Jハートがミャンマーで小児生体肝移植へ全面協力

 国際医療NGOジャパンハートが九州大学病院と協力し、「日本の先端医療でミャンマーの子どもたちを救う!」プロジェクトを本格的に始動させたことをプレスリリースで明らかにした。

目次

     国際医療NGOジャパンハートが九州大学病院と協力し、「日本の先端医療でミャンマーの子どもたちを救う!」プロジェクトを本格的に始動させたことをプレスリリースで明らかにした。このプロジェクトはミャンマー政府の「生体肝移植に関する技術移転」の国家プロジェクトへジャパンハートが協力するもの。2016年からスタートしたこのプロジェクトは、これまでにヤンゴン病院で肝臓病専門手術ミッションを2回実施。小児肝臓病の治療と医師への技術指導を無償で行ってきたが、子どもの肝移植手術はまだ実施されていなかった。このため救える命も悲しい結果になることが多かった。そうした子供たちは毎年推定で250人もいるという。
     今回は日本ではトップクラスの小児生体肝移植の症例数を誇る九州大学病院の協力を得て、これまで不可能だった現地人医師による小児生体肝移植の成功を目指すという。

    Tags
    Show More