Opinion

今月の視点 自分の目と足で確認しないと正確な情報は把握できない

先月の終わり近くまで、朝晩はまだ快適な気候であった。しかし日中は少しづつだが、暑さが増してきたような気がする。

ReadMore

◎今月の視点 名スポークスマンWin Tin氏が存命だったならば、、、

ちょうど4年前の2014年4月21日に、ヤンゴン総合病院で病死したU Win Tin氏を思い起こさずにはいられない。享年85歳だったが、彼はそれまでNLDの有能なスポークスマンとして党とスーチーさんを支えてきた。

ReadMore

新連載 ミャンマーの税制・・・Part-2「ミャンマー商業税と仕入控除制限」 

外資はこれまで卸、小売りが原則禁止され、また製造活動もあまり活発化していなかったので、商品や製品在庫と商業税の関係については、さほど問題にならなかったかもしれない。しかし今後、卸・小売りが解放され、外資の生産活動も活発化してくると、在庫や販売不能商品について、商業税の取扱いが問題とならないのか、若干気になる。これまで具体的な問い合わせや指摘等を受けてはいないが、ミャンマーの法令や運用面で気になる取り扱いがあるようで、以下見てゆくことにする。

ReadMore

今月の視点「貧しさ」は時が解決。「卑しさ」は国民の自覚が解決

ところで、話は変わるが、先般某スーパーのレジでこんな光景を目にした。西洋人と思しき男性が順番待ちをしていて、先客が精算を終わろうとした瞬間、ジュース1本を手にした若者がその西洋人の前にスッ―と割り込んだ。

ReadMore

◎今月の視点 自家用車の市中心部への乗り入れ規制を真剣に考える時が来た

例年より乾期の本格化がもどかしかったが、ミャンマーの気候はやっと安定してきた感がある。      

ReadMore

今月の視点 マハティール首相が手本にする日本の「恥の文化」を誇りに

やはり到来した。先月終わりごろから日中の暑さが半端ではなくなった。現金なもので、それまで寒い日本を横目で見ながらほくそ笑んでいたが、日本から来た人が「もうすぐ花見の時期、気温も17,8度まで回復してきた」などと告げられると

ReadMore

急速なデジタル化の脅威と戦う印刷業界

MCM PrintingのGMであるポール・リム氏は、今、業界がどのように混乱しているのか、そして同社がどのように戦っているのかについて語った。MCMは2000年に設立され、現在、ヤンゴンのタケタ地区に2つの生産拠点を持ち、80名以上の従業員を雇用している。

ReadMore

「エコツーリズム」がミャンマーの観光の目玉になるか

ミャンマー、というより東南アジアで最も高い山であるKachin州のカカボラジ山(Mt.Khakaborazi標高5881m)に、スキーリゾートが建設され、ホテル観光省によれば年内に開業する予定だという。

ReadMore

今月の視点 覚悟を決めて日本型「移民法」の下でアジアの労働者と共生を

「旅に出たくなった。」雨期が去り、爽やかこの上ないシーズンの到来で、日々そう思うことが多くなってきた。ヤンゴンの喧騒を離れて、この時期から朝晩は少し肌寒いくらいのシャン州の高原で、名産の「エィターヤワイン」でも飲みながら、のんびり読書でもしたくなった。

ReadMore

今月の視点 経済の活性化を妨げる「ドルピン札至上主義」を即刻やめよ

狂乱の水掛祭りも無事に終わり、ミャンマーは新年を迎えた。毎度のことながら、軽トラの荷台に乗って放水の雨を浴びながら歓喜する若者たちを見ていると、「若さやなぁ」とやや執妬めいた感情を持つ。

ReadMore

◎今月の視点 もう、この国に「アーナバーデー」(遠慮します)はいらない

10月の声を聞き、ほぼ雨季が去った感がある。

ReadMore

◎今月の視点 この国の電力インフラ改善は、官民を挙げた日本の“良心”にかかる

先月19日の満月の日に、雨季と決別する祭り 「ダディンジョ」が行われ、ミャンマーは本格的な乾季となった。

ReadMore

今月の視点 狭い邦人社会で根拠のない誹謗中傷はもうやめるべき

雨期が峠を越し、待望の乾季の到来かと思ったら、先月後半に低気圧がやってきて、再び傘の心配をしなくてはならなかった。夏場から初秋にかけて台風が頻発した日本もそうだったが、今年のミャンマーの気候もどこか変で、雨が何かしっこい気がする。

