始する。

ReadMore

◎日本郵船が3社共同で総合物流会社設立

相変わらず車の需要が減らず、輸入の停滞もないが、これまでヤンゴン港に陸揚げされ通関を通ってから、陸送に関するサービスが脆弱だった

ReadMore

◎ヤンゴン証取の将来的な価値はどうなるか

3月下旬に開催された「ASEAN Myanmar Forum」で、非常に興味深い予測が飛び出した。

ReadMore

◎商|Business Frontline

先月、住友商事が、電力省傘下の電力公社からガスタービン火力発電所の一括請負工事契約を受注した。

ReadMore

◎JFEが年産1万から2万トンへ増産体制敷く

JFEエンジニアリングがミャンマー合弁工場を拡張し、来年3月までに、橋梁(きょうりょう)など鋼構造物を年産1万トンから2万トンに増産する計画を発表した。

ReadMore

◎SEZ 誘致強化で外資輸入販売規制を緩和

経済特別区(SEZ)への外資誘致を強化するため、政府はティラワSEZで輸入販売業への外資規制を大幅に緩和する方針を固めた。

ReadMore

◎二輪車需要が地方都市で伸び拡大

政府統計局の車両登録統計によれば、昨年1~9月の登録台数は63万 台を超え、前年同期の 3.2 倍という高い数字を示したという。

ReadMore

◎タイ現地生産新車増で日本製中古車が輸入減

今年になって、日本製中古車の販売が鈍化している。タイからの新車輸入が拡大しているためだという。

ReadMore

◎輸出額48億ドルで前年を大きく上回る

ミャンマーの輸出の伸びが数字にも表れてきた。

ReadMore

◎VACがミャンマー人向け会計セミナー開催

最近、政府が企業への収支、決算、税務について 厳しい姿勢を打ち出しているだけに、会場には邦人企業の経理担当者などが詰めかけ、熱心に聞き入っていた。

ReadMore

◎ダウェー「特別目的事業体」は日本出資金者の選定待ち

南部のダウェー経済特区(SE Z)の状況が少し前進している。

ReadMore

◎今年8社に情報通信業免許を交付

政府は来年までに携帯の普及率を80%に引き上げることを目標としており、情報通信のインフラ整備を急いでいる。

ReadMore

◎外資入り乱れ激戦化するミャンマー通信業界 日本と組んだ国営MPTが一歩抜け出したか

ミャンマーの通信業界が激戦だ。2013年に外資のテレノール(ノルウエイ)とオレド(中東カタール)が進出したとき、安価なSIMカードに大衆は群がった。

ReadMore

◎「チャウピューSEZ」応札業者9割が中国企業

総開発面積約800万平方m、ASEAN経済会議の席上でも期待が寄せられたミャンマー西部ラカイン州のチャウピュー経済特区(SEZ)に熱い視線が注がれている。

ReadMore

◎日本式健康関連製品フェアーが開催

健康的ライフスタイルに必要な様々な商品や関連製品を展示する「Japan Healthy Life Style Exhibition」 が、3月21日(土)~23日(月)10時~17時の日程で「Tat Madaw Hall」にて開催。

ReadMore

◎財務局が厳しい税徴収体制を打ち出す 不動産、自動車売買、飲食税など納税の徹底へ

ミャンマーの税徴収体制が厳格化の方向へ進んでいる。

ReadMore

◎海外投資保険の発足で投資拡大に繋がるか

ティラワの開発会社に出資する投資会社で、三菱商事、丸紅、住友商事が合同で設立した独立行政法人・NEXI(日本貿易保険)は、MMSTD(ティラワ事業開発株式会社)の出資に対する海外投資保険の引き受けを決定。

ReadMore

◎住宅開発銀、金利13%の住宅ローン提供

ミャンマーの住宅ローンが動きだした。

ReadMore

◎証券取引所オープンは10月、10社規模で

今年に予定される証券取引所について財務省は、遅く とも10月までに公式に開始することを明言。

ReadMore

◎ミャンマー人向け税務・会計基礎セミナー開催

VACヤンゴン会計事務所では、ミャンマー人会計士によるミャンマー人向けのセミナーを、下記のスケジュールで開催する。

ReadMore

◎商|Business Frontline

上組は、ミャンマー側山岳地帯が悪路で、タイ・ミャンマーの国境間輸送より海上輸送を優先していたが、このほど大型貨物を陸上輸送に変更し、時間短縮とコスト削減に踏み切った。

