Myanmar Local Newsの深読み

◎新企画 Myanmar Local Newsの深読み 記事提供 Myanmar Times

アジア・太平洋地域の多くの若者は、ソーシャル・メディア・プラットフォームとビデオ・ストリーミングを利用している。

ReadMore

◎翡翠ビジネスの光と闇

宝石業界のデータによると、ミャンマー北部のカチン州HpakantとLone Khinには7400か所の活動的な翡翠の鉱床があり、失効した鉱床もすでに1000か所あるという。

ReadMore

中央駅再開発で障害となる不法居住者

ヤンゴン中央駅周辺再開発計画の優先交渉権を得た落札者が決定した。

ReadMore

パスポート申請事務所での憂鬱な光景

ミャンマー人がパスポートを取得する場合、大半の人が居住地近くのパスポート事務所に申請書を提出する。

ReadMore

金採掘権利金の支払いを怠った業者の権利取り消し

マンダレーのMoehti Moemi鉱区で金の採掘を行っていたNational Prosperity Company(NPC)は、政府への採掘権利金を支払わなかったため採掘許可を取り消された。U Thein Soe、天然資源環境省が明らかにした。

ReadMore

IT状況の急速な発展の陰に潜むサイバー犯罪への警鐘

サイバー・セキュリティーの専門家は、過去4年間にIT部門が急速に発展し、ミャンマーの国民が興奮し、膨大な量の情報をWebから得ているため、それに付随する問題も起きつつあると警鐘を鳴らしている。

ReadMore

ミャンマーのメディアが抱える「報道の自由」と媒体存続

ミャンマーのメディア改革は2012年に開始され、以来メディアの景観は浮き沈みしている。

ReadMore

ミャンマーの「角膜移植」の現状

ヤンゴン眼科病院の幹部によると、現在、角膜移植を必要とする多くの人々がドナーを待っているという。

ReadMore

食材として希少性の高い「燕の巣」をめぐる話題

最近、地方自治体政府とアジア財団が発表した予算リストによると、燕の巣の生産者は、ミャンマー南部のTanintharyi地域に多額の納税を行っているそうだ。

ReadMore

スタバ参入で激化するミャンマーのコーヒーチェーン市場

スターバックスがミャンマー初の店舗開設に舵を切った。これで東南アジアではラオスを除く各国に店舗を開設となった。

ReadMore

外国企業に門戸開放したミャンマー小売り市場の行方

ミャンマー商務省は、外国企業と合弁企業が小売業および卸売業の事業を行うことを許可したことを明らかにした。大手企業グループは、この動きがミャンマーへの投資を誘致するための正しいステップであると、歓迎の意向を示した。

ReadMore

日本人観光客へ無料ビザ免除入国を検討中

ミャンマー政府が、日本人と韓国人のために、ミャンマーへのビザなし入国を許可し、中国観光客へは到着時にビザを発給する方針だと、ホテル観光省の顧問がミャンマー・タイムズに語った。

ReadMore

ミャンマーを席巻するオンライン食品ビジネス

ミャンマーのオンラインによるフードビジネスは、数百万人のネットユーザーの間で人気急上昇中だという。  ネットが普及するにつれ、人々はオンライン・ショッピングでタイやシンガポールから衣服やアクセサリーを輸入し、ソーシャルメディアを使って加工食品や揚げ物、スナックなどを購入しているという。

ReadMore

ジャマイカのレゲエとラスタ文化がコラボした店が出現

北ダゴンの静かな通りに、突如、赤、黄、緑の縞模様で飾られた派手な店が出現した。その中央にはレゲエの伝説的な歌手ボブ・マーリーの3mにも及ぶ笑顔の壁画が浮かびあがる。

ReadMore

インセイン中央刑務所の面会エリア施設が再建へ

内外に知られるヤンゴンにある「インセイン中央刑務所」(Insein Central Prison)はミャンマー最大の刑務所で、現在、約11,000人の囚人が収容されている。

ReadMore

禁煙規制が強化されてきたミャンマー

今年はさらに2つの地域と1つの州が禁煙施設を設置し、公共の場での喫煙を禁止すると、NGO人民健康財団のU Than Sein会長は述べた。

ReadMore

JICAのダウエイ・マスタープランに対する懸念

合法的に必要とされる計画全体の評価なしに、日本が支援する「ダウエイ特別経済地区」(SEZ)のマスタープランの実施は「違法」であり、透明性が必要であるとの指摘が専門家から出ているという。

ReadMore

ビルマ人の心と魂を探求した偉大なる小説家

Nyein Kyawは、70年代半ばから90年代半ばにかけて、ミャンマーで最も尊敬され、よく知られた作家の一人であった。彼は恋愛と結婚について数十の小説と短編小説を書いた。

