◎発見|Discovery 「私たちがミャンマーの本当の魅力をご紹介します」その5

各州、各観光地の地元の専門家が旅の見どころを教えてくれました。

目次

日本人から見たバガン 1,000年前以上の歴史ある遺跡が広がり、絶景の朝日や夕日は見逃せない

初めていらっしゃる方にまずお勧めしたいのは、「オールドバガン」でしょう。11世紀に建立された遺跡群がそのままの形で残っていており、1000年前の風景が目の前に広がっている、といってもいいでしょう。雨量が少ない乾燥地域ですので、朝日や夕日が照らす風景は圧巻です。私も数ある国を渡り歩きましたが、この情景は世界一だといまでも思っています。他にも忘れ去られていたミンナントゥ村もいいですよ。最近、観光客の方々にも注目を浴びてきています。

場所ではないですが、得度式(お坊さんになる儀式)も見逃がせません。週1回ほどのペースで、どこかで目にすることができますので、運がよければその場面に遭遇することもあります。お坊さんになる子は、普段とは違い、華やかな衣装を羽織い、神妙な顔をしてお寺まで行進をします。祝福する町の人々で賑わうこの光景は、ミャンマーの魅力を感じるひとコマかもしれません。
こうしたミャンマーの奥深さを感じることができるバガンですが、ここは仏教の聖地です。地元の方の厚い信仰が伝わります。そこで気をつけていただきたいのが、マナーです。ご存知の方もいるとは思いますが、遺跡群などに足を踏み入れる場合は裸足であり、肌の露出は極力避けなければいけません。ですからここを訪れる場合は、まず準備が必要ですね。サンダルなどを持参したらいいかもしれませんね。
 ホテルの値段変動が多きいのと移動手段は道が悪い中Eバイク(原付自転車)がほとんどなど多少の難点はありますが、私を含め「今までで一番良かった」とおっしゃる方がいるほどこのバガンは魅力的です。是非一度ご自身の目で見にいらしてください。

Tags
Show More