◎住│注目のプロジェクトを覗く

至れり尽くせりの設備仕様に大きな魅力 2、3、4BRからペントハウスまで MIN RESIDENCES ミン・レジデンス

ヤンゴン北西部、8マイル交差点から車で5,6分のところにこのレジデンスは誕生する。レジデンスのあるミンダマ地区は、道路幅も広く、将来的にはかなりの発展が見込めるエリアとの評価が高まっている。  開発面積13万8742sq(約1万2900㎡)という広大な敷地の中に、614戸を有する住居棟と859台収容可能なパーキングスペースに加え、200mの専用のジョギングコースを敷地内に設置。また50mのプール、緑に包まれたテニスコート、バスケットコート、屋内ジムのほか、4階にはチャイルドケアーセンターもある。ここでは子供たちの遊び場を確保。  さらに図書室、A,B, C タワーの屋上部分に設けられたスカイラウンジや瞑想スペース、バーラウンジなどが斬新だ。他に腕利きのシェフのいるダイニングラウンジなどもあり、休日にはこのレジデンスの中でゆッくり過ごせそうだ。さすがシンガポールの開発会社がコンせプトプランナーだけに、設備仕様は外国人居住者にとっては注目すべき点が多い。  住戸は2, 3 , 4Bedroomとペントハウスで構成されており、2べッドルームは80・74㎡~。3べッドルームは99,03㎡~、4べッドルームは159,63㎡~、さらにペントハウスは526,32㎡~というゆとりのあるスペースになっている。 ちなみに賃貸料は2BRが$1,900~$2,300、3BRが $2,500~ $3,000 、4BRが $3,300~$4,000となっている。  現地にはショウルームもあり一度見学してみてはいかがか。

Tags
Show More