観光エリアとしてみた場合のDaweiの魅力とは

「Ngapali」の白い砂浜と「Ngwe Saung」の銀色の海岸線は訪れる人々を魅了しているが、タニンダリーの管区都ダウェイは、東南アジア最大級のSEZ開発というハードな側面を持ちながらリゾート地としての可能性をも秘めた魅惑的なエリアである。  「Dawei」では「San Hlan」の活気ある漁村からボートに乗船し、一日を海で過ごしたり、水泳、シュノーケリング、デッキでの日光浴

目次

    「Ngapali」の白い砂浜と「Ngwe Saung」の銀色の海岸線は訪れる人々を魅了しているが、タニンダリーの管区都ダウェイは、東南アジア最大級のSEZ開発というハードな側面を持ちながらリゾート地としての可能性をも秘めた魅惑的なエリアである。
     「Dawei」では「San Hlan」の活気ある漁村からボートに乗船し、一日を海で過ごしたり、水泳、シュノーケリング、デッキでの日光浴が楽しめる。また一般にはあまり知られていないが、ここの海のサンゴは「Mergui」群島周辺では最上級の品質を誇ると言われている。
     有名な「Maungmakan」ビーチも町から車で30〜45分。祝祭日に若者たちで賑わいを見せている。静かに夕日を眺めたければ「Tizit」ビーチがいい。また、「Dawei」半島沿いの海岸を下りて、バイクで汚れなき入り江の探索をすることもできる。ここ数年、バックパッカーたちがタイ国境からやってくるようになった。 
     ヤンゴンとは異なり、交通量も少なく、5つ星ホテルの「Dawei Hotel」 は街で最も豪華な
    スイミングプールを備えており、料金的にもリーズナブルだ。
     「Tavoy Kitchen」は街ではお勧めのビルマ料理レストラン。また「le Bistrot」はカフェとワ
    インバーが有名で、ヤンゴン南部では最高のヨーロッパ料理を提供している。

    Tags
    Show More