ヤンゴン不動産市場は緩慢だが賃貸取引は増加

ヤンゴンの不動産市場は、今年の第1四半期に回復し、売却よりも賃貸物件の数が増えた。しかし、市場の全体的な環境は依然として緩慢のまま、と業界アナリストやリーダーは述べた。不動産ウェブサイト「iMyanmarHouse.com」のMGであるU Nay Min Thu氏は、「4月下旬時点で、国内主要都市のアパートの賃貸料、特に月額50万Ks(328米ドル)の賃貸料が上昇した。

目次

    ヤンゴンの不動産市場は、今年の第1四半期に回復し、売却よりも賃貸物件の数が増えた。しかし、市場の全体的な環境は依然として緩慢のまま、と業界アナリストやリーダーは述べた。不動産ウェブサイト「iMyanmarHouse.com」のMGであるU Nay Min Thu氏は、「4月下旬時点で、国内主要都市のアパートの賃貸料、特に月額50万Ks(328米ドル)の賃貸料が上昇した。しかし、賃貸に限れば月額50万Ks以上するアパートやマンションの需要は横ばいである」と指摘した。
     月額50万Ks未満でアパートを借りたい人の数が増えたため、需要を背景に賃料が上昇した。「UTun Tauk Real Estate Agency」によれば、現在、アパートの需要が最も多いのは月額20万Ks以下だという。ちなみにヤンゴンの主要エリアの中では、Sanchaung、Kyeemyindaing、Bahanが最も賃料が高いそうだ。
     一方、外国人向けの賃貸市場では、月額70万Ksから100万Ksの賃貸住宅が最も需要が高い。ミャンマーの大半の人々は伝統的に家の移動や取引を避ける傾向があり、不動産所有者は3ヶ月の契約を避けて、6ヶ月または1年の契約で貸し出したい意向を潜在的に持っている。
     「3ヶ月の賃貸だと完了したとき、所有者はすぐに新しいテナントを見つけることが困難と考えているため、6ヶ月かそれ以上の契約を好む。」と業者は言う。
     通常、10月と11月が賃貸住宅の取引が最も多い月で、1月と2月がそれに続く。ミャンマー不動産サービス協会事務局長のDawMoh MohAung氏は、昨年の取引と比較して、今年の不動産市場は軟調になり、状況はさらに厳しくなっているようだと述べた。「市場では毎年取引が少なくなるため、自動車市場のようになってしまうと心配しています」と彼女は述べた。
     市場の活性化には外国からの投資の参入を促し、間接的に不動産市場を後押しすることだが、それには、税金の引き下げなど多くの政策が必要だという。そうしたことから、ミャンマー不動産サービス協会は、早急に法律の改正を提案しようとしている、と彼女は言った。

    Tags
    Show More