Myanmar Ethnics Culture Festival ミャンマー民族文化フェスティバル開催

ヤンゴン市内で開催されました ’Myanmar Ethnics Culture Festival(ミャンマー民族文化フェスティバル)’をご紹介します。

目次

    Myanmar Ethnics Culture Festivalは年に1回、全国100以上の民族が集まり、各民族の紹介を大々的に行っており、大変盛り上がっています。
    広大な敷地内では、思い思いに民俗館ブースが造られ、民族衣装を着た人達が民俗館ブースで民族の特徴などについて説明しておりました。
それぞれの民族旗が翻り、みな同じようでいて特徴があるのがまた興味深いですね。
改めて多くの民族の集まりが「ミャンマー連邦共和国」という国なのだという事を実感します。

    また、会場では様々なジャンルのブースが出展されています。
    そこにミャンマーで幅広くIT事業をされている日本人の方が、なんとデリバリー専門のおにぎり屋さんを始めており、出店しておりました。
さっそくひとつ!日本米に食感が近いシャン米を使用し、ミャンマー風の味付けで日本の定番の海苔で巻く。
おにぎりの味付けも多数あり、それぞれ絶妙な味付けですね。
スタッフのお母さんオリジナル手作りだという「ミャンマーふりかけ」がまた美味しかったです。

    今回こちらのフェスティバル会場の広大な敷地は、ヤンゴン中心部では最大級の再開発エリアです。
以前から弊社にも様々な開発の話しが聞こえてきていましたが、これからどのように開発されていくのか楽しみです。
巨大すぎて一筋縄にはいかないでしょうが、開発されればここでのビジネスチャンスは計り知れません。
是非とも日本勢に進出してもらい、活躍してもらいたいところです。
また、こちらだけではないですが、今後YPグループ(弊社ヤンゴンプレスグループ)に入ってくる不動産開発最新情報も日本で興味のある方々に発信していく予定です。
    お楽しみに。

    Tags
    Show More