商│ 関連ビジネスニュース

◎新政権がミャンマー 投資委員会を再構成へ

ティン・チョウ政権時にミャンマー 投資委員会(MIC )を再構成すると、投資企業管理局副局長U Than Aung Kyawが述べた。

ReadMore

◎月間電話料金税 7億Ksを教育分野に

電話利用者たちから得た初の料金税7億Ks(約7,350万円)を、教育分野に使用していく計画だと、財務省のU Mg Mg Win氏が述べた。

ReadMore

◎ロジスティック部門の発展に 60億ドルが必要とADBが

アジア開発銀行(ADB)では、ミャンマーのロジステック部門の発展のために、2030年までにUSD60億(約678億円)を投資する用意があるとのリポートを発表した。

ReadMore

◎アジア開発銀、経済成長率 ASEAN最高と発表

新政権が発足した2016-17年の財政年度には、ミャンマーの経済発展率がASEAN地域内で高くなると、アジア開発銀行(ADB)の調査で報告された。

ReadMore

◎4カ国へミャンマーの米輸出のために政府間の連携を

ミャンマー米を4か国へ輸出するために政府間の連携を強化していくと、ミャンマー米穀物協会の副会長が語った。

ReadMore

◎今年からヤンゴン発展促進計画がスタートへ 事業推進に約470億円の予算計上が

ヤンゴン市の発展を促進させるために2016年の都市計画の中で、「短期計画19プロジェクト」を実施していくと、市の都市計画土地管理局の副局長のU Toe Aung氏が語った。

ReadMore

◎海外投資は雇用を生む労働集約事業を優先して許可へ

新政権で再構成されたミャンマー投資委員会(MIC)は、国内への海外投資の中で、特に労働集約型事業を優先して許可していくと事務局では述べた。

ReadMore

◎商│関連ビジネスニュース

ミャンマー連邦投資委員会(MIC)は、4月から許可待ちだった申請案件、約90件の中で、国内と海外投資11件を新たに認可した。

ReadMore

◎外銀4行が通信塔建設企業に USD約4,000万の融資を

通信塔建設業務などを行うOCKが、国内に支店を持つ外銀4行からUSD約4,000万(約4億円)のを融資を受けると発表した。

ReadMore

◎コンテナの重量記載書の提出で 船積みが可能に

コンテナ輸送に関して、7月1日から重量の記載書の提出を行ってから船積可能になったと、ミャンマー貨物輸送サービス業協会の会長U Aung Khin Myintが語った。

ReadMore

◎三菱商事、地所や官民ファンドが参画した複合プロジェクト ヤンゴンの超一等地でこの国初の日本クオリティーの施設が

ヤンゴンの超一等地であるダウンタウンの中心に、新たなる複合住宅商業施設「Landmark Development Project」(仮称)が現実化した。

ReadMore

◎薬品と薬剤製品輸入に協会の 許可が不要に

薬品や薬剤の輸入に関してこれまで義務付けられていたミャンマー連邦製薬薬剤商会並びに事業家協会(MPMEEA)の価格調査許可書が不要になったと、経済貿易省が発表した。

ReadMore

◎FMIの配当は1株135Ksで、 MTSHは2,500Ksに

証券市場(YSX)に初上場したFMIが、今年度の利益配当を1株135K(約150円)にすると発表した。

ReadMore

◎海外との合弁企業に建設用資材の 正規輸入が可能に

先月から国内企業との合弁会社に対して、建設用資材の輸入を許可すると経済貿易省が発表した。

ReadMore

◎海外からの資金調達がローンの 場合に中央銀行へ通知が必要

海外から融資で資金を調達する場合中央銀行への事前通告が必要で、もしこれを怠れば、この資金の返済で海外送金を行う場合に国内銀行システムが使用不可となると、ミャンマー中央銀行の責任者一人が語った。

