第1回 ミャンマー人の肖像 PART-2 ミャンマーの著名なティシュペーパー画家 ドバイの世界的な芸術展に出展して評判を呼ぶ Nataasha Thwin ナターシャ・ッィン 画家、ファションデザイナー

世界的に有名なティシュペーパー・アーティストでミャンマー出身のNataashaさんが、アラブ首長国連邦の首都ドバイで開催された「 World Art Dubai 2019」 という大きな芸術展に出展して大変な評判を呼んだという。

目次

     世界的に有名なティシュペーパー・アーティストでミャンマー出身のNataashaさんが、アラブ首長国連邦の首都ドバイで開催された「 World Art Dubai 2019」 という大きな芸術展に出展して大変な評判を呼んだという。
     ティシュペーパー・アートとは、文字通りあの薄いティシュに絵を描くわけだが、以前ご自宅のアトリエやギャラリーにうかがって作品を拝見したとき、本当にキャンバスはティシュなのかとわが目を疑ったほどの見事な出来栄えだった。
     「ティシュに絵が描けるのか?と皆さんおしゃいます。確かに楽ではありません。絵の具と水の調合にも大変気を遣います。ちょっとでも配分を間違えると、失敗しますから」確かにそうだろう。しかし掲載した写真を見てもわかるように、いずれも見事な作品だ。
     「ミャンマーではおそらく私一人でしょう。ですから海外からも注目されたのだと思います。今では海外からの注文のほうが多いくらいです。」
     小さいときから絵を描くのが好きだった。しかし誰に教わるというのではなく、はじめは見よう見まねで水彩画を描き始めた。それでしばらくしてティシュペーパーに描いてみたんです。とても難しく、最初は失敗の連続でしたが、そのうちコツを覚えました。すると、意外に深みが出て、いい感じに仕上がったので、以後このアートのとりこになりました。」 
     作品はすでに200点近くにもなっているそうだが、売り上げ金の一部を災害被害や慈善団体へも寄付しているという。7年前に「The Top Luxury Collection」というファションブランドも立ち上げた。 そしてよき伴侶にも恵まれた。今や幸せな人生を歩んでいるが、最近新しい事業にも取り組んででいるそうだ。夫君の協力を得て、放送TV事業の立ち上げ準備に入っているという。「これまでの番組概念とは違い、非常に娯楽性の強い番組コンテンツを多く取り入れ、個性的な放送局をぜひ作りたいのです。これは長年の夢だったんですよ。日本の方で興味があればぜひご連絡ください。」と楽しそうにいった。
     どう見てもいいところの奥様という感じで、どこにそんなパワーがあるのかと思う。
     ところで冒頭で触れた展示会は中東では最大規模の芸術展示会であり、世界中の芸術家、画家、彫刻家が約400人以上が自慢の作品を出品参加したという。そして絵画、彫刻をはじめ様々な芸術作品約3000点以上が展示されたそうだ。Nataashaさんが出展した作品はティシュぺーパーの極薄紙に描かれた20作品。世界でも珍しい分野の作品だけに、来場者の注目を集めたという。
     ファッション・デザイナーでもある彼女は、独学で絵画を学び、ティシュペーパーに作品を描くという独特の世界を切り開いたアジアでも有名女性だ。そのため国内外に彼女の支持者がいるのだ。
     2019年4月3日から6日までドバイのWorld Trade Centerで開催された芸術展には、絵画、彫刻の愛好家が世界中からやってきた。バイヤーや収集家、画商などのプロもきて、大盛況だったという。

    Tags
    Show More