ReadMore

特集 単純労働者受入れの「新入管法」は移民政策ではないのか 曖昧な対応で外国人労働者の人権、権利の軽視は止めよ

少子高齢化で深刻な労働力不足に直面している日本で、外国人労働者の受け入れ拡大を目指す「出入国管理及び難民認定法(入管法)」が、今月12月に成立の見通しである。政府は「移民政策」ではないと言い張るが、対応を誤ると現行の「実習生制度」の二の舞になりかねない。ミャンマーを含め、労働者の主力となる東南アジアの若者の人生をも左右するこの改正案を、諸外国の例を踏まえて検証してみた。

ReadMore

◎今月の視点 国を良くするためには、社会全体の意識向上が絶体条件

日中の温度計がウナギ上りだ。今月中旬に「水祭り」 というイベントがあるミャンマーは、この期間が暑さのピークとなる。

ReadMore

◎今月の視点 がんばろう!ミャンマー! Pray For Myanmar

5月の終わりごろから9月かけて、この国は雨季に 突入する。

ReadMore

◎今月の視点  心してミャンマー語版の発行へ。カンボジアの情報も双方向で  

10月の声を聞き、ヤンゴンの街には活気が戻ってきた。

ReadMore

ミャンマーにおけるオフショア・IT人材が人気の理由

オフショアが進んでいる国と言えば中国をイメージする人も多いと思います。2000年後半からは中国の景気が上向きになり人件費が高騰したことから、新たなオフショア開発のトレンドとして注目されているのがミャンマーです。今回はミャンマーにおけるオフショアやIT人材が人気の理由について紹介していきます。

ReadMore

◎今月の視点 他者をいたわるミャンマー人こそ、真の“文明人”ではないか

雨季が本格化した。朝方はまだいいが、午後から空模様が怪しくなり、何度かスコールに見舞われる。

ReadMore

◎今月の視点 「汽車に乗って、みゃんまーのような“田舎”に行こう」

想定内とはいえ、4月は水祭りを挟んで連日40度の日が続き、やはり暑さは半端ではなかった。

ReadMore

◎今月の視点 創刊4周年特別企画 「メディア人生40年、僭越ながら、今だから『昔話』をお話しします」

長い正月休みも終わり、ミャンマーは雨期を迎える準備に入った。

ReadMore

◎今月の視点  “食”の安全は金では買えぬ。 農業国の命運はモラルと意識の向上にかかる

雨季のおかげでヤンゴンの8月は30度以下の日が多く、過ごしやすかった。

ReadMore

◎今月の視点 「譲る」という風潮が芽生えねば「途上国」のレッテルは永遠に取れぬ

先月後半に低気圧がやって来て、突然の大雨が続いたが、これは本格的雨期と呼んでいいのか、また暑さがぶり返す予感もする。

ReadMore

◎今月の視点 真の「近代化」とは、健常者が弱者を労わりながら推進していくもの

例年のこととはいえ、先月2月の日本の寒波はことのほか厳しかったようだ。

ReadMore

◎今月の視点 何人も”法”の上には立たず、厳格かつ公平な「民主国家」への道を

「新年明けましておめでとうございます」。  年が改まってこうご挨拶させていただいても、毎度のことながら正月の実感は湧かない。

ReadMore

今月の視点 ミャンマーだけを追い込む愚策は止めよ。難民問題はASEAN全体で解決を

新年明けましておめでとうございます。ミャンマーで7回目の新年を迎えた。  「そんなに居たのか」と、時々我に返り思う。月並みだが年月が経つのはじつに早い。  団塊世代の当方は、仮に日本に留まっていたならば、毎日が日曜日の怠惰な生活を送っていたに違いない。たまに帰国して旧友たちと再会すると、その感を一層強くする。