ReadMore

◎車に関する総合センターの プランが浮上

ヤンゴン郊外に車に関する販売、営業の拠点を一か所に集めたセンターを作ろうというプランが浮上した。

ReadMore

◎上場2社の株不正取引に厳しい処罰が MTSH、2年以内の新株発行予定なし

5月にこの国2社目の上場を果たした「MyanmarThilawaSpecialHoldings」(MTSH)の株価の初値は4万Ks(約4,200円)でスタートしたが、4日目で7万Ks(約7,500円)まで上昇した。

ReadMore

◎MAPCOが新株主募集のため 証券市場へ申請

ミャンマー農業事業株式会社(MAPCO)が2度目の新株式を発行し、新しい株主たちにも販売出来るように申請したと、株式販売部部長U Thuraが述べた。

ReadMore

◎商│関連ビジネスニュース

先月14日、オバマ米大統領はミャンマーのアウンサン・スーチー国家顧問兼外相との会談後、民主化の進展を評価し、約20年間続いていた米国によるミャンマーへの経済制裁を近々に解除する意向を表明した。

ReadMore

◎外貨管理法に違反した場合の罰金などを制定へ

外貨管理法と指導を守らない外貨両替業者たちに課す罰金額がきちんと定められていないので、罪状によって罰金額を発表するとミャンマー中央銀行は述べた。

ReadMore

◎e-Government制などで ビジネス活動を迅速化へ

国内のビジネス活動を統括してe-Government制とモバイルアップから官庁省などのサービスや情報が簡単に入手出来るようにし、スピードアップ化を図ることを連邦議会に上申すると、上院議長のU WinMyintが述べた。

ReadMore

◎マイクロソフトが政府の IT制度改革を支援

米国のマイクロソフトがe-Government業務とCyber Securityについて、ミャンマー政府と協力して行っていくと同社のミャンマー支店代表Mr.SyWannが述べた。

ReadMore

◎最も透明性が高い 国内トップ企業にFMI

ミャンマー経済支援局(MCRB)が発表したレポートでは、国内企業の中で最も透明性が高い企業はFMI社だとの記述があった。

ReadMore

◎ヤンゴン新住宅建設への 入札希望者を募集開始

ヤンゴン管区HlaingthayarとTanhlin-Kyauktanなどに建設が予定されている家賃一律定額住宅などの住宅建設プロジェクトのために、先月から国内建設業者からの入札希望を募集していると市住宅発達局が述べたという。

ReadMore

◎既存の工業団地の整備改善の必要性が増す。 製造業の存亡の危機に直面する現状にメスが

ミャンマータイムズ紙によれば、ヤンゴン市当局は、民間企業に対して既存の工業団地への投資を促進させる計画だという。

ReadMore

◎ASEAN統合で貿易額増大を計画、申請もネットで

前財政年度の貿易額はUSD27億(約3,200億円)であった。

ReadMore

◎会社登記料が改定へ 非公開会社を優遇

ミャンマーの会社登記料を改定したと、投資企業管理局(DICA)が発表した。

ReadMore

◎ティラワで天然ガス発電所が稼働開始

現在、ティラワ経済特区では20工場のうち9工場が稼働中だが、ほとんどが製造業だ。

ReadMore

◎ミャンマー経済の発展が加速し 8%以上にと予測が

現政権時にミャンマー経済の発展が加速して行くと世界銀行の在ミャンマー世界代表であるMr.AbdullaRaysetが現地紙へ語った。

ReadMore

◎商│関連ビジネスニュース

コンドミニアム法が施行されたら、外国投資と外貨収入が増加するとヤンゴン管区不動産業協会副会長U AungTunが述べた。

ReadMore

◎市内の工業団地の売買取引が停止

2年前くらいから工業団地の売買が冷えこんでいたが、現在は停止状態だと、不動産業者たちが述べた。

ReadMore

◎初上場企業FMIをめぐる明と暗

ヤンゴン証券市場で唯一の上場企業であるFMIが、グループ企業であるYoma銀行に、Bangkok銀行からのローンで9億Ks(約9千万円)以上の投資を行ったと述べた。