ReadMore

◎6社に米ドル建て保険取り扱い認可が

政府は米ドル建て保険商品の販売を民間の保険会社6社に認可した。

ReadMore

◎縫製業輸出が3年間でほぼ倍増に

最近の中国での人件費高騰により、縫製業はASEANの新興国に生産拠点を移す企業が増加。

ReadMore

◎中国製スマホ、販売でサムソンを抜く

中国の人民日報によると、中国製のスマホがASEAN市場で勢力を伸ばし、ミャンマーのヤンゴンやマンダレーでは華為技術(ハウウェイ)のスマホを利用する人が急増と伝えている。

ReadMore

◎「国家食品法」の厳密化へ改正準備

急速な民主化と時代状況の変化により、従来の法律が対応できなくなってきている。

ReadMore

◎ASEAN経済共同体加盟に温度差が

今年末にAEC(ASEAN経済共同体)の発足を控えるこの経済圏は、総人口6億を超す巨大市場であり、圏内の物流、交流の自由化を目指すことが最大の目的だ。

ReadMore

◎消極的だった製造業の進出が増加傾向へ、 安価な労動力と輸送面の地の利を再認識

今秋に控えるASEAN経済共同体(AEC)の発足を前に、日本企業の進出が加速度を増したようだ。

ReadMore

◎商|Business Frontline

昨年8月に韓国の企業体らがヤンゴンのハンタワディ新空港建設事業を受注していたが、政府が韓国案に難色を示しため、交渉は決裂。

ReadMore

◎ りそな銀、大手商銀と業務提携へ

先に邦銀3銀行にライセンスが下りたが、りそな銀行は、グループの埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行ともに、先月末にミャンマーのアペックス銀行と金融機能の提供等を目的とした業務提携を締結した。

ReadMore

◎NTTデ―タ、通関システムなどの開発を受注

輸出入量が急増し、通関システムの整備、効率向上が急務とされるミャンマーで、NTTデータが我が国の貿易手続き・通関システムである「NACCSやCIS」を活用したシステム開発を受注し、着手した。

ReadMore

◎音響のフォスター電機がティラワへ拠点

スピーカや音響・電子機器の製造、販売を手がけるフォスター電機(本社東京都昭島市)が、ティラワSEZへの進出を決めた。

ReadMore

◎支店開設の富士通が本格参入へ

先月7日、ヤンゴン支店開設を発表した富士通が、ヤンゴン・コンピュータ大学(UCSY)と共同で、同学内に「Fujitsu ICT Laboratory」を設立し、本格的なビジネス活動をスタートさせた。

ReadMore

◎シボレーが最大規模のショウルーム開設

米GMがついに動き出した。市南西部に、ASEAN最大規模となる「シボレー」のショールームを開設。

ReadMore

◎ミャンマーの電力状況に関する話題

建設ラッシュのミャンマーで、今、電力供給事情は一体どうなってるのか、など心配の種は尽きないが、市の電力供給庁(YESB)によれば、今後ヤンゴンの電力使用量が200MW以上増加するだろうと発表した。

ReadMore

◎商|Business Frontline

先般、外銀9行にライセンスが下りたが、これら 外銀は中央銀行が定めた国内銀行と同等の利子の遵 守が義務。

ReadMore

◎日本郵船、海上+内陸輸送を開始

日本郵船は、完成車輸送用キャリアカーを保有し運行する総合物流企業「Silverbird Auto Logistics Limited」と提携、国内における内陸輸送サービスを開始した。

