シンガポールへの派遣労働者をめぐる問題点

ミャンマー政府がシンガポールへの労働者派遣禁止措置を解除した数週間後に、代理店手数料を取らずに、かの国の電子工場に労働者を派遣する準備を始めた海外雇用機関が出現した。

目次

     ミャンマー政府がシンガポールへの労働者派遣禁止措置を解除した数週間後に、代理店手数料を取らずに、かの国の電子工場に労働者を派遣する準備を始めた海外雇用機関が出現した。
     海外雇用庁の幹部は、この会社が労働者の派遣についてシンガポールの電子工場側と交渉中であると述べた。会社の関係者によると、4月24日にFBページでシンガポールへの求人を告知し、約100人の工場労働者が必要だと記載した。
     選択された労働者は2年間の労働許可証で働けるが、応募者が電子工学の卒業証書を持っているか、またはテクニカルハイスクールテストに合格している必要があることが条件になることも付け加えた。そして英語を話し、読む、書く能力を持つことも条件のひつであるという。
     しかし、同社は募集要項が最終確定しないうちは、そうした条件を発表しないように雇用庁に頼んだという。そして同局は、申請者から100,000Ks(65米ドル)の手数料を同社が徴収している報告についてのコメントも差し控えた。
     シンガポールを拠点とするミャンマーの移民権利活動家らは、シンガポールはミャンマー国民に労働許可を発行しておらず、製造業で働くことを許可していないと指摘している。しかし、労働局のU Win Shein局長は、雇用機関が雇用者からの正式な要請があれば、工場労働者をシンガポールに派遣することが許可されていると述べた。

    Tags
    Show More