ヤンゴンマンダレー鉄道の鉄道事業が実施中。ヤンゴン・マンダレー間の鉄道の発着時刻もまとめてみる

ヤンゴン-マンダレー間の鉄道はヤンゴンから首都ネピドーやマンダレーを結ぶ全長620kmの鉄道です。 近年、旅客・貨物輸送の需要が増加しているものの、列車の速度低下や遅延、脱線事故等により輸送サービスが低下しています。

目次

円借款によって支援されるヤンゴン・マンダレー鉄道事業とは

ヤンゴン-マンダレー間の鉄道はヤンゴンから首都ネピドーやマンダレーを結ぶ全長620kmの鉄道です。
近年、旅客・貨物輸送の需要が増加しているものの、列車の速度低下や遅延、脱線事故等により輸送サービスが低下しています。
そこで日本政府が既存鉄道路線の中で、老朽化した施設・設備の改修・高度化の支援を行い、ミャンマーの経済発展に寄与するため一期と二期に分けて総額20億円の円借款が2014年9月に決まりました。また、国際協力機構(JICA)は2018年にヤンゴン・ミャンマー鉄道事業一期のフェーズ2に566億2200万円借款することを決定しました。
住友商事やIHIなどの日系企業が受注を受けて事業が進んでいます。

フェーズ1とは

2018年度からヤンゴン・タングー間における老朽化した施設・設備の改修・高度化が支援される事業計画です。

フェーズ2とは

タングー・マンダレー間における老朽化した施設・設備の改修・高度化が支援される事業計画です。

ヤンゴン・マンダレー鉄道の時刻表まとめ

ヤンゴン・マンダレー間の各駅出発予定時刻は以下のようになっている。
時刻表に書かれた時刻よりも遅れる場合があるので注意してください。

・ヤンゴン発マンダレー行き時刻表

Tags
Show More