翔│ミャンマーでの邦人企業の動向

先月12日、ミャンマーを訪問した河野太郎外相とアウンサン・スーチー国家顧問兼外相が会談し、共同記者会見の席上「少数派イスラム教徒が難民化した西部ラカイン州の『長期的な安定』を目指す政策の重要性」を強調した。

目次

河野外相訪緬、支援と批判のバランスに配慮

 先月12日、ミャンマーを訪問した河野太郎外相とアウンサン・スーチー国家顧問兼外相が会談し、共同記者会見の席上「少数派イスラム教徒が難民化した西部ラカイン州の『長期的な安定』を目指す政策の重要性」を強調した。日本の支援を後ろ盾に国際社会の批判を和らげたいミャンマーと、ミャンマーの親中国化を阻止したい日本側の思惑が一致したようだ。日本政府は今後も、支援と批判のバランスをとりながら関与していく方針だという。また、河野外相は,同日午後からはティラワ経済特区を視察。セッ・アウン計画財務副大臣(ティラワ経済特区管理委員長)及び経済特区を運営する民間企業関係者より,経済特区全体に関する説明を受けた。その後,進出している日系企業の工場及び日本政府が整備を支援しているティラワ港を視察した。

Tags
Show More