ReadMore

◎介護 外国人技能実習制度の「介護実習生」がついに解禁へ 「期待が高まるミャンマー人は日本の介護福祉の救世主となるか」 深刻な人手不足に直面する介護福祉への就労と今後と問題点

 外国人が働きながら技術を学ぶ技能実習生制度の「介護」の受け入れが、先月1日から可能になった。昨年11月に 「外国人技能実習生の保護に関する法律」が国会で可決成立し、1年後の施行となった。そこで注目を浴びるてきているのが心優しきミャンマー人である。果たして彼らが日本の深刻な人手不足の将来の担い手になるのか。多くの問題をはらむこの制度と介護事業の実情を踏まえて検証してみた。

ReadMore

◎今月の視点 「宿敵にエールを贈る」いさぎよさに光明を見た

さわやかな気候である。朝晩は20度前半になり、湿度も低め。エアコン要らずの日々になってきたが、爽快な事といえば、先月の総選挙とその後の経緯もそうだった。

ReadMore

今月の視点、「貧しさ」は時が解決。「卑しさ」は国民の自覚が解決

順番待ちができぬ国民なのか なぜ周囲が注意をしないのか

ReadMore

◎今月の視点 若者たちに「ミャンマードリーム」を。だからあえて”火中の栗“を拾った。

1月は寒かった。30度近くなる日中はともかく、朝晩は10度前半で、ゴルファーにとってはパラダイスのような気候だった。

ReadMore

◎今月の視点 再燃するミャンマーへの民間支援。「日本の良心」ここにあり。

ミャンマー最大級の仏教寺院で聖院と敬われるヤンゴンの「シュエダゴン・パゴダ」に、外国人観光客向けの携帯型音声ガイド装置「Audio Guide Equipment」が導入され た。

ReadMore

◎今月の視点 日緬60周年、恩義を忘れずに「自戒」の念を肝に銘じて前進へ

「新年、明けましておめでとうございます」 旧年中は本紙のご愛読並びに取材、 広告を含めて大変お世話になりました。本年も、 スタッフ一同より一層の精進を重ねて参ります。 何卒、ごひいきのほどよろしくお願い申し上げます。

ReadMore

◎今月の視点 理不尽な主張を排除し、外国人が安心して住める国へ

雨期の真っ只中になった。朝方に少々晴れ間が覗き、昼前からどんよりとした厚い雲が街をおおい、断続的にスコールをもたらす例年通りのパターンに落ち着いた。

ReadMore

◎今月の視点 “誠”の支援、援助のために「発想の転換」を計ることも

朝の光が柔らかい。10月の声を聞いてミャンマーに乾季がやってきた。

ReadMore

今月の視点「半端ない」ミャンマー人を育てるために心を鬼にして指導を

雨期の真っ只中である。例年なら、日中の晴れ間に激しいスコールが何回かやってくるというパターンだったが、今年は、特に6月後半はベンガル湾から西部のエャワディー地方に居座っていた低気圧の影響で、終日雨か曇天の日が続いていた。  しかし、我々日本人に比べて、この国の人々はもう雨には慣れっ子になっているように見える。猛烈な雨足を見て顔を曇らせる日本人に比べて、大雨でも大半のミャンマー人は平然としている。

ReadMore

今月の視点 人間の命や尊厳を軽視するような行為や言動は断じて許されない

日緬の長い連休が終わり、いよいよ本格的に仕事にまい進するぞと意気込んでいたら、計画停電とやらで出鼻をくじかれ、ジェネレーターのない住居の方々からは悲鳴にも似た声が聞こえてきた。

ReadMore

◎今月の視点  観光立国を目指すのならば、「サービス業」への意識を改革せよ

さわやかこのうえない。朝晩は20度を切り、雨季 のまとわりつくような湿気もない。

ReadMore

今月の視点「潔さ」にみる日本とアジア諸国の意識の差

日本はまだ縦社会である。上に楯突くとおおむね結果は悲惨である。日本の武家社会や旧軍隊が象徴的だが、現在でも会社組織やスポーツの世界でも同様の意識が日常化している。しかしこの慣習により、日本の社会はある程度の秩序を保ってきたはことだけ事実だろう。

