「AFC U-23選手権タイ2020予選」にFC東京の3選手が出場

東京を本拠地にするプロサッカークラブのFC東京は、先月、ヤンゴンの「Thuwunna Stadium」で開催された「AFC U-23選手権タイ2020予選」のU-22日本代表メンバーとして、所属選手を派遣した。

目次

     東京を本拠地にするプロサッカークラブのFC東京は、先月、ヤンゴンの「Thuwunna Stadium」で開催された「AFC U-23選手権タイ2020予選」のU-22日本代表メンバーとして、所属選手を派遣した。3月22日から26日にかけて開催された同予選に、同クラブ所属の波多野豪選手と久保建英選手、そして田川亨介選手の3人が選出され、第1戦のマカオ戦から日の丸をつけて出場した。
     日本代表は予選のグループステージで、第1戦はマカオと、第2戦に東ティモール、そして第3戦にはミャンマーと対戦した。いずれの試合も日本代表が快勝した。
     この予選では西地区が6グループ、東地区が5グループの合計11グループに分かれて戦ったが、最終的に開催国であるタイを加えた日本など合計16チームが、来年1月8日から26日にかけて開催される「AFC U-23選手権タイ2020」に出場することとなった。

    Tags
    Show More