◎翡翠ビジネスの光と闇

宝石業界のデータによると、ミャンマー北部のカチン州HpakantとLone Khinには7400か所の活動的な翡翠の鉱床があり、失効した鉱床もすでに1000か所あるという。

目次

     宝石業界のデータによると、ミャンマー北部のカチン州HpakantとLone Khinには7400か所の活動的な翡翠の鉱床があり、失効した鉱床もすでに1000か所あるという。前政権の下で中国から輸入された重機は、残された宝物を引き出すために昼夜を問わず働いている。 
     しかし地元住民は、掘削を止めることを望んでいるという。Pyithu Hluttaw MP U Tint Soe(NLD; Hpakant)は、厳格な統制を課すよう求めている。「Hpakantのヒスイは10年以内に消滅するだろう。掘削をやめなければならない」と述べた。
     2011~2016年の間に、政府は金属部門から1兆4,330億Ks(約1500億円)、宝石部門から1,兆1千億Ks(約1200億円)を受け取ったという。ちなみに宝石業界の情報源によれば、この期間中に中国と香港に輸出された翡翠の総額は51億ユーロと推定されている。(US $ 563億)。
     しかし、1年前、英国に本拠を置く国際NGOであるグローバル・ウィットネスは、2014年にミャンマーの翡翠鉱が310億ドルで、GDPの48%、保健予算の46倍に相当するとの報告を発表した。この合計のうち、約10%だけが州の税収になったという。
     こうした金銭面の問題だけではなく、 Hpakant周辺の一度の緑の畑は、数千フィートの高地にある掘削の残土による山々が景観を損なうばかりでなく、大雨によりこれらの丘の崩壊により、多くの死亡事故を発生させる要因にもなっている。乗用車と鉱山会社が使用する大型トラックとの衝突によって引き起こる事故も少なくない。
     宝石起業家協会の事務職であるU Tun Hla Aungは、すべての翡翠企業に対し、連邦政府や州政府、地方住民、専門家からの意見を受けて、環境管理計画を策定するよう求めている。
     Hpakant周辺では、翡翠労働に30万人以上が雇用されていると推定されている。彼らはミャンマー全土から来ている。2015年に少なくとも36件の地滑り事故が報告されているが、2016年11月26日に発生した地滑り事故で、約200人の移住労働者が犠牲になった。
     天然資源と環境保護のための連邦大臣であるU Ohn Winは、違法翡翠捕獲者を逮捕して追放し、他者がHp
    akantに来るのを防いでい
    ると述べた。
     政府はミャンマー宝石
    法を見直し、免許や関連
    する犯罪を防ぐために刑
    罰の強化にも取り組んでい
    るという。
     ミャンマーの多くの人々は低賃金にもかかわらず、農業や漁業にとどまっているが、翡翠の誘惑
    によって鉱山に引き寄せられた人たちは、今、彼らが家に帰ることができないことを知る。Magwe地域のU WinTunは、7年間、この翡翠労働に従事してきた。「子供たちを学校に通わせて健康的に暮らすのには十分な収入を得ることができます。
     しかし、私が家に帰ると、私たち家族はは生き残ることができないのです。我々は仕事をしなければならないのです」。
     このような嘆願に応えて、従業員よりもむしろ雇用主の姿勢を正すべきだとの声が上った。 Hpakant MPである U Tint Soe氏は、政府は、労働者の安全を守るために、企業に職場環境の改善させるべきだと主張した。彼は、現在の形では、鉱山労働者、地元住民、に貢献できないだろうと彼は言った、宝石法の法案ドラフトの改正を望むと、彼は言った。
     Global WitnessのスポークスマンJumen Kubbaによると、Hpakantの起業家の90%は中国人であり、抽出された翡翠の50%〜80%は中国に密輸された。ソン・ティント・ソー氏は、「政府は行動を起こさなければならない。起業家は利益を得ており、私たちの国はほとんど何も得られません」と語る。
     Global Witnessによる新しい分析では、ミャンマーの翡翠生産の価値は、2014年だけで310億ドルにも上った。しかし、それはほとんど、あるいはまったく政府に還元されていないという。だから政府は起業家の工作と密輸を調べる必要があるという。
     翡翠産業の大半を占める豊かな中国人の利益のために働くいわゆる民族起業家もいるという。
     MandalayのMahar Aung Myay Kyauk Wineは、ミャンマーの主要宝飾品市場だ。その市場を支配している中国の顧客は、「もはや大きな数字にはならず、買い手が興味を持つ宝石の質と量は減少している」と、トレーダーらに語った。
     より大きな国際市場へのアクセスを改善し、中国市場への依存を減らすために、商務省の貿易促進部は、翡翠と宝石部門を国家輸出戦略に含める準備を進めている。 しかしそれには多くの時間と努力を要するだろう。

    Tags
    Show More