ReadMore

◎ティラワ第1期に20社。米企業は将来的に100億の投資を

ティラワSEZ第一期に、米国、日本、中国、シンガポール、香港、カンボジアなどの企業20社が入ることが判明した。

ReadMore

◎ミャンマー電力省と覚書を締結した

丸紅はミャンマー電力省と効率的で環境にやさしい、発電技術を前提とした「石炭火力発電事業の検討」で合意、覚書を締結した。

ReadMore

◎商|Business Frontline

先月、エースコック(株)は、ミャンマー向けオリジナル商品「HANA Chicken Sikyet Kaukswe」を国内にて販売開始した。

ReadMore

◎MAI、関空~プノンペン・ヤンゴン線就航へ  アジアと関西の距離が短縮、交流活発化か

「ミャンマー国際航空」(MAI)が、ついに今月8日から日本とヤンゴンを結ぶフライトを就航させる。

ReadMore

◎中古車市場は乗用車から営業用車に人気が移行

ヤンゴンの中古車市場に変化が出ている。

ReadMore

◎80億住宅計画中止で土地投機者が大損か

ヤンゴン郊外西部の「Hlaing Tharya 地区」と 「Twante地区」にある約3万エーカー(1万2,410 ヘクタール)の土地に、80億ドルもかけて建設予定だった新都市プロジェクトが、突然9月末にキャンセルとなった。

ReadMore

◎邦人の生産業進出が少ないのは何故? 土地高騰、工業団地の未整備に原因か

先月ヤンゴンの経済貿易大臣省で行った 「Trade and Investment relations between Myanmar and Japan 」の講演会で、「ミャンマーは人件費が安いので多くの労働者を必要とする生産業などに投資して雇用の機会を創出してあげたいが、土地が高くサービス業などの進出に留まっている」と JETROの高原所長が語った。 

ReadMore

◎川崎汽船、新造フェリー3隻をヤンゴンへ

ヤンゴン南端とヤンゴン河を挟んで対岸にあるダラー地区を結ぶフェリーは庶民の貴重な足だが、ピーク時の定員オーバーが問題化していた。

ReadMore

◎「Yoma 」がグループ会社の株を格安売却へ

YomaStrategicグループ会社である「Yoma Strategic Holding Ltd」の株が、先月から割引で売却されている。

ReadMore

◎ダウェイ開発に日本を交えた3者協議の準備

タイとの共同開発を計画中の南部「ダウェーの大型経済特区(SEZ)」へ、日本が協力の用意がある旨を、先月バンコクを訪れた城内外務副大臣がプラユット暫定首相に伝えた。

ReadMore

◎そんなはずでは?900万人減の総人口

こんなはずではなかったのだろう。すでにご存じの方も多いと思うが、ミャンマー政府が今年3~4月 に31年ぶりに実施した国勢調査の暫定結果がでた。

ReadMore

◎ミャンマー語の自動翻訳システム開発

ついにミャンマー語を日本語や英語に自動翻訳するシステムが開発された。

ReadMore

◎インドのチンナイとヤンゴンを結ぶ 国際フェリー運航

南インドの玄関口として知られる「チンナイ」とミャンマーの「ヤンゴン」間を結ぶ国際フェリーの運行が、いよいよ今月から開始される。

ReadMore

◎商|Business Frontline

国内流通業の保護と外資系企業の投資進出というジレンマを抱えていたミャンマー政府が、このほど流通業における外資規制を撤廃する方針を固めたようだ。

ReadMore

◎英国企業支援で25MWをヤンゴンに配電へ

ミャンマー初の中型火力発電設備を持つロカー発電所から、ヤンゴンに25メガワットの電力を配電する準備が進行中だ。

ReadMore

◎工業団地の土地価格が異常高騰、その原因は? ヤンゴンの土地バブルはいつまで続くのか

ヤンゴンの工業団地の地価の値上がりが止まらない。

ReadMore

◎海外投資の増加で有能な人材の引き抜きも

オバマ米大統領はミャンマーに対し、武器と資源に関する輸出入を制限した経済制裁を今年5月からさらに1年間延長したが、その後2カ月間に、米国から の投資が9000万ドル(約90億円)もあったそうだ。

