◎第48回 街場│ヤンゴンの町を歩く

発音難解だがタムウェやツワナ方面ならこの駅 中央駅から15分、道路渋滞を避けるマル秘手段に

ミィッタニュッ駅  MYITTAR NYUNT STATION

ヤンゴン中央駅から左回りで3駅目だが、所要時間は約15分かかる。駅の西側周辺はタムウェ地区になるが、東側はサッカー競技場のあるツワナ地区方面への導入路となる。どちらへ出ても繁華街からやや離れているが、渋滞を避けたいと考え、時間を節約する方々がよく利用する駅だという。 タムウェ地区には僧院、学校、ローカルのアパートや住宅が多く、いつも人通りが絶えない。シュエバホ映画館、病院、地区裁判所やフリーマーケットのほか牛乳やヤギミルクで有名なタムウェ市場、オレンジ・スーパーなどがある。またタムウェバリ (イスラム教のモスクはミャンマー語で 『バリ』という)へもほぼ徒歩圏内だ。タンリン方面行きのバス停の影響か、通勤帰りの客を見込んだナイトスポットも意外に多い。 東地区は少し様相が変わり、敷地の広い大型レジデンスの.プロジェクトが目に付く。東京オートサービスミャンマー、飲食店、ホテル、ビジネス関連建物などもあり、環境的に整備されつつある。ちなみに有名な「Thuwanaサッカースタジアム」までは徒歩で約20分だからさほど遠くない。 昨年6月から今号まで約1年にわたってヤンゴン環状線の駅巡りをお届けしてきたが、環状線一周(37駅)の中でも特に利用者の多い12駅を選んで取材した。今回でこのシリーズを終えるが、読者の皆様には愛読を感謝いたします。

Tags
Show More