もうひとつの信仰「ナツ精霊」を崇めるこの国最大の祭りを見る スピリチュアルなフェスティバルはエンタメ要素が一杯だった

マンダレーから西へ1時間の村で、毎年この国最大の「ナツ精霊祭」が開催される。信者でなくとも楽しめる娯楽要素が詰まったこの祭りは,ミャンマーには仏教文化のほかに根強い精神世界があることを知る。

目次

マンダレーから西へ1時間の村で、毎年この国最大の「ナツ精霊祭」が開催される。信者でなくとも楽しめる娯楽要素が詰まったこの祭りは,ミャンマーには仏教文化のほかに根強い精神世界があることを知る。

全国各地にある「ナツ信仰」文化

国民の90%が仏教徒のミャンマーは、アジア有数の敬虔な仏強国だが。一方では、人々の間で根強い精霊信仰(ナツ信仰)が存在する。国内の多くの地域に守護霊または精霊(ナッ)がいると信じられている。
 「ナッ」という言葉はヒンズー語から来たもので、元来の意味は「警備員」という。伝説によると、王、王子、王女、英雄のほとんどは、亡くなったときにほとんど「守護霊」または「ナッ」になったという。
 ミャンマーの伝統音楽では、旋律が非常に情緒的なため、「ナッ」の音楽、歌、踊りは別個に存在するといわれている。この音楽と歌を聞いた人は緊張がほぐれ、幸せに踊りを楽しむという。
 国内各地域の「Natsフェスティバル」は、一年中どこかで行われているが、その中で最も有名な祭りが「 Taung Pyone(タウンピョーネ)フェスティバル」だ。 「Taung Pyone Nats」(タウンピョーネのナツ精霊)とは、この国初のミャンマー皇帝であるAnawyahta王の継息子であった2人の兄弟のことを言う。
 王はある時、タウンピョーネ周辺をキャンプし、そこにランドマークのパゴダを寄付し、階級や地位に関係なく軍隊に労働者を派遣することを命じた。しかし、王の軍隊には、シュエ・フィイン・ジーとシュエ・フィイン・レイという2人の若い将軍がいた。彼らは王の息子を養子にし、目に見えない肉体で途方もない力をもつと信じられていた。
しかも彼らは常に飲酒とギャンブルを楽しんでおり、彼らの部下を提供する王の命令に従わなかった。そのため2人の将軍によって行われるはずだった2つのレンガを屋根部分に置くことができなかった。それが原因でパゴダの完成後に2つのレンガを置くはずだったがスペースだけが残るという不自然な状態になった。
 王は反逆行為として激怒し、レンガのなのない空間を見つけたとき、2人の英雄の処刑を命じた。それから彼らはナッ(精霊)になり、王はそれらを地域の守護霊とした。人々はそれを神格化したが、以後37人のナッの中で最も人気がある精霊と崇められてきた。このイベントはこうした伝説がベースになった祭りである。

有能だった将軍兄弟を崇める独特の祭り

Taung Pyoneはマンダレーの北約20 km、モゴケロードにある。マンダレーから車で焼く時間の距離だ。緑の野原の中で静かに佇んでいるように見えるこの村は、毎年ミャンマーのワガウン(8月)初旬に開催されるこのフェスティバルで注目を浴び、全国から沢山の信仰者や観光客で賑わいを見せる。
 この地域は、11世紀のバガン王朝のミャンマー王によって特別な場所として「ナツ信仰地域」に指定されてきた。
 伝説によれば、ナッはなだめる必要がある精霊であり、それを怠ると人々の生活に大混乱をもたらすと恐れられてきた。特に前記2人 の兄弟霊は、自分の願いを叶え、不運や危険から守り、幸運、繁栄、進歩をもたらすと信じられている。
 フエティバルは7月31日から8日間続き、 最も混雑するのは2つの精霊が寺院からイラワジ川の土手に運ばれて洗い清められる祭りの4日目だ。礼拝に欠かせないものはココナッツとバナナで、3~5個のバナナを竹かごに入れて穴を作り、1個のココナッツを穴に固定する。
 これが尊敬のシンボルで、祭りの期間中、バナナとココナッツを扱う商人たちは、この期間の多売りが上げだけで1年間を暮らせWるほどだという。また奇妙な一段も見かける。同性愛者の人々で、彼らは踊り、ナッに敬意を払う人々のために祈ってくれる。だから彼らはこのフェスティバルに欠かせない人たちなのだそうだ。ナッの熱心な信者は、このときに出向いていかなければ、幸運に一年を過ごせないと考えられている。

マンダレーの駅周辺でも個性的なイベントが 

この祭りでは、毎年何万人もの崇拝者が集まり、ナッ(霊)を崇拝し、霊の恵みを享受する。普段は静かな村は、フェスティバルの期間中は非常に混雑し、すべての訪問者が車、電車、または徒歩で参加する。
マンダレーから電車で旅行する崇拝者を迎える準備もできている、タウン・ピオーネの中心部の、通常は人里離れた地元の駅の周りに、カラフルな仮設の竹小屋と小さな店が設置されている。
 列車は、マンダレーのThaye Zay(テアイザイ)駅から出発するが、通常、早朝の午前10時頃まで混雑しているため、鉄道線路上および線路沿いで地元の農産物を販売している物売りたちであふれている。
 マンダレーのThayeZay駅からTaung Pyoneまでの運賃はわずか100Ks(90円)で、列車は15分ごとに出発。30〜45分の所要時間だ。
Thaye Zay駅から北へわずか数キロの場所で、祭りの開催中に土器玩具の楽しいフェアであるもう1つの興味深い地元のイベントがある。
 地元で作られたカラフルな粘土のおもちゃは、子供たちの特に人気を集め、地元
では「オーボートクエプエ」として知られている。
 これは、縁起の良いと思われる日に土器を盗むという奇妙な伝統を指している。 子供たちが8月のある特定の日におもちゃを盗むことから数十年前に始まった。 「盗むことは良くないが、楽しむために売り手をいじるのは伝統である」と、地元民は言う。
 ミャンマーでは、ナッ信仰は重要な文化のひとつになっており、ナッ信者ではなくとも、タウンピョーネに行っても、サーカスや文化的な踊り、ダンス、音楽と魔法のショー、占い師、タトゥーショップや露天が立ち並び結構楽しめるという。土産物店やローカルフードの屋台ややアクセサリー店が並ぶ一角は、まるで迷路のようになっており、驚かされる。

Tags
Show More