ラカイン州の養殖産業の改善発展にタイが支援

情報通信省によると、ラカイン州投資フェアにおける州政府の持続可能な開発プロジェクトで交わされた覚書に従って、魚とエビの養殖について開発する研修プログラムが、州とタイの経済学研究開発研究所(IBERD)との間でスタートしたという。

目次

     情報通信省によると、ラカイン州投資フェアにおける州政府の持続可能な開発プロジェクトで交わされた覚書に従って、魚とエビの養殖について開発する研修プログラムが、州とタイの経済学研究開発研究所(IBERD)との間でスタートしたという。
     州政府の財務・税務・計画・商務担当大臣であるU Kyaw Aye Thein氏は、「IBERDとの協力で、魚とエビの養殖産業を改善させ、かつ州発展のための研究プロジェクトを実施し、養殖管理方法に沿って、候補となる地域での実用的なデモを提供する。」と述べた。
     さあらに大臣は「養殖業者は、従来の海水エビ養殖法から、高度な方法に移行する必要があることを強調した。プログラムには、IBERDからの家畜の専門家が、実践的なセッションを含む3日間の集中コースを行い、州政府水産局の職員とエビのブリーダー70人が参加した。

    Tags
    Show More