ミャンマー新会社法が制定

ミャンマーの新会社法は昨年12月6日にティン・チョウ大統領が署名して制定されたが、施行はまだ明らかにされていない。

ミャンマーの新会社法は昨年12月6日にティン・チョウ大統領が署名して制定されたが、施行はまだ明らかにされていない。今回の新会社法の最大の特色は、外国人投資家が現地企業の株式の35%を取得することができること、また外資35%以下の企業はローカルと同等の扱いを受けることだ。  これはヤンゴン証券取引所(YSX)だけでなく、ミャンマー経済にとっても歓迎すべきことだという。DFDLミャンマー事務所のMDであるWグリーンリー氏は、「完全に実施されれば、外国投資を促進し、ミャンマー企業が活性化していく」と述べた。  FMIの上級財務責任者兼エグゼクティブディレクターであるU Tun Tun氏は歓迎の意を表した。また、YSX上級執行役員U Thet Tun Ooは「この法律の出現は、ミャンマーへのより多くの外国直接投資をもたらすでしょう」と述べた。(ミャンマータイムスより)

Tags
Show More