ReadMore

◎商|Business Frontline

ローカル紙ミッジマによると、ミャンマー政府は、現在外国人向けと自国民向けに区別されている投資法を早ければ年内にも統合したい意向のようだ。

ReadMore

◎商|Business Frontline

OPEC(石油輸出国機構)の減産見送りと米国シェルの増産で、昨年11月から世界的に原油が下落傾向にある。

ReadMore

◎AYA銀行がインターネットバンキングを開始

ミャンマー初のインターネットバンキングサービス (Internet Banking Service)がスタートした。

ReadMore

◎外銀開設条件に約75億の担保証拠金が

ミャンマー中央銀行の副代表U Sat Aung氏が、「外国銀行の国内業務活動には7500万ドル(約75億円)を担保として納入することを厳守させる」と語った。

ReadMore

◎MPT とKDDI 住商連合が提携で合意調印

ミャンマーの通信事業について4月から調整を重ねていたMyanmar Post & Telecommunication(MPT)とKDDI・住友商事が、先月ついにネピドーで提携に関する調印を行った。

ReadMore

◎港湾、国境貿易の約7割が不正取引で脱税、  貿易額の目標達成に不正根絶は不可欠

港湾貿易と国境貿易のうち、正規に関税を払っているのは約30%で、他は脱税状態だと「ミャンマー不正貿易検査委員会」が発表した。

ReadMore

◎三菱MRJ機エア・マンダレイと契約、アジア初

先月、三菱航空機とミャンマーのエア・マンダレイ (本社ヤンゴン市)、が、「三菱リージョナルジェット」MRJ)10機の売買契約を締結した。

ReadMore

◎雨季で生産停止の塩が値上がり傾向に

今年の雨季で塩の生産が停止しているため、塩の価格が昨年より30%ほど高くなっているそうだ。

ReadMore

◎三菱東京UFJ、ミャンマーの2銀行と覚書を締結

三菱東京UFJ銀行は、この国の大手民間商業銀行「コーポラティブ銀行」と「ミャンマーマイクロファイナンス銀行」との間で、マイクロファイナンスにいての技術協力、ファイナンス面での支援等の協力促進に関する覚書を調印したと発表した。

ReadMore

◎外国人投資法と国内投資法が統一へ

国内投資法を守る企業が少なく、たとえば「マンダレー工業団地」でミャンマー投資委員会(MIC)の許可をとって活動しているのはわずか10社に過ぎない。

ReadMore

◎日本コンクリート工業が合弁で本格参入

ミャンマーは今後インフラ整備が増大することを見越し、先月、日本コンクリート工業(株)は、「MaGa Manufacturing Co Ltd.」とプレキャストコンクリートの製造販売を目的とした合弁会社の設立で基本合意したと発表。

ReadMore

◎ミャンマー西岸経済特区、海外企業の入札開始か

ミャンマー西部のラカイン州西岸に計画中の「チャウピュー経済特区SEZ」に対して、今月中に海外の企業からの投資入札を受け付けるそうだ。

ReadMore

◎商|Business Frontline

ティラワSEZ最初の投資は、米国の容器製造企業「ボール・コーポレーション」と日本の自動車部品メーカー「江洋ラヂエーター」に決定した。

ReadMore

◎ティラワへアジアの有名企業から複数の投資オファー

計画経済開発省・副大臣Sett Aung氏によると、ティラワ経済特別区へ、11カ国45社より投資の提案があったとのことを明かした。

ReadMore

◎三井物産「米」生産加工事業に意欲

三井物産がミャンマーでの米生産、加工事業に意欲的だ。最先端の米工場を建てる許可を得るため、農業省とすでに3回目の交渉を重ねているそうだ。

ReadMore

◎MIC、外資約80社に許可。投資が過熱か

ミャンマー投資委員会(MIC)は、今年前半に外資企業約80社に許可を与えたと発表。

ReadMore

◎民間銀行が不動産バブル崩壊を恐れる理由とは

相変わらずミャンマーの不動産バブルは続いているが、もしこのバブルが崩壊した場合、国内の民間銀行が大打撃を受けると、銀行幹部らが語った。

ReadMore

◎ヤンゴンの賃貸料金はなぜ下がらない

ミャンマーの不動産価格はなぜ沈静化しないのか。

ReadMore

◎ヤンゴン環状線整備の事業化への調査を採択

JICAは、官民連携で取り組むPPP(Public Private Partnership)インフラ事業に関し、事業計画策定を実施する枠組み「協力準備調査(PPPインフラ事業)」の調査案件の採択を決定した。

