◎ミャンマーが総額600億円分の戦闘機を購入か

ミャンマーがパキスタンから総額約600億円分の戦闘機16機を購入したと、イスラエルの「Defense Update」誌の電子版に掲載された。

目次

    ミャンマーがパキスタンから総額約600億円分の戦闘機16機を購入したと、イスラエルの「Defense Update」誌の電子版に掲載された。JF-17戦闘機一機が3500万ドル(約40億円)で、ミャンマーで初めて購入したそうだ。JF-17戦闘機はデザインを中国国営の「AVIC (Aviation Industry Corporation of China)社が手掛け、パキスタン国軍が製造をした機種。ちなみにミン・アウン。フライ国軍最高司令官は、2015年5月にパキスタンを訪問し、同国空軍、海軍司令官らと会談したと、同誌は伝えている。

    Tags
    Show More