タイへの正規移民労働者が 毎月2万人へ

バンコクのミャンマー関係の労働調査報告書によると、タイは昨年約7万人以上の不法労働者を強制送還したそうだ。彼らの処分管理はすでにミャンマー政府に移行されているが、強制送還された人々の多くは自発的にタイの入国管理当局に出頭したという。

目次

     バンコクのミャンマー関係の労働調査報告書によると、タイは昨年約7万人以上の不法労働者を強制送還したそうだ。彼らの処分管理はすでにミャンマー政府に移行されているが、強制送還された人々の多くは自発的にタイの入国管理当局に出頭したという。しかし、一部の人々は違法労働者としてタイ当局に逮捕されたという
     またシャン州のTachileikでは651人のミャンマー人移民労働者が、カレン州のMyawaddyから越境して移送され、3340人の労働者がタニンダリー管区のKawthoungから移送された。労働関係局は、これらの労働者のうち246人が人身売買の犠牲者である疑いがあると述べた。
     タイの労働法では、労働許可のない外国人労働者には5000〜5万バーツの罰金、国外追放、および2年間の入国禁止を科している。また不法移民を雇う企業は、一人当たり1万~10万バーツの罰金が科せられる。タイのミャンマー大使館および移民権利活動家によると、違法にタイに入国した人々を除くと、毎月約2万人のミャンマー人労働者が、両国間の労働協定の下でタイへ入国しているそうだ。

    Tags
    Show More