第12回 ミャンマー人の肖像 ミャンマー伝統音楽界で脚光を浴びる18歳 Nay Chi ネイ・チさん ミャンマー伝統音楽歌手全国放送された新人発掘コンサートで高評価

久々にミャンマーの伝統音楽の若き歌い手が現れた。今年の水祭り前の4月9日にヤンゴンの国立劇場で行われた「ミャンマー伝統音楽新人披露会」で、昨年に続いて出場したNay Chiさんが、かなりの評判を呼び、有望新人として脚光を浴びてきた。

目次

     久々にミャンマーの伝統音楽の若き歌い手が現れた。今年の水祭り前の4月9日にヤンゴンの国立劇場で行われた「ミャンマー伝統音楽新人披露会」で、昨年に続いて出場したNay Chiさんが、かなりの評判を呼び、有望新人として脚光を浴びてきた。
     このイベントは審査員を置くコンテスト形式ではない。ミャンマーの伝統的な音楽文化を志す男女の歌い手、演奏家、舞踏家たちを発掘し、その継承者を育成、支援していこうという催しだ。そのためChannel9やMNTVといったこの国を代表するTVメディアも中継した。彼女はこのお披露目のコンサートで高い評価を受け、全国放送されたため、ミャンマー国内でもその知名度は格段に上がったという。
     日本の歌謡界でも、民謡や浪曲上がりの歌手がかなりおり、発声やこぶしが鍛錬されているため、国民的な大歌手が何人も出現している。しかしまだ十代のNayさんの話を聞いていると、1980年に民謡界から津軽三味線を引っ下げて彗星のようにデビューして一躍人気歌手になった松村和子さんを想起させる。松村さんも「帰ってこいよ」でデビューしたときは丁度18歳でNayさんと同い歳だった。
     しかし欧米のポップスやロックに傾倒していく若者が多いミャンマーで、彼女はなぜ流行に見向きもせず伝統音楽に惹かれ、歌い手を目指したのだろうか。
     「6歳の頃に何気なく聞いたミャンマーの音楽に興味を持ったのです。それで小学校に行きながら大人の人たちに混じって音楽教室に通い始めたのです。好きな点は旋律や詩の美しさですね。やり始めると意外に奧が深いことがわかりました。」

     今年のお披露目会では、「Yote Soe Ma」(ヨー・ソマ」という曲を歌った。直訳すれば「美人ではないが」、要するに決して美しくはなく、肌もブラウン、それでも“優しく、安らぎ与える私をよく見て”と叫ぶ乙女心を綴った曲だという。可愛らしいNayさんからはイメージしにくいが、男女の悲哀をテーマにした物悲しい曲も多いという。
     「TVで放映されてから全国から出演依頼が増えてきました。特に各地のお祭りとか、大きな結婚式とか、セレモニーやイベントに呼ばれることが多くなりました。もちろん私1人で行くわけではなく、演奏してくれる方たちや踊りの人も一緒です。」
     交通費などの経費を含めた4名のギャラは3時間までのステージで、一律80万Ks(約6万円少々)くらいだという。それを全員で分配するのだろうが、少々安いなとの気もする。ヤンゴンの邦人関係のイベントや会社の開所式などのイベントにお招きして、こうしたミャンマーの伝統文化を支援してあげられないものだろうかとも思う。
     「妹の歌は一度聴いたらまた聴きたくなります。身内だからひいきして言うのではありません。本当ですよ。だから日本の方にもぜひ聴いてほしいのです。」
     インタビューに同行した7歳上の姉のYu Mon Mon Myoさんは言った。Yu さんはずっとNay Chiさんを見守り、支援してきた。昨年までヨーミンジで「ポポイス」というカレー屋さんを経営していた。日本語もかなりお話しになる。
     Nay Chiさんも時間が空いているときに、この姉の店を手伝っていた。ヤンゴン外国語大学日本語コースの夜間に通ってN5の資格もとり、邦人客の対応にも精を出した。しかし経営的にうまくいかず、今年になって店をたたんだ。
     「姉はやさしくて大好きです。私を応援してくれる最大の理解者ですが、でも歌に関しては厳しい。良い悪いをはっきり指摘してくれますから。」

     NayChiさんはこう言ってちらりと傍らのYuさんを見てはにかんだ。素敵な姉妹である。
     現在も日々練習は欠かさない。ポップスも歌うが、「ミャンマー伝統音楽界では有名な先生に付いて1か月4,5回はレッスンしています。主に発声練習ですね。これが大事なのです。」
     日本語を勉強中だけに日本人にも好印象を持っている。「時間もきちんと守り、仕事も一生懸命で、尊敬できる方々です。」
     最後になるが、NayChiさんの生の歌声が来月ヤンゴンで聴ける機会がやってきた。9月18日(火)の19時から再び「国立劇場」(ナショナルシアター)でのお披露目コンサートに出演する(チケット:09-777915141まで)。有料で派手な宣伝看板もないから少々戸惑うかもしれぬが、スタッフに尋ねれば親切に誘導してくれるはずだ。ぜひ一度聴いてみてはいかかだろう。

    <Nay Chiプロフィール 略歴>
    生年月日:1999年11月20日 18歳
    民族 :ビルマ族 仏教徒
    家族 :姉妹 両親
    学歴:East Yangon University
    2学年在学中
    ヤンゴン外国語大学日本語コース夜間
    www.facebook.com/naychivocalist
    www.facebook/naychivocalist

    Tags
    Show More