ミャンマーで利用可能な新しい高級SUV

高級車の輸入業およびサービスプロバイダーであるBMW Asia Prestige Automobilesは、先月10日にミャンマー史上初のBMW X7の導入を発表した。

目次

    高級車の輸入業およびサービスプロバイダーであるBMW Asia Prestige Automobilesは、先月10日にミャンマー史上初のBMW X7の導入を発表した。
     このSAVは、BMW Xラインアップの最新かつ最大のモデルであり、優れたパワートレインとシャシー技術を備え、快適なインテリアと快適な運転のための広いスペースを備えている。
     SAVはサウスカロライナ州にあるBMWのスパルタンバーグ工場で製造され、同社のX3、X4、X5、X6シリーズの世界的な生産を統括している。
     BMWX7は7席で設計されており、スタイリッシュに旅行したいと願う若い家族にとって理想的な高級車となっている。
     「高度な技術が使われたこの車は、これまでミャンマーに輸入された中では最高水準の車です。全国に10台輸入しましたが、すでに7台販売されている。」と同社のMGは述べた。史上初のX7は、7席装備し、特にスペースの点でXファミリーのリーダーであり、長さ5151 mm、幅2000 mm、高さ1805 mmという内容だ。
     また、クラシックなグリルは特徴的であり、独特で印象的な外観を与えている。形状と機能はアダプティブLEDヘッドライトを備えた標準のBMWレーザーライトと組み合わされて、視覚的表現を生み出している。まばゆいばかりのハイビームライトの範囲は最大距離600メートルに達し、ドライバーに優れた視認性を提供している。「自動車は8月末にミャンマーに到着します。
     価格は税込みで300,000ドル(約3140万円)を超えます。また、顧客は車を購入する際に政府に収入証明を提示する必要があります」と、MGは述べた。

    Tags
    Show More