◎JFEが将来の需要に備え高級建材の 現地生産へ

大型複合施設や工場などの建設プロジェクトが増え、大半を輸入に頼る建材用薄板など、需要が増大するとの予測から、JFEスチールではミャンマーでの生産に乗り出す模様だ。

目次

     大型複合施設や工場などの建設プロジェクトが増え、大半を輸入に頼る建材用薄板など、需要が増大するとの予測から、JFEスチールではミャンマーでの生産に乗り出す模様だ。先月末、JFE商事、伊藤忠丸紅鉄鋼、阪和興業、MERANTI STEEL(メランティ社」)と共同で、高級建材用薄板生産事業を展開することを発表した。そして事業展開のための100%子会社「JFE MERANTI MYANMAR Co., Ltd.」(ミャンマー法人)を設立。関係当局の認可が下り次第、ティラワSEZ内に、カラーラインと溶融亜鉛めっきラインの工場を建設。2020年までに稼働させる予定だという。投資規模は約8,500万$(約97億円)で、将来を見越して高い付加価値のある製品のニーズ拡大に備えていくという。

    Tags
    Show More