ReadMore

少数民族が危惧するマイノリティー言語の消滅化

軍事政権下における少数民族グループへの「Burmanisation」(ビルマ化)は、民族伝統や言語の存在を脅かし、ミャンマーの少数民族の間で紛争の原因の一つとなっていた。現在のミャンマー語の教育制度は、ミャンマー語を話す同級生についていけない子供たちにとって不利な状況にあるため、少数民族の公正平等という観点から大きな障害となっているようだ。

ReadMore

JHの保健師がミャンマーでの 活動報告を発表

国際医療ボランティア組織である認定NPO法人ジャパンハートの児童養護施設ドリームトレインに、長期ボランティアとし参加していた元保健師の感想がプレスリリースで明らかにされた。

ReadMore

ミャンマーは日本への介護福祉実習生派遣の認可へ

ミャンマー政府は、日本への介護福祉技能実習生の派遣を正式に行う予定だと、連邦共和国議長のU Peter Nyunt Maung氏がミャンマー・タイムズに語った。

ReadMore

マンダレーの正規ボトラーを圧追する不法な飲料水工場

ミャンマー飲料水起業家協会のMa Su委員長は、マンダレー地域の多くのボトル飲料水製造業者が、不公正競争で正当なボトラーを圧迫している、と述べた。

ReadMore

ミャンマー薬物撲滅の希望の光をともすシャンの村から

見苦しく荒れ果てた山々に囲まれた丘陵地に位置するホーホイ村(HO–Hoi)は、5月中旬の夏の太陽の下、暑く湿度の高い空気の中にあった。  しかし、ホーホイ族の村人たちは、不毛の脅威から解放されて以来、境界線もわからぬ山々と不気味な気候を祝福とまで考えるようになった。

ReadMore

女性に対する暴力に責任を負う文化とは

ミャンマーの伝統的文化慣習では、女性は家事に従事させ、彼女らの権利についてほとんど意識することなく家庭内暴力に対しては無力である。ヤンゴン地域社会保健大臣ナンリン氏はこう語った。

ReadMore

銀行融資を前提とした史上最大の不動産エキスポ

不動産仲介業者のシュエ・プロパティーは3月16日から3日間、ヤンゴンのTatmadaw Hallで、この国最大の不動産展示会を開催する。60社~300社以上が参加するこの不動産エキスポの特色は、銀行からの支援を受けて中産階級を対象としていることだ。買い手には新しい物件に必要な資金が提供されるという。

ReadMore

ミャンマー居住外国人にYSXでの取引解禁へ

8月1日から「ミャンマー会社法」が施行される予定だが、この法律にはミャンマー在住の外国人がヤンゴン証券取引所(YSX)で株式売買を行うことが許可されていると、YSXのシニア・エグゼクティブ・マネジャーがミャンマー・タイムズに語った。

ReadMore

死者を食い物にする商売

エャワディ地域のHaing Gyi島に住む22歳のPhu Pwintさんは、叔父の癌を治療するためにヤンゴン総合病院(YGH)に連れていった。しかし、治療2ヶ月後、彼は死亡した。  「叔父は午後11時に死亡しました。私はすぐに彼を帰宅させたいと思っていましたが、どの葬式援助サービスを呼び出すべきか分かりませんでした。それで、叔父の遺体を家に持ち帰れる可能性のある手段を病院に尋ねたところ、移動には70万Ks(476米ドル)がかかると言われました。」

ReadMore

ピンウールィンに不動産バブル到来か

Mandalayから2時間程度の距離にあるピンウールィン(旧MayMyo)の不動産需要は、緩やかだが上昇している。4月以降、とくに旧植民地時代の丘陵地での不動産販売が増加した。

ReadMore

「生産国協会」に加盟してゴム産業の立て直しを

ミャンマーの主要資源のひとつであるゴムは、「天然ゴム生産国協会」(ANRPC)に加盟すればより大きく成長できると、農林水産省(MOALI)のU Hla Kyaw副大臣は述べた。

ReadMore

西欧人激滅で苦悩するミャンマー観光業界

ミャンマーを訪れるヨーロッパ人旅行者の減少は、こうした観光客に頼っていたローカルの旅行会社を直撃した。ラカイン州北部の人道問題により引き起こされネガティブな印象は、西欧の旅行者の低下につながり、他方中国などのアジアの訪問者数は急増した。

ReadMore

外国語表示の輸入品にミャンマー語説明の義務付け

ミャンマーの消費者局は、消費者の安全を守るために、現在市場に出ている外国語の商品説明しかない製品について、来年4月26日までにミャンマー語による商品説明を表示する義務付けを決定した。

