◎月間電話料金税 7億Ksを教育分野に

電話利用者たちから得た初の料金税7億Ks(約7,350万円)を、教育分野に使用していく計画だと、財務省のU Mg Mg Win氏が述べた。

目次

    電話利用者たちから得た初の料金税7億Ks(約7,350万円)を、教育分野に使用していく計画だと、財務省のU Mg Mg Win氏が述べた。4月の1か月間での金額だが、教育分野の具体的な使用先については言明していない。経済財務省の管轄の国内税務署と教育省が協力して行っていくそうだ。
     この件に関して国内の税務署の局長も承知しており、料金税を毎月発表し、税の使途先についても公表していく計画だと、財務省が述べた。利用税は今年の4月からスタートし、利用額の5%が先取りされるシステムだ。

    Tags
    Show More