ReadMore

◎外国銀行10社以上に条件付き認可予定 支店開設にはまだ険しいハードルが待つ

ミャンマー中央銀行の副代表は「すでに進出している外国銀行の中から10行以上を条件付のライセンスで銀行業務の開始を許可する」と語った。

ReadMore

◎商|Business Frontline

三菱商事がミャンマーでのエレベーター関連事業にSerge Pun & Associates Ltd.(以降SPA)グループと共同で参画することを発表した。

ReadMore

◎海外投資、昨年は総額4兆6000億円、 日本は10位に

4月末にミャンマーの国家計画経済開発省・投資企業管理局(DICA)の発表した統計によると、昨年4月から今年3月末までの1年間で海外からの投資は34か国にで、総額460億ドル(約4兆6000億円)に達したという。

ReadMore

◎NTTデータ、中央銀行のITシステム整備を受注

ミャンマー中央銀行は大半が手作業のため、金融インフラ整備がかなり遅れている。

ReadMore

◎ホンダ、ヤンゴンで部品販売センター開設

状況が刻々と変化するミャンマー自動車市場だが、現在、中古車取引数の多い車種は日産・ADバンとホンダ・フィットであることが判明。

ReadMore

◎米VISAが初の拠点、本格的攻勢へ

ローカル紙のミッジマによると、米カード大手のビザがついにミャンマーに拠点を開く予定だという。

ReadMore

◎商|Business Frontline

アサヒグループホールディングスは、ミャンマーローカル企業ロイヘイン社「LoiHeinCompany」(本社ヤンゴン市LH)と、国内おける炭酸飲料の製造販売を遂行する合弁会社、Asahi Loi Hein Company Limitedを設立することで合意した。

ReadMore

◎JICAがティラワ経済特別区の開発へ融資

JICAがエム・エム・エス・ティラワ事業開発(株)とティラワSEZ管理委員会らと「ティラワ経済特別区(Class A区域)開発事業」の合弁事業契約書に調印をしたことを発表した。

ReadMore

◎トヨタ、本格参入へ向け工業省と協議

トヨタ自動車と豊田通商は、ミャンマーへの本格参入に向けて、自動車税、流通方法、現地生産、合弁形態の可能性を、マウン・ミィン工業相とネピドーで協議した。

ReadMore

◎中央銀がチャット安に歯止めをかける施策を

国内のチャット安を防ぎ安定化へ進めるために、ホテルと旅行会社などに両替のライセンスを交付すると、ミャンマー中央銀行が発表したが、その施行日はまだ未定。

ReadMore

◎政府、経済活動でも正確な調査に乗り出す。 2014財政年度の貿易収入は2億5700万ドルとの見込み

4月の国勢調査は、新しい国づくりにかける政府の意気込みを見る思いがするが、金融、財政面でも正確かつ微細な調査に乗り出した。

ReadMore

◎米国の経済制裁が限定的に一部緩和 競争激化で国際的な競争力が必要に

米国は、対ミャンマーの貿易面での経済制裁の一部を6か月間一時期的に緩和したと、発表した。

ReadMore

◎イオン、ヤンゴンで16年にSC出店

イオンがミャンマーに進出し、小売り事業を展開することが明らかになった。

ReadMore

◎ミャンマー初の大型分譲住宅が販売開始

ヤンゴンの南ダゴン、経済大学に近い住宅地に、ミャンマーで初めての分譲住宅の建設がスタートする。

ReadMore

◎JPXと大和証券がミャンマー証取に出資、 市場整備本格化か

証取所設立を支援する日本取引所グループ(JPX)と大和証券グループ本社が、ミャンマーの資本市場整備支援を本格化させた。

ReadMore

◎JFE、ヤンゴンのフェリー桟橋改修を受注

JFEエンジニアリングは、港湾施設整備の第一弾となるダラ地区のフェリー用桟橋改修工事を受注した。

ReadMore

◎ミャンマー でトヨタの新車販売がスタート ショウルームを開設。年間200台以上の販売を目指す

ミャンマーでトヨタの新車販売が本格化する。

ReadMore

◎新日本製薬、BOP事業に採択

新日本製薬が、日本工営とともに提案したミャンマーでの「薬用植物生産・加工を通じた日本の伝統漢方薬普及事業準備調査」が、JICAの「協力準備調査(BOPビジネス連携促進)」に採択されたと,発表した。

