ミャンマー人の肖像

◎ミャンマー人の肖像

夢は「ミャンマーの発展」と 「若者たちのスキルアップ」に  日本語学校を核に多角的な事業を 展開する実業家の 「良心」

ReadMore

◎ミャンマー人の肖像

厳しい修行に耐えて念願の和食の料理人に 満を持して開いた日本食店が評判を呼ぶ

ReadMore

◎ミャンマー人の肖像

数々の古典を世に出し、漫画出版にも尽力する出版人 ミャンマーの読書人口の減少や配本制度も憂う作家

ReadMore

◎ミャンマー人の肖像

ミャンマー飲食ビジネス業界に君臨するカリスマ経営者 音楽を愛し、スタッフからも敬愛を受けるCEO の素顔

ReadMore

◎ミャンマー人の肖像

40代の若さで映画界を牽引する大御所俳優の素顔 この国初の不妊治療に賭けて待望の子宝を授かる

ReadMore

◎ミャンマー人の肖像

「鬼才と言われる映画人の生き方と哲学」

ReadMore

第11回 ミャンマー人の肖像 たぐいまれな先見性で次々にビジネスを成功に導く 日本人への助言は「5100万の市場を視野に置くこと」

軍事政権時代の1988年に起きた大規模な民主化運動で大学は封鎖され、公的機関も停滞を余儀なくされた。このため、この年からミャンマーの優秀な人材が海外へ流出したといわれている。  今回紹介するハンさんもその一人だった。大きな夢と野望に燃えて大学生活を送っていだが、勉学の場を失い、矛先を海外に向けざる負えなかった。その選択肢に選んだのが日本だった。

ReadMore

第10回 ミャンマー人の肖像 ボ・ボ・テさん 日本で培った15年の経験を生かして農業ビジネスへ 日本の鶏糞肥料でミャンマーの土壌改良に邁進する

生まれはミャンマー西部のエャワディー管区パンタノ。我々日本人にはなじみのない地名だが、1960年代に米ソのキューバ危機回避に奔走した当時のビルマ出身の国連事務総長ウ・タント氏の生まれ故郷としてミャンマー人にはよく知られている。  今回紹介するボボテさんにとっても、彼は故郷の英雄で誇りでもあった。そしてボボテさんは、世界を相手に堂々とわたり合うウ・タント氏のように、子供のころから自分も海外へ出て活躍したいという夢をもっていた。

ReadMore

ミャンマー人の肖像 中古車輸入で成功した日本式堅実経営と先を読む力 建設トレーニングセンターで即戦力の研習生を養成 U Moe Aung モー・アウンさん G.G.G.Co Ltd CEO

1988年のこの国の歴史に残る民主化デモ以降、海外へ向かった知識人や若い学生たちがかなり出現した。国の騒乱状態の中で将来の希望や夢を海外で見い出すため、半ば無念の思いで脱出したのだ。  この方もその一人だった。

ReadMore

第12回 ミャンマー人の肖像 ミャンマー伝統音楽界で脚光を浴びる18歳 Nay Chi ネイ・チさん ミャンマー伝統音楽歌手全国放送された新人発掘コンサートで高評価

久々にミャンマーの伝統音楽の若き歌い手が現れた。今年の水祭り前の4月9日にヤンゴンの国立劇場で行われた「ミャンマー伝統音楽新人披露会」で、昨年に続いて出場したNay Chiさんが、かなりの評判を呼び、有望新人として脚光を浴びてきた。

ReadMore

第15回 ミャンマー人の肖像 数々の国際賞に輝く気鋭の写真家 iPhone作品で世界的な評価が下る 数々の国際賞に輝く気鋭の写真家 iPhone作品で世界的な評価が下る

まず、掲載した写真をご覧いただきたい。いずれの写真もアングル、色彩、被写体の表情や動きなど、どれをとっても非常にインパクトのある秀逸な作品である。  撮影者のZarni Myo Winさんは、ミャンマーの伝統文化や人間たちの深層を撮り続ける写真家である。

ReadMore

第13回 ミャンマー人の肖像 U Tsit Naing ZWARE GROUP Managing Director

土地選定からアフターまで自社で責任を持つ一貫体制 この国では稀有な高い意識を持つ建築業界の革命児か

ReadMore

第15回 ミャンマー人の肖像 ピヨー・ウィン・トン タニンダリー管区政府経済計画大臣兼 ダウェイSEZ開発副委員長

「南部経済回廊」でメコン諸国との関係性が増す将来性十分の管区 東南アジア最大級のSEZに日本とのパートナーシップ強化を期待 忙殺されるスケジュールの中で、大臣は快く弊紙のインタビューに応じてくれた。ネピドーでの中央政府との会議の後で、ダウェイへの帰途につく乗換え時間の合間に、ヤンゴン空港で貴重なお時間を頂戴し、当該担当大臣に「ダゥエイSEZ」やインフラ整備など管区内の動きを中心にお話を伺った。

ReadMore

ミャンマー人の肖像 第16回 U Thant Zin Tun タン・ジン・トン MGS Group Vice Chairman

ミャンマー在住邦人の中でも、「MGS Group」の名を耳にしたことのある方は少なくないかもしれない。正式名は「Myanmar Golden Star Co. Ltd」で、いまや食品、アルコールおよびソフトドリンク、銀行業、医療サービス、農業、天然資源、鉱業、航空業、電気通信、家電取引および流通、小売業、ホテルおよび不動産など、まさに多角的な事業を手がけているミャンマーの一大財閥グループである。

ReadMore

第17回 ミャンマー人の肖像 John Lwin ジョン・ルイン Stars & Models Int'l Co. Ltd Star Event Production Co. Ltd Managing Director & CEO

「子供のころは歌手になりたかったんだよ。」  今や、ミャンマーのファッション業界の頂点に君臨し、”ミャンマー・ファッションビジネス界の父“とまで呼ばれるジョン・ルイン氏は、インタビューの冒頭からこう言って無邪気な笑顔を浮かべた。

ReadMore

ミャンマー人の肖像 第18回 U Sai Htun Myo Thant サイ・トン・ミョー・タン Yoe Yar food Beverage Co. Ltd Shan Yoe Yar Restaurant Director & CEO

ヤンゴンのシャン料理店「シャン・ヨー・ヤー」は、ミャンマー在住の邦人の間でもよく知られた名店である。今から7年前の2012年に開業してから、2年前にスーレースクエアー2階に、今年はヤンキン地区に3号店を、さらに年内には市内北西部のミンダマ地区に4号店を出店予定というからまさに日の出の勢いであ

ReadMore

第1回 ミャンマー人の肖像 PART-2 ミャンマーの著名なティシュペーパー画家 ドバイの世界的な芸術展に出展して評判を呼ぶ Nataasha Thwin ナターシャ・ッィン 画家、ファションデザイナー

世界的に有名なティシュペーパー・アーティストでミャンマー出身のNataashaさんが、アラブ首長国連邦の首都ドバイで開催された「 World Art Dubai 2019」 という大きな芸術展に出展して大変な評判を呼んだという。

ReadMore

第19回 ミャンマー人の肖像 U Myint Maung ミン・マウン Thanintharyi Region Chief Minister タニンダリー管区首相

ヤンゴンエリアに暮らしていると、政治、経済ならネピドーやマンダレーが中心となり、観光ならバガンやインレーあたりが話題に上る。しかし最近はミャンマー南東部に細長く伸びるタニンダリー管区への注目が以前より増している。

ReadMore