ヤンゴンの高架列車の調査開始

ヤンゴン市のスカイトレインシステムの公道用地調査が開始されたと、ヤンゴン市長U MaungMaungSoe氏は述べた。「実施機関は運輸通信省ですが、土地調査はヤンゴン市開発委員会に関連する問題です」と彼は言った。

目次

    ヤンゴン市のスカイトレインシステムの公道用地調査が開始されたと、ヤンゴン市長U MaungMaungSoe氏は述べた。「実施機関は運輸通信省ですが、土地調査はヤンゴン市開発委員会に関連する問題です」と彼は言った。
     高速輸送プロジェクトの公道用地調査は正確かつ透明性が要求されるため、土地所有者は、政府であれ民間であれ、プロジェクトの進捗状況を常に把握することが重要だという。運輸通信省は、国際協力機構の支援と資金で実施されているこのプロジェクトに必要な土地を調査し、その結果をヤンゴン市開発委員会に報告する。調査に加えて、プロジェクトが持たらす可能性のある社会的、経済的影響に関する研究も行われるという。プロジェクトにかかわる可能性のある土地または建物の補償は市場価格に基づいていると市長は述べた
     スカイトレインのルート案は、HlaingTharyar、Mayangone、South Okkalapa、Yankinタウンシップを通過する。ヤンゴン西部のHlaingTharyar鉄道駅から出発し、提案されたルートはHlaing川を渡り、ヤンゴン東部のパラミ駅が終着。全長 18㌔の路線には13の駅が含まれ、2027年までに完成する予定だそうだ。

    Tags
    Show More