ReadMore

タイトル

内容

ReadMore

ミャンマーの税制・・・Part-2  「日系進出企業の税務」そのー1

昨年1年間に渡って連載した「ミャンマーの税制」の第2弾がスタートします。民政移管の2012年以後、ミャンマーでは成立した法律件数も年々増加しているが、法律はできても施行細則がなく、その内容も抽象的。具体的なことは運用で決まる面が多いとよく言われる。そこでPart -2 ではできるだけわかりやすくこのあたりの問題点を解説していきたい。

ReadMore

財団法人を設立する その実態と仕組みから資金調達の方法まで

東日本大震災・西日本豪雨災害後は、日本の富裕層や資金力のあるタレントの社会貢献意識を刺激しているようだ。それだけではなく、2020年東京オリンピック・パラリンピックの影響で財団法人への就活に興味や関心を持つ大学生も増えており、特に女子に人気である。  また、何かと話題となっているZONATOWNの前澤友作社長。その前澤氏が会長をしている「現代芸術振興財団」でバスキアの作品を約62億円で落札して、世界中の大富豪を驚かせた。財団法人とは何か──。その概要を説明したい。

ReadMore

今月の視点 もう「皆で渡れば怖くない」的思考をやめ、「渡ると恐ろしい」という意識を徹底させよ

「新年明けましておめでとうございます。」とご挨拶しても、毎度ながらミャンマーにいると,やはりお正月気分には浸れない。昨年のクリスマスもそうだった。商業施設にはツリーが飾られ、サンタの帽子をかぶったスタッフに「メリークリスマス」と笑顔で迎えられても、コートに手を突っ込んで白い息を吐きながら冬化粧した街角を足早に歩く、あの雰囲気と状況にならないと、やはり気分が今いち盛り上がらない。

ReadMore

今月の視点「利己主義」に走る悪しき慣習だけは断ち切るべき

 先月、年初めにかなり激しい雨が降った。この国に来て9年目になるが、東から台風が来ていたとはいえ、乾季の真っ只中の1月に天候が崩れたのは初めてだった。

ReadMore

◎今月の視点 この国は“フロンティア”ではない。もう思惑含む上目線は止めに

ヤンゴンの雨と女性には勝てない? 男女格差が少なく女性の進出目立つ

ReadMore

今月の視点 銃規制に厳しく、刀剣類に甘い日本での規制強化は急務

雨季の真っ只中に入ったというのに、なぜか電力エネルギー省が期待しているほどの雨量にならない。例年なら激しいスコールが日に何回かやってきて晴れ間が覗くというパターンだったが、今年は様相が異なる。

ReadMore

今月の視点 日本は問題の本質を見失なった画一化社会になってしまったのか

こちらミャンマーは雨季の真っ只中にある。しかし、例年より雨量が少ないように感じるのは当方の思い過ごしだろうか。これまでなら激しいスコールが日に何回かやってきて、その合間に晴れ間が覗いていたが、今年はお天道様があまり顔を出さない。

ReadMore

リアル書店の逆襲が始まった中国 もう電子書籍なんて怖くない

中国の書店に未来はあるのか――。電子書籍の浸透やオンライン書店の価格攻勢を受けて、もはや空前の灯と言われたリアル書店市場がいま息を吹き返した。瀟洒なブックカフェや個性的な店舗がにわかに増加する一方、デジタル技術を活用したシェア図書サービスが普及を始めるなど、アナログ文化との融合を図るイノベーションに熱い視線が注がれている。そして、存在感を示す「日本」関連書籍。東野圭吾や村上春樹、渡辺淳一に始まり、ライフスタイルの指南書やアート、旅行ガイドブックに至るまで、中国の読書人にとって「日本」が大きな関心テーマとなっている。読書マーケットにおける「消費の高度化≒コト消費」の実態を見ていく。 文・写真 近藤修一

