日本支援のヤンゴン専門病院建設の起工式

外務省のプレスリリースによると、日本の支援でヤンゴンに新しい専門病院を建設する運びになった。その起工式が水祭り明けの4月28日に行われた。この病院は、ヤンゴン総合病院の診療機能の一部を移設し,循環器系疾患に対応する専門病院の建設・機材整備等を実施する計画だ。

目次

     外務省のプレスリリースによると、日本の支援でヤンゴンに新しい専門病院を建設する運びになった。その起工式が水祭り明けの4月28日に行われた。この病院は、ヤンゴン総合病院の診療機能の一部を移設し,循環器系疾患に対応する専門病院の建設・機材整備等を実施する計画だ。とくに心臓病、心臓外科、神経内科、脳神経外科を含む医療サービスを提供と、医療技術の指導を推進する目的だという。
     建設には日本が86,61億円を供出し、ミャンマー側の保健・スポーツ省が、420億Ks(約32億円)を投資する予定だという。また、約40年前にJICAによって建設された「新ヤンゴン総合病院」の全面的な改修についても、正式に検討することが約束された模様だ。
     式典には、ミャンマー保健・スポーツ省のミィン・トゥエ大臣、ヤンゴン管区政府のピョー・ミン・ティン首相ほか関係者が列席。ミャンマー側は新しい専門病院が設立されることを歓迎し、両国の協力と友好の大きな象徴であると語った。

    Tags
    Show More