第 2 回 Myanmar Local Newsの深読み 記事提供 MYANMAR TIMES

 昨年はすべての視線がアウンサン・スーチー国家顧問兼外相に向けられた。国内外の大きな圧力の下で、彼女が何とかコントロールしようとしているのは、公正な姿勢だ。野党指導者から事実上の指導者になった今日まで、アウンサンスーチー氏は決して国の象徴である現実から逃れたことはない。

アウンサン・スーチー氏のバラ

 昨年はすべての視線がアウンサン・スーチー国家顧問兼外相に向けられた。国内外の大きな圧力の下で、彼女が何とかコントロールしようとしているのは、公正な姿勢だ。野党指導者から事実上の指導者になった今日まで、アウンサンスーチー氏は決して国の象徴である現実から逃れたことはない。  ある人は父親に敬意を表していると言ったが、またある人は彼女は伝統的なビルマの女性である母親から継承された資質だと説明した。ミャンマーでは、女性の威厳は髪であると考えられ、花でそれを飾ることは一般的なことだが、彼女の場合も髪に花を飾るのはよく知られている。  しかし、彼女が飾る花には特別なものがあるようだ。その花は一体どこから来たのか。このヒントはヤンゴンの花屋にあった。店のセールス・アシスタントは、「これらのバラは、Daw Suuが飾るバラと同じフィールドからのものです」と自慢した。彼女によれば、彼らの花屋は、アウンサン・スーチー氏が飾る同じ花を扱っているヤンゴンで唯一の店だという。  問題のバラは「ロイヤルローゼ」と呼ばれている。マンダレーから数十キロ離れたPyin Oo Lwinで栽培された。彼らが栽培しているガーデンは「Tawin Hnin Si」と呼ばれ、Ko Tinn Linn Soeが所有している。  ヤンゴンから9時間の旅の後、記者はそのガーデンに着いた。 Ko Tun Linn Soeは記者のインタビューに同意したが、約束の日が近づくにつれ、彼は確認の電話を返したりしなくなった。  記者は約束の日にガーデン門にいたが、Ko Tun Linn Soeは逃げ出した。仕方なく Daw Aung San Suu Kyiに関する質問に答えることを拒否した彼の妻、MaThandar Aungと連絡を取った。  「私たちはノーコメントです。Daw Suuに関連しているので、お答えすることを控えます。仏は私たちが何をしているかを知っているので、それについて宣伝する必要はありません」と彼女は言った。  そこで記者はガーデンで働く人々に質問するつもりで庭を回り始めた。しかし残念なことに、ジャーナリストである私に話すことはないということがわかりました。それでも記者はあきらめずに、所有者の義理の父であることが判明した親切な老人を見つけた。  「私たちのバラは国際的な名声に達しました」と老人は言った。「バラはアウンサン・スーチー氏の旅行やイベントより先に発注されている」と、彼は説明を加えた。バラはカットされ、梱包され、エアコン付きの車両で輸送されているという。  「DawSuuは『Kyouk Hnin Si』と呼ばれる小さなバラの花を愛している」と彼はさらに付け加えた。  しかし、細かい話に入ろうとしたときに、労働者が老人の話を中断させた。しかしその前に、老人は「Daw Suuが二度ほどガーデンを訪れたと」と述べた。  バラのガーデンはDaw Suuのためにあるのではなく、質の良いバラが栽培され、そして素早く咲くという事実のために人気があるという。そのためこのガーデンを訪れるほとんどの人はここでDaw Suu のバラが栽培されていることさえ知らない。  ガーデンに足を踏み入れると、さまざまなサイズと形状の2万もの植物が50エーカーの畑で栽培されていた。何千ものバラに囲まれていることは圧巻だった。

Tags
Show More