ReadMore

特集 特別企画 洪水災害に手をこまねいている状況ではなくなってきた 森林消滅などを防ぐ法律を改定し厳しい管理が必要に

今年7月、日本でも西日本は未曽有の豪雨に見舞われ、甚大な洪水被害を被った。その後8月にはなんと台風20号が襲来するという異常な気象状況になった。こちらのミャンマーでも7月から8月にかけて、洪水による大きな被害が出ている。7月29日にモンスーンによる大洪水で、16名が死亡、15万人以上が避難を余儀なくされた。そこでアジアを中心としたこの地球規模の洪水災害を今一度検証してみた。

ReadMore

◎今月の視点 政治力だけで国は変わらぬ。悪しき慣習を断ち切る覚悟を

水害の影響はまだ尾を引いている。特に北西部は復興に相当時間がかかりそうだという。

ReadMore

外国語表示の輸入品にミャンマー語説明の義務付け

ミャンマーの消費者局は、消費者の安全を守るために、現在市場に出ている外国語の商品説明しかない製品について、来年4月26日までにミャンマー語による商品説明を表示する義務付けを決定した。

ReadMore

◎2018 新春特集 これでいいのか「国連」!

「国益と経済闘争の駆け引きの場になりつつある巨大組織」 官僚化が進む「世界政府」の問題点と存在意義を今一度考察する

ReadMore

ミャンマーのメディアが抱える「報道の自由」と媒体存続

ミャンマーのメディア改革は2012年に開始され、以来メディアの景観は浮き沈みしている。

ReadMore

◎今月の視点 楽して効率は上がらぬ。「改善」とは「効率上げて楽になる」こと。

ヤンゴンの雨季は継続中だ。日本でも6、7月は梅雨、台風で雨が多く、それが止むと猛暑となった。

ReadMore

日本政府が海外からの就労者への新なる指針 深刻な労働者不足に向けた施策は功を奏するか

日本政府が、外国人労働者の確保に向けた新たなる指針を明らかにした。

ReadMore

今月の視点、白人世界の傲慢な価値観に屈することなくアジア人の誇りをもって国造りを

年明け早々、ヤンゴンの朝晩は異常な寒さになった。8日には瞬時だが小雨がパラついた。ミャンマー滞在7年、いずれも経験したことのない現象だった。しかも同日、隣国のバングラデシュでは2,6度で死者も出たという。

ReadMore

IT状況の急速な発展の陰に潜むサイバー犯罪への警鐘

サイバー・セキュリティーの専門家は、過去4年間にIT部門が急速に発展し、ミャンマーの国民が興奮し、膨大な量の情報をWebから得ているため、それに付随する問題も起きつつあると警鐘を鳴らしている。

ReadMore

◎今月の視点 「そんなに急いでどこへ行く。人の命は地球より重い」

先月中旬にミャンマーの気象局から「雨期入り宣言」が出された。

ReadMore

ミャンマーの「角膜移植」の現状

ヤンゴン眼科病院の幹部によると、現在、角膜移植を必要とする多くの人々がドナーを待っているという。

ReadMore

◎今月の視点 “粋”や“義理”まで求めぬが、損得抜きの気概を胸に

ヤンゴンは雨季の様相を呈してきたが、今年は30度後半の猛暑が5月中旬まで続いた。

ReadMore

食材として希少性の高い「燕の巣」をめぐる話題

最近、地方自治体政府とアジア財団が発表した予算リストによると、燕の巣の生産者は、ミャンマー南部のTanintharyi地域に多額の納税を行っているそうだ。

ReadMore

◎今月の視点 メディアの報道姿勢と責任。偏向報道の怖さと弊害

どうやら雨期は終焉を迎えつつあるようだ。

ReadMore

ASEANにおけるミャンマーの国際関係について

ミャンマーは日本との結びつきが深い国で、東南アジアのインドシナ半島に位置しています。共和制国家で、1948年に独立してからしばらくの間はビルマ連邦と言う名称でした。アジアということで当然ASEANとの関係性もあるのですが、ASEANにおけるミャンマーと国際関係についてはどうでしょうか?今回はアジアのミャンマーとしてだけでなく、ASEANのミャンマーにスポットを当てて紹介していきます。

