◎商|Business Frontline

いち早くこの国に拠点を築いているスズキは、子会社の「スズキ・ミャンマー・モーター社」(SMMC)が、7人乗り乗用車「エルティガ(ERTIGA)」の生産を開始した。

目次

スズキがアジア3カ国目の多目的車販売開始

いち早くこの国に拠点を築いているスズキは、子会社の「スズキ・ミャンマー・モーター社」(SMMC)が、7人乗り乗用車「エルティガ(ERTIGA)」の生産を開始した。インド、インドネシアですでに生産されているこの車種は、アジアで3カ国目の生産国となる。月間目標台数は100台。モダンなデザインに広い室内空間と居住性をもつ多目的車で、1.4リッターエンジン搭載。優れた動力性能と燃費性能でスムーズな走行が売り。スズキはティラワ経済特区(SEZ)に2017年の稼働を目指した第2工場を建設中で、現在の5倍の生産力を目指している。

Tags
Show More