◎ホテルGM(Ko Aung Min Htutさん:General Manager Waminn Hotel Management & Marketing Department)にカヤー州の魅力についてうかがう

 新しく作られた2.5エーカの広さを誇る「カヤーリゾートホテル」は、空港から3分と近く、しかもゴルフ場近接なので日本人の方々にもお勧めだ。そこでホテルGMのKoAungMinnHtut さんに、カヤー州の魅力とホテルの特色をうかがった。

目次

     カヤー州が観光地として知られるようになったのはわずか数年前です。以前は立ち入り禁止区域も多かったですが、もう安全に旅行できるようになりました。地域が開発されるにつれ、観光客も増えてきました。
     現在ホテルには50人のスタッフがいますが、うち40人がカヤー族です。この地域の方々の生活をもっとレベルアップすることを目指しています。学校や信仰センターなどと協力して、インターシップでトレーニングを行っています。カヤー州の人々の主な仕事は農業と機織です。農作用の段々畑は素晴らしい景観を作り出していますよ。現在、国際貿易センター(ITC)と協力して、カヤー州の観光発展を促進中です。
     まだあまり知られてはいませんが、人気観光スポットのインレー湖へも舟で行くことができるんですよ。シャン州のインレー湖、インドージー湖とカヤー州のペコン湖はつながっているんです。そして湖の中に作られている村を見学することもできます。最近はその生活ぶりを見学したいという観光客が増えて、飛行機でカヤー州のロイコーまで来て、ペコンからシャン州のインレー湖にボートで旅行するツアーが流行ってきています。カヤー州をゆっくり観光したい方は、3泊4日の日程がお勧めです。標高が高いですから、景色は素晴らしい。カヤー族以外にも他の少数民族が一緒に暮らしています。
     またカヤー州へ来たら注意したいことは、55%がキリスト教徒で残りは仏教徒と神を信仰する人々です。信仰心が厚く、素朴な生活を送っている地方なので、宗教的に禁止されてる場所への立ち入りはやめてください。外国人立ち入り禁止の場所も、許可を取ってから行きましょう。
     こうしたカヤーの文化と慣習を理解すれば、都会とは全く異なる魅力が見えてくると思います。雨季が終わる時期である9月ごろがベストシーズンです。緑と素朴な笑顔を実感してください。別世界のような素晴らしさが待っています。その観光のベースとなるのが「カヤーリゾートホテル」です。ここでは時間を忘れてください。雄大な自然に触れ、ゴルフを楽しみながら、悠久のひと時をお過ごしください。

    Tags
    Show More