ReadMore

ミャンマーのGDP・経済動向

ミャンマーと言えば、東南アジアの中でも経済成長が著しい国の一つです。アジアで言えば中国やインドが急速な経済成長を遂げている国として知られていますが、ミャンマーはこれらの国との結びつきも大きく、今後は新興国の経済を牽引する国としても注目されています。今回は経済成長と関わりがあるミャンマーのGDPや経済動向などを紹介していきます。

ReadMore

◎今月の視点 「もう、アジアは富裕国の犠牲にはならぬ」今こそ、真に迫るマハティ―ル元首相の名演説。

朝晩、エアコンなしだと少々寝苦しくなってきた。

ReadMore

今月の視点 「マンダレー」に都市機能を分散してヤンゴンの飽和状態を回避すべし

日本は猛暑で大騒ぎ。ミャンマーはあちらより凌ぎやすいが、ヤンゴンを中心とした南部地域は本格的な雨期。お天道様が顔を出していても、すぐに怪しい雨雲がやってくる。だからヤンゴンでは傘は必需品で手放せない。

ReadMore

◎今月の視点 「発想の転換」と「向上心」が日常化していけばミャンマーは劇的に変わる

ついにやってきた。猛暑である。

ReadMore

◎今月の視点 交通渋滞の抜本的解決は「道交法」の強化と「免許制度」の改革から

束の間のいい季節だった。12月から1月にかけてのヤンゴンの朝晩は20度を切り、 爽快だが少々身が引き締った。

ReadMore

◎今月の視点 官民一体となってこそ、真の改革は進む

3月の声を聞くとこちらは“春”。だが年中半袖でい るから四季の感覚は薄い。

ReadMore

◎今月の視点 新しい年に向けて立てた誓いとは

「この国が真価を問われる2015年」

ReadMore

◎今月の視点 日緬の経済・文化交流、新時代の幕開けへ

去る10月29日、ヤンゴン郊外に計画中のハンタワディ新空港建設の優先交渉権を韓国企業グループに代わって獲得した日揮、シンガポール企業連合に続き、再び日本への信頼感を増幅、再認識させるプロジェクトが始動した。

ReadMore

◎今月の視点 ハードルをさげ、この国の若者たちに本気で支援の手を

朝の光が柔らかい。刺々(とげとげ)しさがすっか り消え失せ、湿度も下がり気味。

ReadMore

◎今月の視点 「期待」と「失望」は紙一重。弱者へ一刻も早い支援の手を

例年のこととはいえ、酷暑である。40度前後の日中は外を歩いているとクラクラする。

ReadMore

◎今月の視点 多くの善意と支援に支えられたプロレス大会はこの国に根付くと確信

今年は強いエルニーニョ現象の影響を受け、世界的な気温変動と上昇が顕著になるという。

ReadMore

◎今月の視点 もう「誇大広告」は駄目。決断遅いが、日本人の結論は早い。

7月の声を聞いて、日本はいよいよ本格的な夏に突入したが、こちらヤンゴンはいつも通りの夏。

ReadMore

ピンウールィンに不動産バブル到来か

Mandalayから2時間程度の距離にあるピンウールィン(旧MayMyo)の不動産需要は、緩やかだが上昇している。4月以降、とくに旧植民地時代の丘陵地での不動産販売が増加した。

ReadMore

死者を食い物にする商売

エャワディ地域のHaing Gyi島に住む22歳のPhu Pwintさんは、叔父の癌を治療するためにヤンゴン総合病院(YGH)に連れていった。しかし、治療2ヶ月後、彼は死亡した。  「叔父は午後11時に死亡しました。私はすぐに彼を帰宅させたいと思っていましたが、どの葬式援助サービスを呼び出すべきか分かりませんでした。それで、叔父の遺体を家に持ち帰れる可能性のある手段を病院に尋ねたところ、移動には70万Ks(476米ドル)がかかると言われました。」