ReadMore

マイクロファイナンスの融資をめぐるの問題点

ミャンマーのマイクロファイナンス業界(MFI)は、小口融資の貸付ですでに3兆9000億Ks(約4250億円)、利用者は約3百万人にもなっているという。財務省の金融規制局によると、後発の金融会社が債務者に一時的な救済をもたらしてはいるが、一方では多くのケースが過剰債務に陥っているという。

ReadMore

ヤンゴン政府がタクシー車の規定違反に厳格に罰則規定

ヤンゴン管区政府は、タクシー運転手たちと面談し、車内の様子が分からなくなる可能性のある薄い膜やステッカーを窓に貼った車両は解体される方向性だと説明している。  運転手たちは、規制違反を犯した人が罰金を払っても免許を更新できないと訴えていた。また、彼らのそうした違反車両は他の州や地域に追放され、ヤンゴンでは運転不可となっている。

ReadMore

急速なデジタル化の脅威と戦う印刷業界

MCM PrintingのGMであるポール・リム氏は、今、業界がどのように混乱しているのか、そして同社がどのように戦っているのかについて語った。MCMは2000年に設立され、現在、ヤンゴンのタケタ地区に2つの生産拠点を持ち、80名以上の従業員を雇用している。

ReadMore

「エコツーリズム」がミャンマーの観光の目玉になるか

ミャンマー、というより東南アジアで最も高い山であるKachin州のカカボラジ山(Mt.Khakaborazi標高5881m)に、スキーリゾートが建設され、ホテル観光省によれば年内に開業する予定だという。

ReadMore

庶民の生活を直撃し始めたチャット下落

対米ドルのチャットの下落は、米、魚、肉、野菜のような毎日の生活必需品を直撃し始めた。ミャンマーの庶民、特に主婦たちの間からは塩、魚ペースト、そして食生活に重要な米、卵、玉ねぎなどや他の調味料の価格さえも上がっていると不平が出ている。

ReadMore

狂犬病、100%予防可能な殺人者

ヤンゴンの某病院の小児病棟では時々悲劇的な光景に出くわす。14歳の男子Mioは手足をべッドに縛られ、異常な喉の渇きに苦しんでいた。傍らの母親の手にはビーカーに入った水が握られていたが、もし水を飲ませると彼の脳がウイルスで混乱し、恐怖感から激しい痙攣を引き起こすのだという。

ReadMore

観光立国タイに学んで改善を計る時が来た

今年はASEAN創立50周年を迎え、祝賀行事の一環としてタイのジャーナリスト協会は、ASEAN諸国の17名のジャーナリストを「ASEANトラベルジャーナルキャンプ」に招待した。記者も参加した今回の主たる目的は、ASEAN諸国の相互理解を深めることと、タイの繁栄を極める観光業を解明することだった。

ReadMore

ミャンマーではなぜアジアの翻訳作品が出版されないのか ZON PANN PWINT

ミャンマーでの翻訳作品の普及はまだ脆弱だ。ローカルの調査では、人気のある作品カテゴリーは、シャーロック・ホームズやチャールズ・ディケンズのような英文学の古典、ドナルド・トランプのような有名人の伝記だという。

ReadMore

なぜ、ローカル企業は優秀な人材を維持することが難しいのか

ミャンマー企業は多くの試練に直面している。その一つは熟練した従業員がいないこと。これは大半の企業が限られたトレーニングしか実行できず、人事体制の脆弱さによるものだろう。

ReadMore

ヤンゴン総合病院で8ヶ月間に狂犬病で18名が死亡

ヤンゴン総合病院のある幹部は、今年初めから8ヶ月間に狂犬病で18人が死亡したと述べた。同病院のKhin Theingi Myint博士は、死亡数はこの病院での数で、全国的に見ればその数は増加するだろうと語った。

ReadMore

Shwedagon Pagodaの寄贈品「金の葉」の生産工場

Shwedagon Pgodaの加工製品生産所内に、金を製粉して寺院に寄贈できる「黄金の葉」を大量生産する金型工場を建設すると、保存委員会のU Tun Aung Ngwe委員長が語った。

ReadMore

ミャンマー人がタイの宝くじで高額賞金を射止めたら

タイで12年間働きながら暮らしているミャンマーの夫婦が、タイの宝くじでついに600万バーツの(US$182,898)の高額賞金を当てた。  今回の当選者であるKo Than Tintと妻のMa Sa Sabo Ooは、バゴー管区からタイのSamut Prakan州のガス工場へ働きにきていた。

ReadMore

ミャンマーの闇

ミャンマーは、公式にも、またはその他のルートでも、貴重な天然資源が豊富に埋蔵されていることを自負している。そのひとつの資源がヒスイである。しかし「Global Witness」のような非営利組織によって提供される公式データと、実際の採掘、取引額との間には、大きな差異があるという。

ReadMore