ReadMore

◎市電力供給公社の民営化へ国際金融公社が支援に

世界銀行グループの国際金融公社(IFC)は、ヤンゴン市電力供給公社(Yangon City Electricity Supply Board:YCESB)を民営化する方針を明らかにした。

ReadMore

◎世界銀行総裁がミャンマー援助プロジェクト発表

1月末にミャンマーを訪問した世界銀行のジム・ヨン・キム総裁は、同国に対し、20億ドルの援助とともに、貧困対策のための数年に渡る開発プログラム支援を発表した。

ReadMore

◎丸紅、段ボール生産で王子と合弁会社

丸紅はマレーシアの関連会社GS Paper& Packaging Sdn Bhdを通じて、ヤンゴン郊外にあるミンガラドン工業団地に段ボール加工会社を設立する。

ReadMore

◎鴻池、メコン・ベンガルへの輸送強化

鴻池運輸は、メコン・ベンガル地域(バングラデシュ、ミャンマー、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム)の更なる拡充の一環として、ヤンゴンに現地法人を開設すると発表した。

ReadMore

◎商|Business Frontline

国際取り引きの円滑化を計るため、ミャンマーで国際単位系(International System of Units:SI System)を採用する方針であると副農務相の Pwint San 氏が発言した。

ReadMore

◎消火器の大手Hatsutaがヤンゴンで製品紹介イベント

火災を発生させると重罪に問われるこの国で、消火器の需要は上がっている。

ReadMore

◎商|Business Frontline

日本の東証と大和証券グループとの共同でミャンマー経済銀行(Myanmar Economic Bank)が運営する「ヤンゴン証券取引所」が、いよいよ12月9日に開所することになった。

ReadMore

◎JFEのゴミ焼却発電事業が2017年に完成へ ゴミ処理、発電の一石二鳥の画期的事業か

JFEエンジニアリング(本社:東京都千代田区)は、日緬間のJCM(二国間クレジット制度)を活用し、ヤンゴン市が建設する、同国初のごみ焼却発電プラントを受注したと発表。

ReadMore

◎アジア経済圏(AEC)では税制より為替レート安定を優先に

年末に予定されるアセアン経済圏(AEC)が実施された場合、税制より為替レートの安定が急務だと、ミャンマー建設業協会の幹部が語った。

ReadMore

◎外国銀行のミャンマー国内での営業を認可

ミャンマー中央銀行は外資系銀行に対し、国内での営業許可を今年度中に与えることを国内メディアを通じて発表した。

ReadMore

◎豊田通商がカレン州で初のODA案件受注

トヨタグループの総合商社である豊田通商は、ミャンマー向け無償資金供与案件(ODA)を受注し、9月初旬にミャンマー建設省との間で、カレン州における道路建設機材整備計画にもとづく整備用車両の受注契約を締結。

ReadMore

◎ミャンマーのドメイン販売開始

外国企業の参入が進むミャンマーでは、企業のウェブサイト構築が加速。

ReadMore

◎トヨタHilux 新車発表会が

TOYOTAがミャンマーで始動し始めた。

ReadMore

◎ティラワ社長が土地価格抑制方針

ティラワの土地高騰による投資停滞を危惧して、同工業団地を運営するティラワ工業(株)のWin Aung社長が「ミャンマーへ投資する際に土地が高すぎるという声を多く聞くが、ティラワに限っていえば、現在投資されている他の工業団地の土地価格より確実に安くしていく」と語った。

ReadMore

◎ブーム続くミャンマーへの投資熱

年が変わっても、ミャンマーへの投資は急増している。

ReadMore

◎空港 − ダウンタウン線など鉄道9路線新設へ 渋滞緩和、市民の足となるのか

ミャンマーのタンテー鉄道運輸相(Than Htay)は、ヤンゴン市内に9つの鉄道路線を開設する計画を示し、国際協力機構(JICA)と交渉中であることを明らかにした。

ReadMore

◎住商が日野商用車の正規サービスSを設立

住友商事株式会社(本社:東京都中央区)は、ミャンマーの大手財閥である Serge Pun & Associates (Myanmar) Ltd. (本社 : ヤンゴン市) のグループ企業、First Myanmar Investment Co., Ltd. (本社 : ヤンゴン市)、および Yoma Strategic Holdings (本社 : シンガポール)(両社あわせ 「SPAグループ」)と3社合弁でヤンゴン市にて日野自動車製トラックおよびバスの正規サービスステーションの設立で合意、合弁契約書を締結した。