ReadMore

◎ 米ヒルトン、ついにミャンマー本格進出 国内5か所の5つ星ホテルをマネジメント

米国の世界的なホテル・観光事業グループの 「Hilton Worldwide」とミャンマー大手企業の「エデングループ」 が、ついに手を結んだ。

ReadMore

◎今月の視点 本気になった「日本」。今こそ“真意” をみせるべき

雨季は意外に早くやってきた。5月の声を聞いた途端、午後になると天候が崩れ、雨雲がヤンゴン上空を通過するパターンが日常化してきた。

ReadMore

◎今月の視点 モラルや社会道徳の構築は国家ではなく、国民個々の自覚に

新年を迎えたミャンマー。昨年暮れから1月後半までは、朝晩の気温が15度前後ぐらいまで下がり、ここでは少し異常な寒さ?だった。

ReadMore

◎今月の視点 道路と車の改良だけでは抜本的な解決にはならぬ 環状線の再利用こそ交通状況を緩和させる最短手段に

8月も終盤にきて、荒々しかった雨期の天候からやや角が取れた感がある。朝方から乾期のような青空が顔をのぞかせる日が増した。

ReadMore

◎「ラカイン州イスラム系難民問題について考える」

いばらの道は続くがアナン勧告を受けて速やかに認証手続きを 弊紙はこの路線と大統領国家顧問兼外相の良心を断固支持する

ReadMore

◎今月の視点 今、問われるリーダーたるものの“器”と“資質”

どうやら本格的な雨期に入った。午前中の晴れ間など当てにならず、午後は傘が手放せない。

ReadMore

◎今月の視点 「ミャンマーバブル」は去った。 本気で観光客誘致を考えぬと行く末は危うい

インフルエンザ騒ぎで揺れたミャンマーは雨期真っ只中だが、7月に入ってやけに雨の日が多くなった。

ReadMore

◎今月の視点 「世界一優しい民族」に輝いたミャンマーに真の民主主義の到来か

どうも気候が変だ。この国に住んで6年 になるが、11月中旬に雨が降ったのは初めてだ。

ReadMore

◎今月の視点 ミャンマーで事業を成功させる鍵は「報徳的商店経営」の思想に宿る

今年は乾季と雨期の明確な狭間がない。気が付いたらなんとなく雨期になっていたというのが実感だ。

ReadMore

◎今月の視点 「食の安全性」への意識向上こそ国際社会との信頼基盤に

どうやら、雨期のピークは越したような感じがする。8月は日本の猛暑をよそに、ヤンゴンは平均28度程度であった。

ReadMore

◎今月の視点 国、人種、職業を問わず「信義」を貫く姿勢にこそ信頼は生まれる

気候的にはミャンマーは黄金のシーズンに突入した。

ReadMore

◎今月の視点 新年にあたり激動の5年間を振り返る

歳をとると月日の経つのは本当に早い。ミャンマーで早6年目の新年である。

ReadMore

◎今月の視点 創刊三周年に向け支援者とミャンマー人に対して心から御礼を

長い連休の水かけ祭りも終わり、そのあとに日本では黄金週間を迎えた。

ReadMore

「生産国協会」に加盟してゴム産業の立て直しを

ミャンマーの主要資源のひとつであるゴムは、「天然ゴム生産国協会」(ANRPC)に加盟すればより大きく成長できると、農林水産省(MOALI)のU Hla Kyaw副大臣は述べた。

ReadMore

◎今月の視点 “黄金”より大事なことは、人と社会の信頼関係を築くこと

「北日本で大雪が」、という報を耳にしても、ヤンゴンでは実感すら湧かない。

ReadMore

創刊5周年を機に新パートナーを迎えて弊紙はさらに飛翔します

日緬の黄金週間も終焉を迎え、ようやく本腰を入れて仕事に打ち込む気概が出てきた。

ReadMore

◎今月の視点 政権が変化しても、可能性を秘めた国だという認識を忘れずに

どうやら本格的な乾季になって来た。10月は低気圧の影響で愚図ついた天気に往生したが、後半からはさわやかな秋晴れのような晴天が続くようになった。

ReadMore

西欧人激滅で苦悩するミャンマー観光業界

ミャンマーを訪れるヨーロッパ人旅行者の減少は、こうした観光客に頼っていたローカルの旅行会社を直撃した。ラカイン州北部の人道問題により引き起こされネガティブな印象は、西欧の旅行者の低下につながり、他方中国などのアジアの訪問者数は急増した。

