連載

◎街│新連載 第5回「タウンシップを徘徊する」

トレンドに敏感な若者に人気のエリアに ヤンゴンの「吉祥寺、国立」的なエッセンス Lanmadaw Township ラマドゥ・タウンシップ

ReadMore

◎街│新連載 第6回 「タウンシップを徘徊する」

国際色豊かなグルメゾーンや高級住宅が集まる 「シェダゴン」近接だがノリは“港区”的風情が Dagon Township ダゴン・タウンシップ

ReadMore

◎最終回 ミャンマーの税制 わかりづらいミャンマー税制

1月から開始したこのシリーズも今回が最終回です。一部でようやく自主申告制が導入され、新たな申告フォームもできましたが、ミャンマー税制には、多くの課題が山積しており、何から手をつけてよいやら、課税当局もよくわからないのが現状ではないのでしょうか。最後に、新自主申告フォームを簡単に見るとともに、それに関連した範囲で、経費の損金性及び所得課税について、簡単に触れてたいと思います。

ReadMore

◎第9回 ミャンマーの税制 「わかりづらい法人税」(その1)

 難解な項目が多いミャンマーの税法だが、今回は法人税について解説してみた。申告方法から計算方式まで、まずは基本的なことからできるだけわかりやすく説明してみたい。

ReadMore

◎第10回 ミャンマーの税制 「わかりづらい法人税」(その2)

前回は、実際のミャンマー法人税申告書は、こんなに簡単で、納税者が所得や税額を計算する欄すらないと記載しました。しかし、ミャンマーでは申告書を提出しても、Tax clearance certificate(申告完了証明証)を税務当局から発行してもらわないと、事業活動に大きな支障をきたす場合がございます。今回はこのあたりの経緯を説明していきます。

ReadMore

◎第11回 ミャンマーの税制 「わかりづらい法人税(その3)・・グロスアップ

海外ではよく“源泉税は相手先(支払者)負担の契約です”といった言葉を耳にします。今回は、法人税の個別テーマとして、源泉税を支払者(徴収義務者)負担とした場合の税務上の取扱をみてみたいと思います。

ReadMore

◎第8回 ミャンマーの税制 「わかりづらい商業税」(最終回)

商業税の項目を終えるにあたり、最後に売上げについても少し触れておきたい。仔細に見ると色々あるが、例えば、文中冒頭に示した設例の課税関係はどうなるのか、ミャンマー商業税の特徴とも思われる部分なので、まずここから見てゆきたい。

ReadMore

◎第7回 ミャンマーの税制  「わかりづらい商業税(仕入れ控除)-その3」

前2回にわたり、ミャンマー商業税の問題を取り上げてきた。明確な取扱いが示されていない現状だが、今回は課税仕入れ等を行った課税期間で一括相殺する方法に変更されたのか、その他仕入控除の制限をめぐる基本的な問題について、簡単に触れてみた。

ReadMore

◎ミャンマーの税制  「わかりづらい商業税(仕入れ控除)-その2」

前号の「ミャンマー商業税について」は、いつの時点で支払商業税の仕入れ控除(相殺)をとれるのか、相殺報告書及びその背後にある財務省令の規定から推測される範囲で、たたき台のような意味で記載しました。そこで今号はもう少し微細に検証してみた。

ReadMore

◎第31回 Bagan 通信 バガン最大のミステリー・ダマヤンジーの怪 (2)大僧正出奔

1170年に暗殺されたバガン朝のナラトゥ王ですが、その記録がバガンには残されていないために真相はわかっていません。

ReadMore

◎ミャンマーの税制  第4回「わかりづらい税について」

ミャンマーでは、時たま意味のわかりづらい税に出くわすことがある。輸出入時に課せられる前払法人税もそのひとつ。知りたいと思っている基本的なことがどこにも書かれていないからだ。ただこうした税をある程度整理してみると、ミャンマー税制の特徴の一端が見えてくるような気がする。今回はそのわかりづらい税について説明していこう。

ReadMore

◎ミャンマーの税制  第3回「源泉徴収制度の改正及び留意点について」

2月号で初めに源泉税の問題を取り上げたが、突然この源泉税を改正する財務省令(省令2/2017)が出た。1月10日付で4月1日から施行だという。重要な法令の変更がかなりあるこの国では注意していくべき点だろう。

ReadMore

◎ミャンマーの税制  第2回「ミャンマーにおける源泉徴収制度」

先月号からスタートしたミャンマーの税制度について、専門家ができるだけ正確な情報を紹介していく。今回は源泉徴収制度についての仕組みや制度上の問題に焦点を当てた。

ReadMore

◎ミャンマーの税制 第1回 わかりづらい税務制度の現況

ヤンゴンでの会計事務所業務に従事してみますと、税法や組織が未整備なうえ、規定通り執行されていないもの、また現場の対応も一貫しない等、税制及びその執行・実務とが混沌とした状況にあるようです。

ReadMore