インドがミャンマーへの 観光ビザ発給開始

昨年末に來緬したインドのコーヴィンド大統領は、インドからミャンマーへの観光ビザ発給をはじめると語った。ミャンマーに滞在中の5日間に両国の関係強化を目的に会談を行い、ビザ発給についても討議された模様だ。

目次

     昨年末に來緬したインドのコーヴィンド大統領は、インドからミャンマーへの観光ビザ発給をはじめると語った。ミャンマーに滞在中の5日間に両国の関係強化を目的に会談を行い、ビザ発給についても討議された模様だ。
     大統領事務所の発表によると、ビザは両国の交流目的の強化のために許可され、インドからの観光客はネピドー、ヤンゴン、マンダレーの各国際空港から、ミャンマーへ入国可能となるもの。ちなみにこの制度はすでに昨年12月13日から開始されている。
     なお、ミャンマーとインドは今年5月にも、タム/モレーとRihkhawdar/Zowkhawtarの国境通過協定に合意し、8月には入国を許可した。開通により、インド東北地方の住人はすでに国境の恩恵を受け始めているという。

    Tags
    Show More