ReadMore

今月の視点 チャット危機回避は外貨獲得の早道の観光業への意識改革から

9月も間近になって、ようやく雨期の峠が過ぎ去った感がしてきた。しかし今年はやけに雨が多かった。例年ならお天道様が覗いている間にスコールが何度となくやってくるというパターンだったが、今年は朝からどんより、あるいは夜半から激しい雨という日が少なくなかった。  だが、ミャンマーに限らず、日本も異変続きだった。8月には台風が矢継ぎ早に来襲し、観測史上でも稀な20号まで発生する異常気象だった。こうした気象の激変ぶりを見ると、不安よりも何か地球環境の変化への不気味さの方が先に来る。

ReadMore

第17回「アジアビジネス通信」 チベット自治区の現状を報告 中国が抱えるアキレス腱

新疆ウイグル自治区とチベット自治区──。中国が抱えるアキレス腱といっていい。現在は強い権力によって抑え込んではいるが、いつ反政府暴動が起きるのかわからないエリアでもある。一昨年末から今年にかけ、このエリアを何回か訪ねた。どちらも、「ここまでやらなければいけないのか」と天を仰ぐような状況が続いている。その現実を2回に分けてレポートしてみようと思う。

ReadMore

ヤンゴン政府がタクシー車の規定違反に厳格に罰則規定

ヤンゴン管区政府は、タクシー運転手たちと面談し、車内の様子が分からなくなる可能性のある薄い膜やステッカーを窓に貼った車両は解体される方向性だと説明している。  運転手たちは、規制違反を犯した人が罰金を払っても免許を更新できないと訴えていた。また、彼らのそうした違反車両は他の州や地域に追放され、ヤンゴンでは運転不可となっている。

ReadMore

マイクロファイナンスの融資をめぐるの問題点

ミャンマーのマイクロファイナンス業界(MFI)は、小口融資の貸付ですでに3兆9000億Ks(約4250億円)、利用者は約3百万人にもなっているという。財務省の金融規制局によると、後発の金融会社が債務者に一時的な救済をもたらしてはいるが、一方では多くのケースが過剰債務に陥っているという。

ReadMore

観光立国タイに学んで改善を計る時が来た

今年はASEAN創立50周年を迎え、祝賀行事の一環としてタイのジャーナリスト協会は、ASEAN諸国の17名のジャーナリストを「ASEANトラベルジャーナルキャンプ」に招待した。記者も参加した今回の主たる目的は、ASEAN諸国の相互理解を深めることと、タイの繁栄を極める観光業を解明することだった。

ReadMore

庶民の生活を直撃し始めたチャット下落

対米ドルのチャットの下落は、米、魚、肉、野菜のような毎日の生活必需品を直撃し始めた。ミャンマーの庶民、特に主婦たちの間からは塩、魚ペースト、そして食生活に重要な米、卵、玉ねぎなどや他の調味料の価格さえも上がっていると不平が出ている。

ReadMore

ミャンマーではなぜアジアの翻訳作品が出版されないのか ZON PANN PWINT

ミャンマーでの翻訳作品の普及はまだ脆弱だ。ローカルの調査では、人気のある作品カテゴリーは、シャーロック・ホームズやチャールズ・ディケンズのような英文学の古典、ドナルド・トランプのような有名人の伝記だという。

ReadMore

狂犬病、100%予防可能な殺人者

ヤンゴンの某病院の小児病棟では時々悲劇的な光景に出くわす。14歳の男子Mioは手足をべッドに縛られ、異常な喉の渇きに苦しんでいた。傍らの母親の手にはビーカーに入った水が握られていたが、もし水を飲ませると彼の脳がウイルスで混乱し、恐怖感から激しい痙攣を引き起こすのだという。

ReadMore

今月視点 僧院の孤児たちの支援に行動を起こした在住邦人の善意に続け

やっと雨から解放された感がある。先月の後半から、ゴルフ日和のような晴天で目覚めることが多くなってきた。しかし晴れたら晴れたで日差しは半端ではないからやっかいだ。勝手なものでミャンマーでは雨だ天気だ猛暑などとぶつぶつ言いながら1年が過ぎていく。

ReadMore