ヤンゴン政府がタクシー車の規定違反に厳格に罰則規定

ヤンゴン管区政府は、タクシー運転手たちと面談し、車内の様子が分からなくなる可能性のある薄い膜やステッカーを窓に貼った車両は解体される方向性だと説明している。  運転手たちは、規制違反を犯した人が罰金を払っても免許を更新できないと訴えていた。また、彼らのそうした違反車両は他の州や地域に追放され、ヤンゴンでは運転不可となっている。

目次

     ヤンゴン管区政府は、タクシー運転手たちと面談し、車内の様子が分からなくなる可能性のある薄い膜やステッカーを窓に貼った車両は解体される方向性だと説明している。
     運転手たちは、規制違反を犯した人が罰金を払っても免許を更新できないと訴えていた。また、彼らのそうした違反車両は他の州や地域に追放され、ヤンゴンでは運転不可となっている。
     しかし、道路輸送管理部のU Lian CinMaung局長は、今年2月1日以降、新しい規制を実施していると述べた。「車の所有者はおそらく情報を理解していないだろう」と同氏は述べた。この規則を破る人は、免許の取り消しと罰金の両方に直面するという。
     現在、これまでにナンバープレートを黒から赤色に変えた24台を含む、車窓着色規則違反のタクシー66台を押収したという。さらに24台のタクシー免許が取り消されたそうだ。
    他の44人の違反者については、運輸省が免許取り消しが可能かどうか、検討中だという。
    「ヤンゴン管区政府は自動車法第40条(b)により許可取り消しができないので、ナンバープレートAAとBBのタクシー車両を他地域や州に送ることを検討している。これらのタクシーの免許証も更新不可だという。違反者たちはUウイン・ミント会長や他の部署に謝罪状を送って懇願しているそうだ。ちなみに現在ヤンゴンには66,000台以上のタクシーが登録されている。

    Tags
    Show More