◎ミャンマーが世界一の米消費国へ

ミャンマーの一人当たり米の消費量は世界一であることが「国連食料農業機構」(FAO)の調査で判明した。

目次

    ミャンマーの一人当たり米の消費量は世界一であることが「国連食料農業機構」(FAO)の調査で判明した。FAOの調査では、年間の米の消費量は210kg前後で、東南アジアのほかの米産出国をしのぐそうだ。ちなみに他国の消費量はベトナム190kg、バングラデシュが180kg、インドネシアが160kg、タイが150kg、中国とマレーシアが100kgだという。ミャンマーで米栽培用の農地は1,900万エーカーぐらいあり、生産量は1,300万トンぐらいだが、国内の消費量は1,000万トン前後もあると、経済貿易省の計算で分かった。そのため年間約200万トンぐらいは輸出可能になると同省では見ている。しかし、将来的に米の消費が低下する恐れもあると、ミャンマー米穀物業協会のU ChitKhine会長は警鐘を鳴らすが、年間200万トンぐらいまでの海外輸出なら問題はないだろうという見解を示した。

    Tags
    Show More