患者を安全・効果的に治療する 「眼科学会」開催

 先月、今年で30回を数える「ミャンマー眼科学会」が開催された。眼の病気や近代的な医療拡大、眼科医らの交流の促進、世界的な眼科医との実践的かつ理論的な知識の交換などが盛り込まれたイベントである。

目次

     先月、今年で30回を数える「ミャンマー眼科学会」が開催された。眼の病気や近代的な医療拡大、眼科医らの交流の促進、世界的な眼科医との実践的かつ理論的な知識の交換などが盛り込まれたイベントである。
     ミャンマー情報暑の発表によれば開会に際してヤンゴン第一医科大学の学長であるDr.Zaw Wai Soe、ミャンマー医師会の会長であるDr.Rai Mra、ミャンマー眼科学会の会長であるDr.Khin Ommar Khineらが挨拶した。
      続いて、毎年の眼科学会の通常プロセスと、午後には、白内障、小児の眼疾患、角膜関連疾患、レーザー手術などの28のテーマに関する論文を読み上げるセッションが行われた。カンファレンスと合わせて、40以上の展示ブースには、眼科に関連する器具やアイテムが展示された。

    Tags
    Show More