◎三井物産とMAPCOが 米精製加工工場の建設で合意

国際基準の米精製&加工工場が必要なミャンマーのために、Twante市Phayargoneに、三井物産とミャンマー農業経済株式会社(MAPCO)が共同で、2017年5月までに工場を完成させると、MAPCOが述べた。

目次

    国際基準の米精製&加工工場が必要なミャンマーのために、Twante市Phayargoneに、三井物産とミャンマー農業経済株式会社(MAPCO)が共同で、2017年5月までに工場を完成させると、MAPCOが述べた。
     工場は日産千トンの処理能力を持ち、129エーカーの土地に建設する。第1段階の工程を来年5月までに完成させる。総額6000万ドル(約72億円)を投資すると、MAPCOは語った。MAPCOが高品質の米の輸出を可能にするために、ネピドー近郊にも日産220トン生産可能な工場をさらに建設中と同社は述べた。昨年の7、8月に発生した洪水災難で米の輸出許可は1ヶ月間停止されたが、10月までに海外輸出は回復。昨年同期と同量の60万トン程度になったと、同社では述べた。

    Tags
    Show More