ReadMore

◎政府が酒類輸入法の見直しに着手

昨年10月以降、ヤンゴンとマンダレーで輸入された酒類、タバコ、冷凍食品に対する調査が行われ、小売大手シティマート傘下 にある企業幹部が逮捕されるなどの事件が発生。

ReadMore

◎ヤンゴンの土地需要が40%下降

昨年秋、土地価格が沈静化する兆しが見えたが、ヤンゴン市内の物件の需要は以前に比べて40%も下落していることが不動産業界の調査でわかった。

ReadMore

◎富士フィルムミャンマー本格進出

富士フイルムは、事業拡大を図るため、ミャンマーに現地法人「FUJIFILM MYANMAR LTD(フジフイルムミャンマー)」を設立し、昨年12月2日より営業を開始した。

ReadMore

◎来年、一部稼動が迫ったティラワで起工式 対比を見せ始めた2大経済特区の開発計画

ティラワ経済特別区(SEZ)の起工式が、昨年11月末に開かれた。

ReadMore

◎違反駐停車に罰則強化で渋滞緩和を狙う

ヤンゴン市内の6つエリアで、再び駐車違反料金を設けると、ヤンゴン管区の責任者が語った。

ReadMore

◎CB銀、来年末までに300支店を

ミャンマーの協同組合銀行(コーポレーティブ銀行=CB)が店舗網の大幅な拡大を目論んでいる。

ReadMore

◎「ミャンマー会社法1914」 ADB技術支援で今年末に改正へ

ミャンマー投資企業管理局(DICA)のAung Naing Oo局長は、今年末までに「ミャンマー会社法1914」を改正する方針を示した。

ReadMore

◎ODA活用のミャンマー鉄道支援

国内の大都市間を結ぶ鉄道網の整備が動き出す。官民の技術や政府開発援助(ODA)を支えにヤンゴンと商都マンダレーをつなぐ約600キロの路線を整備。

ReadMore

◎商|Business Frontline

バブルに沸くミャンマーで、初の不動産向け長期融資銀行が開設された。

ReadMore

◎国際金融公社がビジネス法環境整備に

世界最大の国際開発機関であるIFC国際金融公社 (International Finance Corporation) が、新投資法や枠組みビジネスについてミャンマーの関係省庁と協力。国内外の投資家の保護、投資承認プロセスの合理化などでビジネスの法環境を整備する。

ReadMore

◎商|Business Frontline

日本貿易振興機構(JETRO)の調査によると、欧州企業のミャンマー進出が顕著だというデータが出た。

ReadMore

◎日本の投資額は第11位となぜ少ないのか

日本は3億ドル近い投資承認を得ているものの、期限切れや営業停止などの影響で現在は1億8千9百万ドル前後の投資額となっていると 公式の発表が出された。

ReadMore

◎商|Business Frontline

ミャンマー政府がソーラーエネルギー事業を、タイ企業と共同で手がけようとしている。

ReadMore

◎商|Business Frontline

この国一番の多額納税者Kanbawza銀行は、向こう2年間分の税金を前納したと同銀行会長が語った。

ReadMore

◎石油、天然ガス分野への 海外投資が計2億ドルに

今年の財政 年度内に石油、 天然ガス部門 へ、海外から の投資が約2 億ドル(約230億円)あったと、投資企業管理局のDr.MarlarMyoNyunt局長が述べた。

ReadMore

◎チャウピューSEZの範囲 確定で大統領の同意待ち

ミャンマー西海岸にあるチャウピュー経済特区(SEZ)の開発に関しては、政府の許可を得て国会に上申中だが、大統領の同意書が下りれば、直ちに実施していくと同SEZのアドバイサーグループが発表した。

