◎住|Residence & Office <注目のプロジェクトを覗く>

パラミ通り沿いで空港へも近い高級複合団地 INNO CITY

目次

     韓国を代表する設計会社のPosco A & C, Haeahn , Ace グループによって設計されたこのアパートは、ヤンゴン市内パラミ通りとワィザヤンター通りの角に立つ。シュエマンテュ高速バスターミナルの近くでもある。地下2階、地上30階建ての2棟と、29階建ての3棟から構成される高級住宅は、韓国企業が初めて開発を手掛けた高級アパートだ。INNO GROUP は、すでにミャンマーでは3か所の縫製工場、2か所の包装ボックス工場やHantharwaddyゴルフ場、さらに両替所などを経営、かなりの実積を残している企業だ。
     グループの8番目のプロジェクトとして建設中のこのアパートには、ホテル、ショッピングモール、コンベンション、バスターミナルなどを設け、ットネスセンター、公園などの付帯設備も充実させた。むろん車社会のヤンゴンのため、駐車場スペースも十分に確保した。しかも24時間警備員常駐、CCTV 監視システム、車の出入りを監視するRf Systemや防火システム、バックアップジェネレーターなど住居施設の装備もヤンゴンではトップクラスといってよい。位置的にもヤンゴン空港から6.5㌔、ダウンタウンエリアから8㌔で、オカラッパゴルフ場には近接。プロジェクトは2018年の完成を目指して進行中。上階からはインヤー湖、カバエーパゴダ、シュエダゴンパゴダなどの眺望が広がる。完成後には約5,000人の居住人口になり、ビジネスの拠点としても考えられるだろう。セールスギャラリーがオープンしているので、時間があればのぞいてみたい。

    Tags
    Show More