◎顔|Face Ma Chaw Yadanar チョウ・ヤダナーさん Actress  女優

揺るぎない信念を持つミャンマーの”藤原紀香“ 夢は”おしん”のような人間臭いドラマを演じること

 気品に満ちた美しい女優さんだった。どこか憂いがあり、日本人的なエッセンスを感じる雰囲気があった。仕事、子育てや人生観においても確固たる信念を持つアカデミー賞女優の今後の作品に注目したい。

初対面は良家の奥様の印象を  本気で行う弱者への支援活動

過日、弊紙ミャンマー語版に連載していただいている美容研究家でマナー講師でもあるMADOKAさんの新店舗のオープ二ングセレモニーに招かれた。その席上で今回のゲストであるチョウさんをご紹介された。  しっとりとした佇まいで落ち着き払った優雅な雰囲気から、初対面ではてっきりいいところのマダムではないかと推察した。だから失礼ながら、この時はまさかアカデミー賞までお獲りになった有名な女優さんだとは、想像だにしなかった。  しかし、この対談を快諾していただき、後日、改めてお目にかかったとき、思わずハッとするようなと美しさと気品を漂わせ、見事なまでにプロの女優さんに変身されていたのには驚かされた。しかも、ご覧のように”和”のテイストを醸し出す親近感の湧くお顔立ちである。あえて例えれば藤原紀香さんを彷彿させる美人であった。  ミャンマーの芸能界では、本気で社会貢献活動を行っている方々が多いが、彼女もまた、ボランティア活動に力を注ぐ女優さんのひとりであった。前月号で紹介した、辺境地域で体を張って救援活動を続ける俳優ウェイ・ル・チョウさんの活動に共鳴し、機会あるごとに困窮者へ救いの手を差し伸べている。  2008年のナルギスサイクロンによる大災害の時も、チョウさんは孤軍奮闘した。「あの時は、ミャンマー人として何かしなければとの思いがありました。丁度、伝統舞踊をやっていましたので、サークルの有志を募 り、ある方のお世話で日本へ行きました。そして在日ミャンマー人の前で披露し、救済チャリティ公演を行ったのです。もちろん大変多くの方々の支援をいただきました」  日本まで出向いて支援活動を行うとはなかなかできることではない。もちろん、どの方の場合もこうしたチャリテイ活動は当然だと考え、自慢したり、ご自分から世間に公表したりしないところが凄い。

日本へ出向きチャリティ活動も行う 日本人へ的確なメーセージを

出典:

彼女はヤンゴン生まれで、現在のヤンキンセンター近くで育った。いわば生粋の“ヤンゴンっ子”である。「父がドラマや映画などのバックグラウンド音楽を手掛ける作曲家でしたから、小さいころから映画は身近にありましたね。でも女優になりたいという強い願望はそんなになかったです。むしろ、芸術全般に関心があり、伝統舞踊などにも興味を持っていました」  3人姉妹の次女で、妹さんも女優になった。やはり芸能一家だったようだ。「子供のころに“おしん”という日本の作品を見ました。ミャンマーでも有名になったドラマで、みんな見ていました。私も子供心にも感動しました。そして、女優になった今、いつか“おしん”のような映画に出て、たくましく生きる女性の役を演じてみたいと思うようになりました」

これまでチョウさんはビデオを含めれば150本以上の作品に出演しているが、大半がラブロマンスとか片想いの女性の役どころが多かった。だから“おしん”のような薄幸の女性が人生を切り開いていくような人間臭い作品に出るのが夢なのだそうだ。  「演技の中で一番難しいのは、相手役の顔を見ながら意地悪気に笑うシーンを要求されたときです。でも女優は好きですから一生続けていきたいですね。いろいろな役に挑戦してみたい。自分が歳をとったときに、どんなおばあさんの役ができるか、想像しただけでもワクワクしますね」

出典:

数年前に素晴らしい伴侶にもめぐり逢った。日系の建設機械や重機を扱う会社に勤める5歳年上の一般人であるが、すでに1歳半の息子を授かった。「ですから、今は女優業はお休みしてます。映画で留守をすることが多くなったら、息子は悲しい思いをするだろうし、子供の成長期にはよくない。だから一緒に過ごすことを心がけています。でも、災害支援のチャリティなどで要請があれば、協力は惜しみません。プロではありませんが、頼まれれば、人様の前で歌うこともありますよ」。

ご自分の考えとポリシーをしっかりと持った女優さんだった。その彼女から最後に日本人に対してこんな苦言を頂いた。「日本人は本当に仕事にまじめに取り組み、頑張る国民だと思います。それはいいことですけど、いつも仕事ばかりというのはどうでしょうか。一度切りの人生ですから、たまには何も考えないで気楽な時間をお作りになること勧めます。そして、もうひとつ気になっていることを言います。日本の社会にはストレスが多く、自殺する方が少なくないと聞きます。でもそれはよくない。 仏教には自殺をしたら来世で500回生まれ変わっても、またその先の五つ世界に行っても、自殺の輪廻がついて回るという教えがあります。とても怖いことなのです。だから、どんなにストレスや苦難があっても、また死にたいぐらいの問題があっても、絶対に自殺だけはおやめくださいと、申し上げたいのです」。  今まで社交辞令的なメッセージが多かったが、我々日本人に対して、ここまで冷静に鋭い指摘をなさる女優さんは初めてだった。謙虚に受けとめたい。

<Chaw Yadanar  略歴>  本名  Khin Chaw Su Wai 年齢  35歳 血液型 B型 民族  ビルマ‐シャン族、仏教徒、 家族  5人家族で 3人姉妹の2番目。妹さん も女優。現在はご主人と息子さんの3人家族 主演した映画 映画‐7本(アカデミー主演女 優賞を受賞した映画を含む)        受賞作はミャンマー語タイトル 「ウ」 日本語では 「卵」        ビデオ出演作‐150本以上。

Tags
Show More