ReadMore

◎Myimakha Media「改正 仲裁法」が82年ぶりに施行

1944年から82年間も続いていた「ミャンマー連邦仲裁法」改正され、施行されたとMTの電子が伝えた。

ReadMore

◎ミャンマーへの海外投資が高まる 間接投資の割合多い日本からの投資

政権が変わり、外資の意欲は明らかに高まってきた。

ReadMore

◎ミャンマー初のゴム中央市場がモーラミヤィンに

ミャンマー初のゴム取引中央市場(Rubba Central Market) が、モン州の モーラミヤィ ンにできると、 ゴム栽培販売者が語った。

ReadMore

◎近代装備の 「SHWE銀行」がオープン

衛星放送など多角的な事業展開する「シュエタンルイングループ」は、先月11日、ヤンゴンのダウンタウンに「Shwe銀行」をオープンさせた。

ReadMore

◎ミャンマー国内でも 注目されるシステム

大和総研が構築したミャンマー中央銀行の基幹ITシステムとなる「CBM-NETシステム」(CBM Financial Network System)の引き渡しセレモニーが先月同銀行で行われた。

ReadMore

◎縫製業発展のためトレーニングセンターを設置

ミャンマー縫製業発展のためのトレーニングセンターを作っていくと、商務省の輸出促進部が発表した。

ReadMore

◎農業、医療分野の一部で外資の輸入規制緩和

ミャンマーではこれまで外資企業による輸出入ビジネスへの参入が禁じられていたが、ローカル企業との提携を条件とすれば、貿易業として定款の登記が認められることになった。

ReadMore

◎左ハンドル車輸入政策のため、中古車の値段が高騰か

ミャンマーでは、古い車を輸入税の代わりに回収して輸入するシステムがあり、それ以外の方法での車輸入には輸入税がかかる。

ReadMore

◎ベトナムとミャンマー造船所公社が共同で造船事業を

ミャンマー造船所公社とベトナムの「Dons A Shipbuilding Industry JSC」が共同で造船事業を行うと、同公社が発表した。

ReadMore

◎日立がエレベーター事業に本格参入

日立製作所は自社製昇降機の製造などを行うサイアム日立エレベーター社とミャンマーのプライム・デコ社と合弁会社、日立エレベーター・ミャンマー社を設立した。

ReadMore

◎米国が経済制裁解除を示唆

今回の総選挙の結果を歓迎した米政府は、ミャンマー国軍が結果を受け入れるなら、米国による経済制裁を解除する可能性もあるとの考えを示した。

ReadMore

◎南海通運、緬泰間経由陸海輸送で 日本へ納期短縮へ

泰緬間の陸送を主に参入した南海通運が、先月、第2弾として、ミャンマー国内工場から陸送でタイを経由してバンコク港から船便で日本主要港への一貫物流を開始したと発表。

ReadMore

◎ラカインの石油、天然ガス事業にフランスのTotal社が参入

ミャンマーローカルのMPRL E&P社とオーストラリアのWoodside社が共同で推進中の 「Rakhine海岸油田A-6」に、あらたにフランスのTotal社が共同投資すると、同社が発表した。

ReadMore

◎商|Business Frontline

総選挙ばかりに目が行きがちだが、ヤンゴン証券取引所の開設が年内にも予定されているミャンマーで、大和証券の現地の合弁会社が証券業務を行うための免許を交付された。

ReadMore

◎ミャンマーで事業用車両1500台生産開始へ

「ミャンマーで車の生産がスタート」というニュースは、失礼ながら意外であった。

ReadMore

◎昨年比較で経済成長率が大幅低下に

電力整備はこの国の最優先課題だが、先月、米国のエネルギー供給大手「Black & Veatch」が、東南アジア最大の太陽光発電設備をミャンマーに設置すると発表した。

ReadMore

◎中銀、国内のすべての商取引をチャット決済へ撤底

ミャンマーのチャット安と不安定な通貨振替状況を解決するために、中央銀行が打開策を発表した。

ReadMore

◎失綜技能実習生の難民申請が急増 ミャンマーは失綜者の同数が申請へ

岐阜県内でミャンマー人技能実習生の失踪が相次いでいるというニュースが 今年8月に流れた。

ReadMore

◎タイ矢崎電線がミャンマー進出 正規販売店にはPME社

10月17日、NOVOTEL Yangon Max Hotelにて、タイ矢崎電線の製品発売セレモニー&正規販売店証明書の授与式が開催された。

ReadMore