ReadMore

◎貿易ビジネスへの  不必要な制限を徹廃へ

多くの制限がある貿易部門に、緩和可能な制限を極力撤廃していくと、経済貿易省大臣Dr.ThanMyintが述べた。

ReadMore

◎商│ 関連ビジネスニュース

ミャンマーの上場企業であるFMI社は傘下のFMI航空が業績不振のため投資を削減したと、FMI社の担当者が述べた。

ReadMore

◎Yoma銀行が700億Ks(約60億円)の融資を中小企業へ

FMIグループ傘下のYoma銀行は、国内企業へ融資している総額が722億Ks(約60億円)に上っているとFMIのU Thein Wai社長が述べた。

ReadMore

◎投資委員会(MIC)が新たに30件許可

申請中の投資案件100件のうちの30件で、これまでの投資最多分野は工業と住宅建設になったという。

ReadMore

◎商│ 関連ビジネスニュース

政府は先月7日に新しい投資委員会を構成した。

ReadMore

◎国軍所有地の高層ビル建設を 再チェックへ

ヤンゴンのDagon地区の国軍所有地に建設中の高層ビル6棟に対して、YCDCのルールで再チェックしていくとヤンゴン市長が語った。

ReadMore

◎ホテル旅行業務ライセンス認可が厳格化

ホテル観光省が出している業務ライセンスの認可率を、10月から半減させると同局長が述べた。

ReadMore

◎Myanmar Citizen Bankが 株売買取引開始へ

ヤンゴン証券市場(YSX)に3番目の上場企業として認可されたMyanmar CitizenBank(MCB)が先月26日から株売買取引を開始した。

ReadMore

◎ポーランドがミャンマーへ 大がかりな投資計画を

ポーランドはこれまでミャンマーに100万ドル(約1億1千万円)以上投資してきたが、今回国内エネルギー部門に大がかりな投資をする予定だと、ミャンマー商工業会(UMFCCI)が述べた。

ReadMore

◎不動産業者に正式な免許を交付するように連邦大臣へ提案

ミャンマー連邦商工会議所(UMFCCI)は国内各州と管区の経済人との会合で、ミャンマー不動産協会会長が、正式免許の交付を提案したと語った。

ReadMore

◎米国がミャンマーへ 特恵関税制度(GSP)を適用か

米国がミャンマーに対して特恵関税制度(GSP)の適用を行うと、ミャンマーを訪問した米国の副外務大臣Mr. Charles Rivkinとの会談でミャンマー商工連合会(UMFCCI)のDr. Mg Mg Lay副会長が述べた。

