◎ロジスティック部門の発展に 60億ドルが必要とADBが

アジア開発銀行(ADB)では、ミャンマーのロジステック部門の発展のために、2030年までにUSD60億(約678億円)を投資する用意があるとのリポートを発表した。

目次

    アジア開発銀行(ADB)では、ミャンマーのロジステック部門の発展のために、2030年までにUSD60億(約678億円)を投資する用意があるとのリポートを発表した。これまでに投資を行った金額は、GDPの1%程度で、最低でも3~4%までに拡大させる必要があるという。
     ミャンマー政府が新しく作成してたロジスティック分野発展戦略プロジェクトは、分野ごとの課題を決め、交通事故や環境保護とも連携させて作成したという。一方、貿易分野でも輸送コストが高いので製品価格が上昇するため、輸送システムを改善改良していければ、価格を低下させられると、国内企業家たちは述べた。

    Tags
    Show More