ReadMore

◎今年の財政年に国内外の投資で雇用1万以上増大 ティラワへの投資加速で雇用機会も増える見通しに

今年の財政年に国内外からの投資で雇用が1万650人増えたと投資企業管理局が述べた。

ReadMore

◎Chevronが所有ガス 採掘権を売却へ

米国の石油天然ガス会社であるChevronは、ミャンマー国内に所有しているUS 1.3億$(約140億円)相当の天然ガス採掘権を販売するという。

ReadMore

◎商│関連ビジネスニュース

ミャンマー投資委員会(MIC)が新政権発足前に45件の投資案件を承認して話題になった。

ReadMore

◎中央銀行の為替率低下で ドル安が進行中

先月からドル安の傾向が続いている。

ReadMore

◎中国貿易で約12億ドル上昇

ミャンマーの主要貿易相手国である中国との貿易額は、2014-15年より2015-16年の財政年度にUSD12億(約1,350億円)上昇したと経済貿易省が述べた。

ReadMore

◎昨年の海外直接投資が 1兆円を超す

ミャンマー投資企業管理局が先月公表した2015~16年財政年度の海外からの直接投資(FDI)は、USD94億(約1兆1千億円)と過去最高を記録。

ReadMore

◎ヤンゴン証券市場を巡る新たなる動き 不況の不動産投資家たちの熱い視線が

ヤンゴン証券市場を巡る新しい動きが出てきた。ミャンマー信用証明書の監督委員会は基準に合う企業を再選出していくと、発表した。

ReadMore

◎ヤンゴンの新築住宅が下落したが購入が減る

ヤンゴンの新築住宅の価格が下落しているにも関わらず、取引量が冷え込んでいると建設業者たちは語った。

ReadMore

◎商│関連ビジネスニュース

「ティラワSEZ第一期ゾーンB」は、今年末にインフラ整備を行うそうで、対象地域700ヘクタールの内100ヘクタールを先に実施するという。

ReadMore

◎MICが国内外からの投資案件 13件を許可

2月中にミャンマー投資委員会(MIC)が13件の申請案件を許可した。

ReadMore

◎マンダレー管区の不動産と車両税率は新政府が決定

マンダレー管区内で定められている不動産と車両税率が相場より高いと、不動産業界らが批判が出ているが、16-17財政年度の税率は、新政府が決めることと管区財務税制大臣は反論。

ReadMore

◎証券市場の決済銀行に KBZ銀行を選出

ヤンゴン証券市場において申請中だった国内6行のなかから「資金決済銀行」としてKBZ銀行を選出し、証券管理委員会とKBZとの間で契約が締結された。

ReadMore

◎取引開始は1社、法改正で海外合弁企業も上場への道

ヤンゴン証券取引所(YSX)は先月 25日から取引を開始。

ReadMore

◎ダウェイSEZを めぐる動きが 活発化

ミャンマー南部のダウェー経済特区 (SEZ)の動きがやや活発化している。

ReadMore

◎新たに外銀4行に免許交付

ミャンマー中央銀行は、2014年に免許交付を行った日本の3っのメガバンクを含む6カ国9行に続く外銀参入の第2弾として、新たに外銀4行に支店開設免許を交付した。

ReadMore

◎AGD銀行が金を担保した 融資制度を開始

国内銀行の一つであるAGD銀行は、金を担保した融資システムをスタートさせた。

ReadMore

◎ヤンゴン空港に新国際線ターミナルが完成 新空港建設始動で観光立国を目指すが

空港整備が急務のヤンゴンで、先月12日にヤンゴン国際空港の新国際線ターミナルが完成した。

ReadMore

◎商│関連ビジネスニュース

官民の反対で「Dagon Cityプロジェクト」が停止されて7ヶ月になるが、その代替地としてKabar Aye Pagoda道路にある科学技術省の所有地を、ミャンマー投資委員会(MIC)が事業主体のMargaLandmark に 許可したそうだ。

ReadMore

◎MPTが料金補完やサービス店の 展開を開始

ミャンマー通信公社(MPT)が電話料金残高不足の時に、互いに電話で料金補完ができる「Call Me Back」という新しいプログラムを始めた。

ReadMore

◎燃料を適正価格へエネルギー省が 警告書

原油価格低下とともに、国内燃料販売店に適正価格まで下げるようにエネルギー省がミャンマー燃料輸入販売協会(MPTA)へ指示しているという。

ReadMore

◎建築許可申請などがオンラインで可能に

ヤンゴン市内での建築許可申請にオンラインが使用可能になったと市役所(建設部局)が述べた。

ReadMore

◎外国人が40%の所有 権がある法 案が可決

外国人が40%まで所有できるジョイント建物法案を連邦議会が認定したと、議員たちが語った。

ReadMore

◎国内で銀行業務許可申請した 外国銀行は13行に

外国銀行の支店開設許可に関して、あらたに13行が申請しているとミャンマー中央銀行が述べた。

ReadMore

◎ヤンゴン証券取引所取引企業は2,3社か 「Max」グループが参入への意思表示

国内で建設、ホテル、製造業などの事業を展開している「Max Myanmar」グループ傘下企業が、ヤンゴン証券市場に上場する予定があると、ゾーゾー社長が述べた。

ReadMore